美容外科で目元の整形

目元のバランスを整える

目頭や目尻の施術は目元や顔全体の雰囲気を調整します。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目頭・目尻の施術

二重まぶたの手術は大変人気がありますが、まぶた以外にも、目もと全体のバランスについて「目が離れすぎている」、「切れ長できつい印象を与えてしまう」など、様々な悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

大人っぽく美しい目は、単にまぶただけでなく、「目」「目と目の間」「目の横幅」の比率が、1対1対1と言われています。

目尻や目頭の手術では、それぞれの悩みに合わせて、ご希望の目もとに変身させ、目元の印象を大きく変えることが可能です。目もと全体のバランスが整えば、お顔全体のバランスも良くなります。

「目と目が離れている!」
目と目の間がほんの少し離れている程度だと、幼い可愛らしい印象に。けれど離れすぎていると、間延びしたアンバランスな顔立ちになってしまいます。元々の目の位置を変えることはできませんが、目頭を広げて両方の目を少しずつ内側に寄せることは可能。大人っぽく美しい目元になりたい方におススメなのが、「目頭切開」です。目と目の間を縮めるだけでなく、くっきり大きくな切れ長な目にできるので、美人度をぐんとアップすることができます。

「細くキツい目を大きくやさしくしたい!」
性格までキツいと感じさせてしまったり、目つきが悪いと言われたり、不機嫌だと勘違いされたり…多くの悩みを招くことがある、細く小さな目。また、目が小さいために目尻からこめかみまでの間隔が長いと肌の面積が広くなるので、顔が大きく見えてしまいます。こうした悩みをすっきり解決してくれる方法として最適な「目尻切開」をご紹介します。



「目頭切開で寄り目になってしまった」
「生まれつきの寄り目を離したい」
目を大きくしたり、目と目の間が離れているのを調整したいと受ける、目頭切開。思い通りに仕上がれば、バランスのよい美しい目もとになりますが、目が寄り過ぎるときつい印象になってしまうことがあります。なんとか元に戻したい!もしくは、最初にイメージしてバランスに仕上げたい!そんな人の救世主となる施術に、「蒙古ひだ形成」があります。目頭切開後の修正はもちろん、元々が寄り目の人にも適した施術です。

「細くつり上がった目を大きくやさしくしたい!」
きつく見られがちな細くつり上がった目。なんとかやさしい印象にしようと、毎日メイクで頑張っている人も多いよう。大流行した目尻にアイラインを入れるパンダ目メイクも、すっかり定番となりました。メイクをしないすっぴんのままでも、コンプレックス知らずのお気に入りの目もとに。少し垂れて、しかも大きくパッチリと。誰からも愛される癒し系の目をつくる、「たれ目・パンダ目形成」をご紹介します。