埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】施術前
術前です。
右目はアイプチのくせなどにより二重のラインがはっきりせず三重になっており、左目は奥二重であるため、左右差が目立っていました。
両目に埋没法を行いました。

【埋没法の経過】施術直後
術直後です。
腫れているため二重の幅が広くなっています。

【埋没法の経過】1週間後
術後1週間です。
大きな腫れは引いていますが、わずかに浮腫んでいます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
【埋没法の経過】1ヶ月後(メイクなし)
1ヶ月後メイクなしです。
腫れはほぼ完全に引きました。
目立っていた左右差はかなり目立たなくなりました。

1ヶ月後(メイクあり)
1ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、普段からアイプチをしているため変なクセがついており、二重のラインが安定せず、右目が三重になっており、左目は奥二重で、左右差が目立っていました。
両目のミニ切開法を行い、永久に戻らない左右対称の二重を作ることをお勧めしましたが、1週間以上のダウンタイムを取ることができないなどの理由で、両目の埋没法をすることになりました。
右目の三重のラインの上のほうのライン(目を閉じた状態で約8mm)で固定し、それに合わせて左目も同じ位置で固定しました。
術後は右目の三重の下のほうのラインはほとんど消え、左右同じ幅の二重になり、左右差はほとんどなくなりました。
目頭側の二重の幅はやや左右差がありますが、これは元々の蒙古襞の形によるものです。
ミニ切開法+目頭切開をすると更に左右差はなくなり、二重のラインも永久に戻らなくなります。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る