二重まぶたや目もとの悩みに

部分切開(ミニ切開)について

埋没法で何回も糸が取れたり、全切開法だとダウンタイムが長過ぎるという方に

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重まぶたの施術
部分切開法(ミニ切開法)
短いダウンタイムで、元に戻らない美しい二重を!

部分切開法(ミニ切開法)とは?

切開法には全切開と部分切開があり、切開する長さが短いことでダウンタイムも短くなるというのが、「部分切開法」。ミニ切開法ともいわれます。 部分切開法(ミニ切開法)も従来の方法では元に戻ってしまうことがあったのですが、当院では半永久的に維持できる術式を採用。幅の広いくっきりとした二重をつくる場合でも、元に戻ってしまう心配がありません。

また、切開した傷跡はしわと同化しますので、ほとんどわからなくなります。

しわと同化するので傷跡がほんとんどわからなくなります

■手術方法
・二重にしようとするヒダの予定線を1~2cm程度切開。
・二重のラインがつきやすいよう内部処理を行う。
・二重のラインを整え、極細の糸と針で縫合する。

■ダウンタイム
・強い腫れは1週間程度(全切開法では1~2週間)。*個人差あり

■こんな人におススメ
・埋没法でとれてしまった経験がある。
・元に戻る心配をしたくない。
・二重にすると同時にまぶたの腫れぼったさも解消したい。
・はっきりとした幅広の二重にしたい。
・全切開ではダウンタイムが長すぎる。

施術のSTEPと術後、アフターケア

■施術のSTEP
STEP1 カウンセリング・診察

・二重の幅、形などを入念にうかがい、重瞼棒で仕上がりをシミュレーションする。
・手術の流れやアフターケアなどの説明。

STEP2 施術前
・麻酔:点眼およびクリーム麻酔を行った後に局所麻酔。
・デザイン確認:二重の幅や形などを医師と患者が最終確認。

STEP3 施術(約20分)
・上まぶたを約1~2cm切開し、余分な筋肉や脂肪などを除去。
・予定している二重のラインで縫合。

STEP4 施術後
・アイシング:腫れを最小限に抑えるため、施術部位を冷却。
・帰宅へ。腫れがまだ気になる場合はサングラスをして。
・1週間後に抜糸。
・不安や気になることがある場合は丁寧にフォロー。

■その他施術データ

麻酔 点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
施術時間 20分
術後の通院 1回
痛み・腫れ 強い腫れは約1週間(個人差あり)
術後の生活 シャワー:当日より可能
メイク:抜糸後より可

■術後、アフターケア
手術の後は、5~10分ほど手術部分をアイスノンで冷やします。冷やすことで腫れを最小限に抑えられます。アイシング後もまだ腫れが気になる方にはサングラスをお渡しします。サングラスをかければ外から腫れはまったくわかりません。まぶた以外の洗顔は当日から可能です。
手術日から約1週間後に再び来院していただき、手術で縫合した部分の抜糸を行います。アイメイクは抜糸の翌日から可能です。

埋没法と部分切開法(ミニ切開法)、あなたが選ぶべき施術。

ご紹介した部分切開法(ミニ切開法)は、まぶたの状態や体質、なりたい二重の違いなどにかかわらず、多くの人に向いている手術といえます。
けれど埋没法には、以下のように向かない方というのがあります。
・まぶたの皮膚が厚いまたは脂肪が多く腫れぼったい。
・アトピーや花粉症などでよく目をこする。
・幅の広い二重を希望している。
これらに該当する場合は、埋没法ではすぐに糸が取れて元に戻ってしまう可能性が高いのです。逆に言うと、これらに該当する場合は、切開法が向いているということになります。
ミニ切開か全切開かは、まぶたの腫れぼったさをどれだけ解消したいか、そしてダウンタイムの違いなどで選択することになります。

■早わかり比較
部分切開(ミニ切開法)と同じように、二重まぶたにできる施術と一覧で比べてみました。

埋没法 部分切開法(ミニ切開法) 全切開法
向いている人 ・まぶたの皮膚が薄く脂肪も少ない
・幅の狭い二重にしたい
・まぶたがやや腫れぼったい
・幅広の二重にしたい
・まぶたがかなり腫れぼったい
・幅広の二重にしたい
効果の持続期間 元に戻る可能性あり 半永久 半永久
麻酔方式 点眼+クリーム+局所麻酔 点眼+クリーム+局所麻酔 点眼+クリーム+局所麻酔
手術時間 約10分 約20分 約30分
切開 なし 1~2cm 3.5~4cm
術後の腫れ・痛み 直後でもごくわずか 1週間程度、強い腫れと痛み(痛み止め処方) 1~2週間、強い腫れと痛み(痛み止め処方)
術後の通院回数 なし 1回(抜糸) 1回(抜糸)

