埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法 隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)も施行


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代男性の患者様で、一重まぶたの細い目を気にして来院されました。
やや広めの平行型二重を希望されており、年齢相応のまぶたの皮膚のたるみもあったため、全切開法をお勧めしました。
しかし、初めての美容整形だったこともあり、まずは元に戻すことができる埋没法でやってみたいとのことだったので、埋没法をすることになりました。
目を閉じた状態で約9mmの位置で、1本の糸で約12mmの横幅で、ループ状に、点ではなく線で固定しました(通常の高須式クイック法です)。
また、目鼻立ちをはっきりさせるために、鼻根部にヒアルロン酸を注射して高さを出しました。
この方は、元々蒙古襞があまり発達していないため、やや広めの二重を作るだけで必然的に平行型二重になりました。
ただし、広めの二重を埋没法で作ると、時間と共に幅が狭くなっていったり、一重に戻ってしまうことが多いので、この二重が気に入ったら、いつか切開法で幅が狭くなったり元に戻らない二重を作ったほうが良いです。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る