埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】手術前
手術前です。
右は一重まぶたで、左ははっきりしない二重まぶたで、左右差が大きいため、二重まぶた埋没を両目に行い、左右差を修正することになりました。

【埋没法の経過】手術直後
手術直後です。
腫れによって二重の幅が広くなっています。

【埋没法の経過】3日後
3日後です。
大きな腫れは引いています。
この日からアイメイクすることができます。


【埋没法の経過】3ヶ月後
3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

3ヶ月後の目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。
糸を留めた跡は全くわかりません。
ビフォー・アフター

(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、右目はほぼ一重まぶたで、左目は幅広い位置にうっすら二重の線があるのですが、ラインが浅く、はっきりしていない状態でした。
また、まぶたの皮膚が厚く、脂肪もたくさんついていました。
二重まぶた全切開法をして、まぶたの脂肪を取り、永久的に元に戻らない二重を作ることをおすすめしましたが、まずは埋没法をやって様子をみたいというご要望だったので、二重まぶた埋没法をすることになりました。
「整形っぽくなく、自然で似合っている二重がいい」というご希望だったので、目を開けた状態で少し二重の幅が見える末広型の二重をデザインして作りました。
この方のように、そこそこ蒙古襞が張っていて、まぶたの脂肪が多く、まぶたの皮膚が厚い人が埋没法をする場合、無理して幅広い二重を作ったり、蒙古襞を乗り越えて平行型二重を作ると、埋没した糸が緩んで、二重の幅が狭くなったり、元に戻りやすし、まぶたの厚みが強調されて不自然な二重になりやすいです。
この方のようなまぶたの人が、自然で戻りにくい二重を埋没法で作る場合は、幅が広くない末広型二重を作るのが無難です。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る