より快適に理想の二重まぶたを手に入れるために

■じっくりカウンセリングでシミュレーション
理想の二重まぶたを手に入れるためのスタートは、カウンセリングから。ご希望をじっくりうかがい、二重の幅や末広型・平行型など二重のデザインも自由自在に。実際にどう変わるかのシミュレーションを十分にして、その方の希望にジャストフィットする理想の二重まぶたへと向かっていきます。

■ひとり一人にあわせた最適な方法を選ぶ
すでにご紹介したように、埋没法には向き不向きがあります。ミニ切開法か全切開法も、その方の希望やまぶたの状態などで違ってきます。美しい二重まぶたをこの先ずっと。高い満足をお届けするために、その方に適した方法をご提案します。

■医師の高い技術力で美しく自然な仕上がりに
ミニ切開法は切開の長さが短いので、元々傷跡が目立ちにくいのが特徴です。ですが、最終的な仕上がりの美しさや自然さは、医師の技術力が大きく左右します。当院では、例えは縫合では、特殊な極細糸を用いて二重のヒダに沿って丁寧に。美意識の高い熟練医師が担当することで、生まれながらのような理想の二重まぶたを実現しています。

■術中・術後の痛みを極力少なくする工夫
手術は局所麻酔をしてから行うので、術中の痛みはほとんどないと思っていいでしょう。そして当院ではより快適な手術を目指し、局所麻酔の注射による痛みまで軽減するために、事前に点眼薬とクリームによる麻酔も行っています。
術後については切開手術なのである程度の痛みが出ますが、痛み止めの内服薬や座薬を処方いたします。

■ダウンタイムが十分にとれない場合にも対応
全切開法に比べるとミニ切開法はダウンタイムが短いのが特徴です。それでも会社や学校などを休めないという方のために、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目をするといった柔軟な対応もしています。

■すでに埋没法をしている方へ
埋没法で入っている糸は可能な限り抜糸し、まぶたの脂肪を取る必要がある場合は、同時にとって仕上げることができます。尚、当院では追加料金はなく、通常のミニ切開法と同額となっています。

部分切開法(ミニ切開法)のよくある質問

Q ミニ切開と全切開はどう違うのですか?
A ミニ切開法は新しくつくる二重のラインに沿って1~2cm切開して、余分な脂肪を除去し、内部処理を行い縫合して、永久に取れない二重を作る方法です。全切開は瞼の目頭側から目尻側まで切開するので3.5~4cm程度切開します。ミニ切開と同様に余分な脂肪を除去し、内部処理を行い、永久に取れない二重を作ります。瞼がそれ程厚ぼったくない方にはミニ切開が適しています。ミニ切開の方が全切開に比べて傷が短いため腫れが少なく、回復も早いです。瞼が非常に厚ぼったい方や極端に幅の広い二重を望む方は全切開が適しています。そのような方はミニ切開では十分に余分な脂肪を除去出来なかったり、二重のラインが浅くなってしまいます。瞼の目頭側から目尻側にかけてしっかりと切開して十分に脂肪を除去して強固な内部処理が必要となります。カウンセリングで瞼の厚みや新しく作る二重の幅などを考慮してミニ切開が適しているか、全切開が適しているかを見極めます。
Q 5mmの部分切開で二重は作れますか?
A 5mmの切開で二重をつくる事は可能ではありますが、その場合は二重のラインが浅くなってしまったり、元に戻ってしまう事が多いです。また、目を閉じた時にそこの傷だけ窪んでしまって傷が目立ってしまうことがあります。当院では1~2cmの切開を行い、確実に元に戻らない二重を作り、また、目を閉じても傷がシワと同化して目立たない二重を作ります。
Q 海やプールにはいつから行っても大丈夫ですか?
A 抜糸の翌日からOKです。

部分切開法(ミニ切開法)の経過、解説動画

二重まぶたを部分切開法(ミニ切開法)で幅広平行型にしたモニターの経過を解説した動画です。
手術して1週間が経過し、抜糸をしました。抜糸直後の腫れ、メイク、ダウンタイム、痛み、効果について高須幹弥が解説します。

