埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

二重まぶた・埋没法

高須幹弥医師からのコメント
少しまぶたの皮膚の厚い一重まぶたの20代女性です。幅広平行の二重を希望されていたので、ミニ切開をして、まぶたの脂肪を取って、永久に取れない二重を作ることを勧めたのですが、ダウンタイムがとれないなどの理由から埋没法を選択されました。
Afterは術後1ヶ月です。まつ毛の生えている位置から約10mmのところで固定しました。幅広二重にした場合は、狭い二重を作った場合に比べて腫れが長引きやすい傾向があるのですが、ほとんどの腫れは引いて、きれいな幅広平行になっています。
目を開けても幅の広い二重があるので、めいっぱいアイラインやつけまつげをしても、二重の肌色の皮膚が見えるので、ギャルメイクやデカ目メイクをする人に向いています。ただ、まぶたの皮膚の厚い人に埋没法で幅広平行二重をつくった場合は永久に二重がとれない可能性は低く、数年の経過で糸が緩んで二重の幅が狭くなってくることが多いです。そのような場合は後日ミニ切開や全切開の二重手術を行い、まぶたの脂肪を除去し、薄いまぶたにして永久にとれない二重をつくることができます。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る