埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、過去に埋没法で幅広い平行型二重を作っていましたが、更に埋没法で幅を広げたいというご要望でした。
埋没法で幅広い二重を作ると糸が緩みやすく、だんだん幅が狭くなっていき、二重のラインが浅くなって元に戻ってしまうので、本当は切開法が望ましいのですが、まずはご要望通り埋没法で行うことになりました。
前回、目を閉じた状態で約9mmの位置で固定して、目を開けた状態で約2.5mmの幅が見えていたので、今回は目を閉じた状態で約12mmの位置で固定して、目を開けた状態で約4mmの幅が見えるようにしました。
1回目の埋没法後の二重と、2回目の埋没法後の二重とでは、どちらの二重が良いかは好みが分かれますが(私は個人的に1回目の後のほうが良いと思います)、患者様には満足していただきました。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る