黒目の直径は、美人12〜13.6㎜、普通人11㎜程度だといわれています。

目の印象を大きく左右する黒目の見える面積と黒目そのものの大きさ。

美容整形で理想の目元を目指すときに、ぜひ参考にしてしいことをご紹介します。

二重・目元のコラム
意外?それとも当然!目の大きさと黒目の関係

2017年12月26日 更新

一重から二重まぶたすると、一般的に目はひとまわり大きくはっきりとした印象になります。アイプチやアイテープの経験がある方は、すでに感じていることでしょう。けれど一重か二重かというまぶたの状態以外にも、目の印象を大きく左右するものがあります。それが「黒目」。どんな黒目だと、目が大きく魅力的に見えるのか?知ってなるほど納得、美容整形で理想の目元を目指すときに、ぜひ参考にしてしいことをご紹介します。

Contents 1.黒目が与える印象の違いとは?

美しさや可愛らしさを表わす目元の表現に、「黒目がち」という言葉があります。では、黒目の状態が与える目の印象とは、どのようなものでしょうか?

目を開けたときに黒目の見える面積が…
9割程度:とても大きな、いわゆるデカ目といわれる印象に。
7割程度:一般的な大きな目という印象に。
5割以下:小さな眠たそうな目という印象に。

また昔から美容業界では、美しいといわれる人は8割程度黒目が見え、5〜7割程度だと普通の人というのが定説。ちなみに黒目の直径は、美人12〜13.6㎜、普通人11㎜程度だといわれています。

目の印象を大きく左右する黒目の見える面積と黒目そのものの大きさ。大きさはカラーコンタクトレンズを使えば一時的に大きくできますが、元の黒目を大きくする方法は美容整形にもありません。
ですが、黒目の見える面積は主にまぶたの開き具合が大きく関係するため、ここを美容整形で改善することができます。

Contents 2.二重まぶた術で黒目がちに。

目を大きくしたいときに、真っ先に検討するのが二重まぶたにすることでしょう。美容整形でアイプチやアイテープに頼らない憧れの二重を手に入れて、黒目がちにもなる!一石二鳥を狙うなら、幅はあまり広くなく、狭いくらいの二重をつくるのがおすすめです。元々が一重や奥二重の人が、幅の狭い二重にした場合、まぶたの開き具合がよくなり、黒目の見える面積も大きくなることが多いのです。けれど、広すぎる二重をつくると、まぶたの下のラインの皮膚が目にかぶさって、反って目の開きが悪くなり、黒目も小さく見えてしまうことがあるのです。

二重まぶた術で黒目の見え方を多くしたい!と考えている人は、まず幅の狭い二重まぶたをつくることを検討してみましょう。


Contents 3.黒目をぐっと大きく見せる「眼瞼下垂の手術」。

元々が二重まぶたでも、目の開きが悪くて黒目があまり見えず、眠たそうな目元になっている人がいます。また、二重まぶた術を検討している人が、幅を広くしても黒目の見え方を多くしたい!幅の狭い二重を選んだとしても、より黒目がちに!と希望することもあるでしょう。
そんな願いをかなえてくれるのが、「眼瞼下垂の手術」です。

眼瞼下垂とは?
・まぶたのたるみが原因で目の開きが悪くなった状態。
・主に加齢による皮膚のたるみ、まぶたをこする習慣などによって起こる。
・視界が狭くなるほか、眼精疲労や頭痛、肩こりなどを招くこともある。

手術方法は?
・上まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を縫い縮める。
・手術時間は約30分。

効果は?
・まぶたの開く力が強化され、目の縦幅が広くなる。
・目を開いたときに黒目が見える面積も多くなり、自然な状態でもパッチリとした目に。
・視界が広がり、眼瞼下垂が原因だった症状はほぼ改善される。

眼瞼下垂の手術は本来、まぶたの皮膚が垂れ下がることで目が見えにくくなったり、眼精疲労などの様々な症状を改善するためのもの。けれど美容外科では、目を大きくする目的で行うことができます。
また、眼瞼下垂の手術と二重まぶた術を同時に行うこともできます。

