赤ちゃんが一重だった場合、とても気にする親御さんがいます。

愛する子どもの未来を考えて、整形を考える……

赤ちゃんのまぶたの状態を決定するのは、遺伝の影響が最も大きい

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重・目元のコラム
いつ、どんな方法で、どんな風に?子どもの二重手術

2017年9月15日 更新

生まれたばかりの新生児。誕生の喜びとともに、赤ちゃんが一重だった場合、とても気にする親御さんがいます。そして成長とともに頭をもたげるのが、このままでいいのか?という思い。愛する子どもの未来を考えて、整形を考える……そんな方のために、子どもの二重手術について解説していきます。

Contents 1. 一重と二重を決定するのは?

赤ちゃんのまぶたの状態を決定するのは、遺伝の影響が最も大きいといわれています。両親ともに二重の場合は赤ちゃんも二重になる確率がとても高く、両親とも一重の場合は赤ちゃんも一重になる確率が高くなります。片方が一重、もう片方が二重の親なら、確率も中間に。親子の顔立ちは似ていることが多いですが、やはりまぶたの状態も親から受け継がれているということなのです。
一重まぶたで生まれても、稀に成長とともに二重になる場合があります。これは体重の減少や皮膚の老化などによってまぶたの皮膚が薄くなり、薄くなった部分が折れ曲がって二重まぶたが形成されたのではないかと考えられています。

ここに注意!隠れ二重かも?!
まぶたの下には皮下脂肪があります。二重の人も、太ったりむくんだり、泣いたりした後、目が腫れぼったくなって一重になった経験があるのでは?新生児は全身とてもみずみずしく弾力があり、まぶたの脂肪もたっぷり。本当は二重なのに、一重に見えている場合もあるのです。活発に動くようになってカラダ全体が引き締まってくると、顔立ちもすっきりして本来の二重が現れることもあります。

まぶたの成長が完成するのはいつ頃?
10~12歳くらいでまぶたの成長は止まるといわれています。この頃になっても一重であった場合、その後によほど痩せたり、皮膚がたるんだりしない限り、二重になることはまずないでしょう。特にまぶたが厚く脂肪が多いタイプなら、自然に二重になることはほとんど期待できません。

Contents 2.整形するなら何歳くらい?

顔立ちの印象を大きく左右する目。そして、整った印象や華やかさを与えてくれる二重まぶた。10~12歳、小学校の高学年を迎えた頃に、もしお子さんが一重まぶただったら?整形のタイミングを考え始めてもいいかもしれません。

この頃になると…
●まぶたの成長が止まっている
●子どもが治療中に動いたり暴れたりする心配も少ない
●子どもの意思も確認しやすい
ここで重要なのは、親にも子どもにも「二重にしたい」という意思があること。本人の意思がないのに親が無理やり手術を受けさせようとすると、お子さんの心を傷つけてしまったり、後で親子間の問題を招いたりすることもあるからです。

親も子ども二重にしたい!意思が揃ったら、いつするか?
二重まぶたの整形手術では、術後しばらく腫れが出ます。そこで手術するタイミングのおススメは、春休みや夏休みといった時期。腫れがすっかり引いてから学校に行けるからです。また、一重から二重になったことをできるだけ周りに気づかれないようにしたいなら、中学校に上がる直前や、転校予定があるならこの時。お子さんの気持ちをしっかり考えた上手なタイミングを見つけて、一重から二重に変身しましょう。

Contents 3.術式は?仕上がりの形状は?

二重まぶたにする手術には、大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2つがあります。埋没法は10歳くらいから、切開法は12歳くらいから検討するのがよいといわれています。

埋没法:二重にしたいヒダのラインを糸で止める。まぶたの薄い人に向いている。
切開法:余分な皮膚や脂肪を取り除いて二重まぶたをつくる。部分的に切開するミニ切開法と全体を切開する全切開法がある。まぶたの厚い人に向いている。

