美容整形で確実に美しい目元へ

目頭切開でバランス良く

離れている目を近づけたい方や切れ長の目を望む方にはっきりとした切れ長の目になります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目頭・目尻の施術
目頭切開
中央に寄せるのはもちろん、ぐんと印象的な目元に。

目頭切開とは?

大人っぽい美しい目の黄金比率といわれるのは、「目の横幅→目と目の間→目の横幅」が「1対1対1」。これを目指して目頭を内側に広げるのが、目頭切開です。アプローチするのは、目頭から上まぶたにかけてかぶさっている蒙古ひだと呼ばれる皮膚。ここを切開することで、ひと回り大きな切れ長の目に。アイラインの幅も広がり、黒目がはっきり強調されるので、目ヂカラの強い印象的な顔立ちになります。

■目と目の間の理想の比率
離れている目が、内側に大きくなることによって、目と目の間の比率が1:1:1となり、切れ長のバランスの良い目になります。目が多少離れていても可愛らしい印象になりますが、離れ過ぎているとアンバランスな印象になってしまいます。

■平行型二重にしたい場合
蒙古ひだを切開することにより、末広型を平行型にすることもできます。また、末広型のまま、目を内側に大きくすることもできます。
ただし、もともと目と目が離れている人は非常にバランスの良い目になりますが、そうでない方は寄り目になってきつい目になることがあるので注意が必要です。

■手術方法
・目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切開する。
・蒙古ひだの状態やなりたい目の形・大きさなどによって術式が異なる。

術 式 特 徴
・蒙古ひだの強い人向き。
・目の変化の大きさを調節できる。
・目頭が自然でシャープな仕上がりに。
・傷跡が目立たず、回復も早い。
・蒙古ひだを完全に除去。
・大きく華やかな目にすることができる。
・Z法に比べて傷跡が大きく、目頭が丸みのある仕上がりに。
・目頭の内側の皮膚を除去。
・目を内側に大きく広げることができる。
・Z法に比べて傷跡が大きく、後戻りする可能性もあり。

■ダウンタイム
・腫れは1週間程度。*個人差あり

■こんな人におススメ
・目と目が離れて見える。
・目をひと回り大きくしたい。
・切れ長の目にしたい。

施術のSTEPと術後、アフターケア

STEP1 カウンセリング・診察
・目の大きさや形などの希望を入念にうかがう。
・どれくらい変化するかを症例写真やコンピュータでのシミュレーションで提示。
・手術の流れやアフターケアなどの説明。

STEP2 施術前
・麻酔:点眼およびクリーム麻酔を行った後に局所麻酔。
・デザイン確認:希望の目の形などを医師と患者が最終確認。

STEP3 施術(約30分)
・目頭から上まぶたにかけての蒙古ひだを切開。
・目頭のラインを整えて縫合。

STEP4 施術後
・アイシング:腫れを最小限に抑えるため、施術部位を冷却。
・帰宅へ。腫れがまだ気になる場合はサングラスをして。
・1週間後に抜糸。
・不安や気になることがある場合は丁寧にフォロー。

■その他施術データ

麻酔 点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
施術時間 30分
術後の通院 1回
痛み・腫れ 約1週間(個人差あり)
術後の生活 シャワー:当日より可能
メイク:抜糸後より可能

より快適に理想の目元を手に入れるために

■じっくりカウンセリングでシミュレーション
理想の目元を手に入れるためのスタートは、カウンセリングから。ご希望をじっくりうかがい、その方の目の形や顔のバランスに合わせて切開する角度や長さをシミュレーションします。目の大きさや形だけでなく、顔全体が美しくなる仕上がりを実現します。

■ひとり一人にあわせた最適な方法を選ぶ
すでにご紹介したように、目頭切開には様々な術式があります。後戻りしやすいものもありますが、当院では、その方に適した元に戻らない術式を選択。高い満足をお届けしています。

■医師の高い技術力で美しく自然な仕上がりに
術式によって傷跡の大きさに差はありますが、最終的な仕上がりの美しさや自然さは、医師の技術力が大きく左右します。当院では極細の糸を用いた丁寧な縫合などのほか、美意識の高い熟練医師が担当することで、生まれながらのような自然で美しい目元を実現しています。

■術中・術後の痛みを極力少なくする工夫
手術は局所麻酔をしてから行うので、術中の痛みはほとんどないと思っていいでしょう。そして当院ではより快適な手術を目指し、局所麻酔の注射による痛みまで軽減するために、事前に点眼薬とクリームによる麻酔も行っています。
術後については切開手術なのである程度の痛みが出ますが、痛み止めの内服薬や座薬を処方いたします。

■ダウンタイムが十分にとれない場合にも対応
会社や学校などを休めないという方のために、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目をするといった柔軟な対応もしています。

目頭切開のよくある質問

Q 目頭切開をしたいのですが、どこを何ミリくらい切開するのでしょうか?
A 目頭を2~8ミリ程度切開します。
Q 目頭切開には色んな方法があるようですが、どの方法で行いますか?
A 患者様の目の形や要望に合わせて元に戻らない最適な術式を選択しております。なお、Z法は蒙古ヒダの強い人にむいており、傷跡が目立たず、回復が早い事が特徴。W法は蒙古ヒダを完全に除去してしまう方法。V法は内側に大きく広げる事ができるのが特徴です。
Q 気に入らなければ元に戻せますか?
A 皮膚を切除していない術式(Z法など)の場合は蒙古ヒダ形成を行う事によってほぼ元に戻せます。皮膚を切除する術式(W法、V法)の場合はある程度元に戻せますが、完全に元に戻せない事があります。

目頭切開の症例写真

目頭切開

(1ヶ月後)

奥田裕章医師からのコメント
目頭切開のZ法で、ひと回り目を大きくしました。蒙古ひだを切開することで末広タイプだった二重の幅が広がり、華やかな平行タイプに。
小さいうえに離れていた目が大きく丸くなり、目もと全体のバランスも美しく整いました。

ページトップへ戻る