埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】手術前
手術前です。
皮膚が余っていて、たるんで三角形の老けた目になっています。
二重まぶた埋没法でたるみを持ち上げて二重を作ることになりました。

【埋没法の経過】手術直後
手術直後です。
強い腫れがあるため、二重の幅が広くなっています。

【埋没法の経過】1週間後
術後1週間です。
まだわずかに腫れていますが、大きな腫れは引いています。

【埋没法の経過】1ヶ月後
術後1ヶ月です。
かなり腫れは引いています。

【埋没法の経過】3ヶ月後
術後3ヶ月です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
三角形の老けた目が、自然で若々しい丸い目になりました。










ビフォー・アフター


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
まぶたのたるみが気になって来院された年配の女性患者様です。
診察させていただいたところ、年齢相応にまぶたの皮膚が余って、目の上に覆い被さり、視野を妨げていました。
特に、外側のたるみが酷かったため、三角形の目になり、余計に老けた印象をしていました。
まぶたの皮膚は余っていましたが、脂肪はそれほどついておらず、むしろまぶたの上のほうは窪んでおり、それによってさらに老けた印象になっていました。
私は患者様に、上まぶたたるみ取り手術で、まぶたの余分な皮膚を切除し、自然ですっきりした二重まぶたを作ることを提案しました。
しかし、患者様はあまり腫れると困るし、ダウンタイムがとれないということだったので、やむを得ず、二重まぶた埋没法をすることになりました。
手術は、上まぶたに2ヶ所ずつ針穴を開け、内側(目頭側)から外側(目尻側)まで均等にたるみが上がるように、埋没法で固定しました。
術後は、綺麗にたるみが上がり、三角形の老けた目が、丸い若々しい目になりました。
この方のように、まぶたの皮膚が余っている人に対して、切開せずに、埋没法でたるみを上げる場合は、埋没法二針固定が向いています。
また、一旦、埋没法をしておいて、いつかダウンタイムがとれるときに、切開してたるみを取ることも可能です(そのときに埋没法の糸を取ることも可能です)。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る