二重瞼の専門サイト

部分切開と切開法の比較

部分切開の方が全切開よりも傷が小さく、術後の腫れが少なくてすみます。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重・目元のコラム
部分(ミニ)切開法と全切開法の違い

部分(ミニ)切開法と全切開法の具体的な違いは何でしょうか?

まぶたが少し腫れぼったい程度の方は、脂肪を少し取るだけでよく、1~2センチの切開で十分内部処理ができます。 ですので、部分切開法になります。

しかしながら、まぶたがかなり腫れぼったい方は、しっかりと脂肪を除去しなくてはなりませんので、3~4センチの切開(全切開法)となります。

カウンセリングの際に、お医者さんに部分切開法か全切開法か自分の瞼に適している方を確認していただいた方が確実でしょう。

部分切開法と全切開法は料金が変わらないため、全切開法の方がお得なのでは・・・と思われる方がいらっしゃいますが、部分切開法で可能な方に、わざわざ全切開法を行うと余計に腫れてしまいます。

手術の方法は、部分切開法では、まぶたを1~2センチ切開します。
必要に応じて脂肪を除去し、内部処理をして永久に取れない二重を作ります。

全切開法では、まぶたの端から端まで、およそ3~4センチ程度を切開します。
そして、脂肪を除去し、内部処理をして永久に取れない二重を作ります。

部分切開の方が全切開よりも傷が小さいため、術後の腫れが少なく、回復が早いと言えます。

他の美容外科にて「埋没法+脂肪取り」というメニューがあるようですが、こちらはほとんど意味がありません。

本当にまぶたの脂肪をしっかり確実に取るのであれば、最低でも5~15ミリはまぶたを切開しなければなりません。
ほとんどの場合、それだけ切開するのであれば、部分切開法で確実な二重が作れてしまうため、埋没法をする意味がないのです。

そもそも埋没法というのは、切開法に比べて腫れが少なく、ダウンタイムが短いためにする方が多いというのに、5~15ミリも切開をして脂肪を切除したら、結局、切開法と同じだけ腫れてしまいます。

二重・目元のコラム
瞼が垂れる、たるむ原因は?病気の可能性もあるので注意が必要
筋トレで涙袋ができる?!自力で涙袋を作る方法とメイクについて
目頭切開の傷跡が消えるまでの期間と目立たなくする方法
まぶたをすっきりさせて目元年齢を下げよう!
二重をくっきりさせて理想の目元にしたい!
タイプ別!あなたの二重を活かすには?
二重の幅がちがう!中途半端な二重をメイクとマッサージでカバー!
まぶたが垂れる
二重と奥二重の違い
キュートな瞳に欠かせないカラーコンタクト基本の選び方
アイメイク頂上決戦! ペンシルアイライナーVSリキッドアイライナー
アイメイクに重要なのは眉だった! 失敗しない眉メイク
印象的な目元に!描きほくろメイク
ナチュラル美人に! マスカラオンリーメイク
間違った使用で失明も! カラーコンタクトの危険性
二重線をくっきりさせるには?
理想はお人形さん! デカ目に欠かせない「まつげ」メイク
人工二重に欠かせない! 「アイプチ」で自然な二重を作るコツ
目が離れている人、くっついている人のメイクテクニック
二重まぶたは遺伝で決まる?
まるで赤ちゃん! 透明感のある、魅力的な白目になる方法
ナチュラルな涙袋メイクの方法
一重はマイナスじゃない! 一重でもぱっちり目に見せる方法
男性にもおすすめ!目のトレーニングで二重を作る方法
失敗しない二重整形のために、カウンセリングを重視しよう
二重整形のトラブル回避方法
左右で幅が違う二重の対処法
二重手術の埋没法で失敗しないための、口コミ評判チェック法
超簡単!自力で二重を作る毛細血管マッサージ
ばれずに二重整形するためには?
中途半端な二重をくっきり二重に!二重幅を広くするマッサージ法
ぱっちりとは逆!重く見えてしまう二重とは?
きれいな二重を作りたい! 失敗しない美容整形外科の選び方
目の下のクマが気になりはじめたら
あなたは大丈夫? 人工二重でやってはいけないこと
まぶたのたるみをとって、印象的な目元に!
涙袋をつくる筋トレ&マッサージ方法
知らなきゃ損! 奥二重活用メイク術
普段のメイクにひと手間加えるだけ! 簡単二重メイク
気になる目じりのしわ対策
二重整形の基礎知識
意外と知らない、「奥二重」と「二重」の違いとは?
セルフ二重をうまく仕上げる方法
二重にもさまざまな種類があった! あなたの理想の二重とは?
ぱっちり瞳が手に入るまつ毛ケア方法
埋没法VS切開法(二重手術の比較)
部分(ミニ)切開法と全切開法の違い
埋没法はたくさんの点で留めるのが良いのか?
埋没法の元祖と言えば
二重まぶたの種類
平行型二重の作り方
一重まぶたとの違い
二重まぶたの構造

高須クリニック公式サイト