いかがでしたか?目を大きくはっきりさせたいと美容整形を受けるとき、ぜひ黒目のことも意識してみてください。

二重・目元のコラム
意外?それとも当然!目の大きさと黒目の関係
あなたの「理想的な二重の幅」を見つけよう!
二重まぶたの切開法 ダウンタイムの実際
埋没法の二重がとれる原因と確率
気軽といわれる埋没法 ダウンタイムの実際
成功する二重まぶたへの道<男性編>
整形なし。自力で永久的な二重まぶたにする方法を検証。
いつ、どんな方法で、どんな風に?子どもの二重手術
目頭切開で理想の目元にぐっと近づくために。
【目尻切開】ダウンタイムや後戻りの心配を解決。
【逆さまつ毛】健康保険での治療と美容外科との違い
【目尻切開】パッチリ効果をより実感するために
【逆さまつ毛】上まぶたの逆さまつ毛と二重まぶた術の関係
【目頭切開】術後の経過をリアルに詳しく
【目頭切開】傷跡が目立たない美しい仕上がりを手に入れるために
目尻切開で目はどこまで変わる?顔のバランスはどうなる?
整形したら二重が不自然になる?不自然にならないためのポイントチェック!
大人になっても二重を諦めない!大人の二重にならない悩みを解決!
どうして?二重がぱっちりしない原因とは?
瞼が垂れる、たるむ原因は?病気の可能性もあるので注意が必要
筋トレで涙袋ができる?!自力で涙袋を作る方法とメイクについて
目頭切開の傷跡が消えるまでの期間と目立たなくする方法
まぶたをすっきりさせて目元年齢を下げよう!
二重をくっきりさせて理想の目元にしたい!
タイプ別!あなたの二重を活かすには?
二重の幅がちがう!中途半端な二重をメイクとマッサージでカバー!
まぶたが垂れる
二重と奥二重の違い
キュートな瞳に欠かせないカラーコンタクト基本の選び方
アイメイク頂上決戦!ペンシルアイライナーVSリキッドアイライナー
アイメイクに重要なのは眉だった!失敗しない眉メイク
印象的な目元に!描きほくろメイク
ナチュラル美人に!マスカラオンリーメイク
間違った使用で失明も!カラーコンタクトの危険性
二重線をくっきりさせるには?
理想はお人形さん!デカ目に欠かせない「まつげ」メイク
人工二重に欠かせない!「アイプチ」で自然な二重を作るコツ
目が離れている人、くっついている人のメイクテクニック
二重まぶたは遺伝で決まる?
まるで赤ちゃん!透明感のある、魅力的な白目になる方法
ナチュラルな涙袋メイクの方法
一重はマイナスじゃない!一重でもぱっちり目に見せる方法
失敗しない二重整形のために、カウンセリングを重視しよう
二重整形のトラブル回避方法
左右で幅が違う二重の対処法
二重手術の埋没法で失敗しないための、口コミ評判チェック法
ばれずに二重整形するためには?
ぱっちりとは逆!重く見えてしまう二重とは?
きれいな二重を作りたい!失敗しない美容整形外科の選び方
目の下のクマが気になりはじめたら
あなたは大丈夫?人工二重でやってはいけないこと
まぶたのたるみをとって、印象的な目元に!
知らなきゃ損!奥二重活用メイク術
普段のメイクにひと手間加えるだけ!簡単二重メイク
二重整形の基礎知識
意外と知らない、「奥二重」と「二重」の違いとは?
セルフ二重をうまく仕上げる方法
二重にもさまざまな種類があった!あなたの理想の二重とは?
ぱっちり瞳が手に入るまつ毛ケア方法
埋没法VS切開法(二重手術の比較)
部分(ミニ)切開法と全切開法の違い
埋没法はたくさんの点で留めるのが良いのか?
埋没法の元祖と言えば
二重まぶたの種類
平行型二重の作り方
一重まぶたとの違い
二重まぶたの構造