埋没法の症例ご紹介|二重まぶたの施術

埋没法の経過や腫れの変化

手軽に二重にできる埋没法は時間も費用もあまりかからず人気があります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
埋没法

埋没法の症例紹介

蒙古襞が張っている一重まぶたに埋没を行い自然な末広型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像

埋没法術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

【埋没法の経過】手術前
手術前です。
二重まぶた埋没法をすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
局所麻酔注射の影響などによりやや腫れています。
広すぎない幅の二重をデザインして手術したので、そんなに腫れは目立ちません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
大きな腫れは引いています。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
【埋没法の経過】1ヶ月後(目を開けた状態)
1ヶ月後です。
かなり腫れは引きました。

1ヶ月後(目を閉じた状態)
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶたにしたいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、蒙古襞が強く発達しており、尚且つ、ほぼ完全な一重まぶたでした。
目頭切開Z法で突っ張っている蒙古襞を解除し、目を内側に広げ、二重まぶた全切開法で戻らない二重を作ることをおすすめしましたが、「ダウンタイムが取れない」などの理由で、まずは二重まぶた埋没法をすることになりました。
自分の目に合った自然な二重を希望されていたので、目を開けた状態でわずかに幅が見える広すぎない二重を作りました。
蒙古襞が張っているため、狭い二重のラインは蒙古襞の中に入り込み、必然的に末広型二重になりました。
自然で整形っぽくない二重になり、患者様には大変満足していただきました。
埋没法は二重の幅を広くすると、広くした分だけ糸が緩みやすくなり、幅が狭くなったり、元に戻りやすくなったりします。
この患者様の二重くらいの幅なら、比較的糸は緩みにくいので、短期間で取れてしまうことはまずありません。

≪前へ 次へ≫

ページトップへ戻る