埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】施術前
術前です。
奥二重ですが、埋没法で少しだけ幅を広げることになりました。

【埋没法の経過】施術直後
術直後です。
やや腫れています。
腫れによって二重の幅が広くなっていますが、それほど目立ちません。

【埋没法の経過】1週間後
1週間後です。
大きな腫れは引きましたが、まだわずかに腫れています。

【埋没法の経過】1ヶ月後
1ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
少し幅を広げただけでも目がパッチリして印象が変わりました。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様です。
もともと奥二重だったのですが、印象を大きく変えず自然に二重の幅を少し出したいというご要望でした。
目を閉じた状態で約3mmの位置に奥二重のラインがあったので、それより2mm上の5mmの位置で埋没法を行いました。
術後腫れが引いたら、目を開けた状態で約1mm二重の幅が見えるようになりました。
埋没法は、この方のように幅の狭い位置で固定すると、元に戻りにくく、自然に仕上がるというメリットがあります。
また術後の腫れに関しても、狭い二重にするほうが腫れが目立ちにくく、引くのが早いです。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る