埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】施術前
術前です。
毎日のアイプチでまぶたが被れて、腫れぼったくなっています。

【埋没法の経過】施術直後
施術直後です。
やや腫れて、予定より二重の幅が広くなっています。

【埋没法の経過】1週間後
術後1週間です。
大きな腫れは引いていますが、僅かに腫れは残っています。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
【埋没法の経過】1ヶ月後(メイクなし)
術後1ヶ月メイクなしです。
ほぼ完全に腫れは引いています。
狭い二重を作る方が、術後の腫れは早く引きます。

1ヶ月後(メイクあり)
術後1ヶ月メイクありです。
この方のような狭い二重は、この様なナチュラルメイクが似合いますね。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代の女性患者様で、普段アイプチをしており、そのせいでまぶたの皮膚が被れ、皮膚が厚ぼったくなり、まぶたのシワが増えてしまっていました。
まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をお勧めしたのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。
普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。
元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。
埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。
逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る