二重まぶたの形状にはいろいろありますが、小中学生の場合は、誰が見ても自然な仕上がりにすることが大切。派手な二重にしてしまうと変化が大きいため、手術したことがクラスメイトなどに気づかれてしまいます。また華やかな目元が妬まれてしまうこともあるかもしれません。そこでおススメは、奥二重。もしくは、幅の狭いナチュラルな二重、日本人に多い目頭から目尻に向かって少し広がっていく末広型がいいでしょう。

二重・目元のコラム
意外?それとも当然!目の大きさと黒目の関係
あなたの「理想的な二重の幅」を見つけよう!
二重まぶたの切開法 ダウンタイムの実際
埋没法の二重がとれる原因と確率
気軽といわれる埋没法 ダウンタイムの実際
成功する二重まぶたへの道<男性編>
整形なし。自力で永久的な二重まぶたにする方法を検証。
いつ、どんな方法で、どんな風に?子どもの二重手術
目頭切開で理想の目元にぐっと近づくために。
【目尻切開】ダウンタイムや後戻りの心配を解決。
【逆さまつ毛】健康保険での治療と美容外科との違い
【目尻切開】パッチリ効果をより実感するために
【逆さまつ毛】上まぶたの逆さまつ毛と二重まぶた術の関係
【目頭切開】術後の経過をリアルに詳しく
【目頭切開】傷跡が目立たない美しい仕上がりを手に入れるために
目尻切開で目はどこまで変わる?顔のバランスはどうなる?
整形したら二重が不自然になる?不自然にならないためのポイントチェック!
大人になっても二重を諦めない!大人の二重にならない悩みを解決!
どうして?二重がぱっちりしない原因とは?
瞼が垂れる、たるむ原因は?病気の可能性もあるので注意が必要
筋トレで涙袋ができる?!自力で涙袋を作る方法とメイクについて
目頭切開の傷跡が消えるまでの期間と目立たなくする方法
まぶたをすっきりさせて目元年齢を下げよう!
二重をくっきりさせて理想の目元にしたい!
タイプ別!あなたの二重を活かすには?
二重の幅がちがう!中途半端な二重をメイクとマッサージでカバー!
まぶたが垂れる
二重と奥二重の違い
キュートな瞳に欠かせないカラーコンタクト基本の選び方
アイメイク頂上決戦!ペンシルアイライナーVSリキッドアイライナー
アイメイクに重要なのは眉だった!失敗しない眉メイク
印象的な目元に!描きほくろメイク
ナチュラル美人に!マスカラオンリーメイク
間違った使用で失明も!カラーコンタクトの危険性
二重線をくっきりさせるには?
理想はお人形さん!デカ目に欠かせない「まつげ」メイク
人工二重に欠かせない!「アイプチ」で自然な二重を作るコツ
目が離れている人、くっついている人のメイクテクニック
二重まぶたは遺伝で決まる?
まるで赤ちゃん!透明感のある、魅力的な白目になる方法
ナチュラルな涙袋メイクの方法
一重はマイナスじゃない!一重でもぱっちり目に見せる方法
失敗しない二重整形のために、カウンセリングを重視しよう
二重整形のトラブル回避方法
左右で幅が違う二重の対処法
二重手術の埋没法で失敗しないための、口コミ評判チェック法
ばれずに二重整形するためには?
ぱっちりとは逆!重く見えてしまう二重とは?
きれいな二重を作りたい!失敗しない美容整形外科の選び方
目の下のクマが気になりはじめたら
あなたは大丈夫?人工二重でやってはいけないこと
まぶたのたるみをとって、印象的な目元に!
知らなきゃ損!奥二重活用メイク術
普段のメイクにひと手間加えるだけ!簡単二重メイク
二重整形の基礎知識
意外と知らない、「奥二重」と「二重」の違いとは?
セルフ二重をうまく仕上げる方法
二重にもさまざまな種類があった!あなたの理想の二重とは?
ぱっちり瞳が手に入るまつ毛ケア方法
埋没法VS切開法(二重手術の比較)
部分(ミニ)切開法と全切開法の違い
埋没法はたくさんの点で留めるのが良いのか?
埋没法の元祖と言えば
二重まぶたの種類
平行型二重の作り方
一重まぶたとの違い
二重まぶたの構造

高須クリニック公式サイト