埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】手術前
手術前です。
埋没法でやや幅の広い平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
強い腫れあります。
予定の二重幅よりもだいぶ広い状態になっています。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後目を閉じた状態です。
針穴のところが食い込んでいますが、必ず平らになるので心配ありません。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
大きな腫れは引きましたが、まだわずかに腫れているので、予定の二重幅より少し広いです。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後目を閉じた状態です。
ほとんど平らになっています。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】3ヶ月後(目を開けた状態)
3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れはひきました。

3ヶ月後(目を閉じた状態)
3ヶ月後目を閉じた状態です。
完全に平らになっています。
ビフォー・アフター

(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
診察させていただいたところ、過去に何回か狭いラインで埋没法で二重を作ったとのことですが、左右とも糸が緩んでおり、はっきりしないラインになっていました。
患者様は今回も埋没法を希望されていましたが、幅広い二重を埋没法で作ると、糸が緩みやすく、短期間で幅が狭くなったり、二重のラインが弱くなって、元に戻りやすいので、全切開法をすることをおすすめしました。
しかし、諸事情により、埋没法を顔全体モニターでやることになりました。
この方は、やや蒙古襞が張っているため、蒙古襞を乗り越えて、幅の広い二重をつくり、平行型二重になるようにしました。
術後は、ほぼ患者様の希望通りの形の二重になり、大変喜んでいただきましたが、数ヶ月のスパンでだんだん糸が緩んで、幅が狭くなったり、二重のラインがはっきりしなくなっていくことが予想されます。
今度二重の手術をするときは切開法をするのが良いということもお伝えました。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る