■二重まぶたミニ切開法で幅広平行型手術後1週間抜糸直後の腫れている経過 部分切開(小切開)です メイク、ダウンタイム、痛み、効果について

部分切開法(ミニ切開法)の症例写真一覧

ミニ切開法で幅が広すぎない二重まぶたを作った症例写真

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
ほぼ完全な一重まぶたです。
ミニ切開法で幅が広すぎない平行型二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響もあり腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れているので、予定の二重の幅より広いです。
3週間後
3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだまだ腫れています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ミニ切開法で幅が広すぎない二重まぶたを作った症例写真
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたであり、皮膚が覆い被さっていることにより、黒目の見える面積が少なくなっていました。
また、それによってまぶたの開きが悪い分、普段から無意識に眉毛を上げて目を大きく開けようとしているため、目と眉の距離が広い状態になっていました。
患者様は平行型二重をミニ切開法で作ることを希望されていたため、重瞼棒で二重のシミュレーションをして、蒙古襞を乗り越えて平行型にしてみると、目頭側から目尻側にかけてほぼ同じ幅で少し幅の見える二重のラインになりました。
患者様に鏡で確認していただいたところ、そのラインを希望されたので、そのラインでミニ切開法をすることになりました。
作成する二重のラインに沿って約2cm皮膚を切開して、わずかに眼窩内脂肪を切除し、二重のラインを作りました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はせず、ROOFも切除しませんでした。
術後は綺麗な平行型二重になりました。
まぶたの皮膚が上に持ち上がって、黒目も大きく見えるようになりました。
また、目が開きやすくなった分、無意識に眉毛を上げることもなくなったため、目と眉の距離が近づいて、凛とした印象になり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作った20代女性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像

症例1:二重まぶたミニ切開法+上眼瞼リフト(眉下切開たるみ取り)を同時に行った症例写真の術前術後画像
高須幹弥医師からのコメント
手術前
目を開けた状態
手術前(目を開けた状態)です。
上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

目を閉じた状態
手術前(目を閉じた状態)です。
手術直後
目を開けた状態
手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後(目を閉じた状態)です。
7日後
目を開けた状態
7日後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。

目を閉じた状態
抜糸直後(目を閉じた状態)です。
3週間後
目を開けた状態
3週間後(目を開けた状態)です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかに腫れがあります。

目を閉じた状態
3週間後(目を閉じた状態)です。
まだ傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

目を閉じた状態
6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
傷跡の赤みは引きました。
二重まぶたミニ切開法+上眼瞼リフト(眉下切開たるみ取り)を同時に行った症例写真の術前術後画像
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、両目とも二重のラインはあるのですが、左のラインがはっきりせず、目尻側が途中で二股になって途切れている状態でした。
また、年齢相応にまぶたの皮膚が被さっており、特に外側の二重のラインの上に肉が被さっているような状態になっていました。
患者様は、二重のラインをはっきりさせて、二重の幅も今より少し広げて、尚且つ、二重のラインの上に被さっている皮膚と脂肪のボリュームを取ってほしいというご希望でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法で二重のラインをはっきりさせ、上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)で、二重のラインの上に被さる皮膚と脂肪を除去することになりました。
二重まぶたミニ切開法は、元々ある二重のラインとほぼ同じ位置で切開し、二重のラインをはっきりさせるようにしました。
上眼瞼リフトでは、最大幅約13mmで皮膚を切除し、わずかに眼輪筋とその下のROOFも切除しました。
眼窩内脂肪はそれほど余分に余っているわけではなかったため、除去しませんでした。
術後は、二重のラインがほぼ左右対称にはっきりし、また、まぶたの被さりが取れてスッキリして、患者様には大変満足していただきました。
二重のラインの上に被さる皮膚のたるみは、二重のラインで切除すると、厚い皮膚ではなく薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったさが出てしまいます。
そのため、このような患者様に対しては、上眼瞼リフトを行い、眉毛の下で余分な分厚い皮膚を切除するのがお勧めです。
安易に、二重まぶた全切開法のときに、二重のラインで余分な皮膚を切除してしまうと、まぶたの下の方の薄い皮膚を切除することになるため、厚ぼったい不自然な目になってしまいます。

ページトップへ戻る

二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法で、幅広めの平行型二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔の影響などにより強い腫れがありますが、必ずひくので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れはあります。
4ヶ月後
4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。
ビフォー・アフター
Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、アイプチやアイテープ、メザイクなどを日常的にしているため、まぶたに何本もシワがあり、綺麗な二重になっていない状態でした。
患者様は幅広めの平行型二重を希望されていました。
何本もシワや二重のラインらしき線があるまぶたに二重まぶた埋没法をしても、綺麗な1本の二重のラインにならない可能性が高いため、切開法をすることをおすすめしました。
この患者様のまぶたは元々少し窪んでおり、眼窩内脂肪やROOFを切除する必要がないため、二重まぶたミニ切開法に準じて、2cm弱の切開で二重を作りました。
必要最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織の切除を行うことにより内部処理を行って二重のラインを作りました。
皮膚の切除は行いませんでした。
術後は希望された通りの幅広めの平行型二重になり、1本の綺麗な二重のラインになったため、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作った20代女性の症例写真

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあるので、予定よりだいぶ二重の幅が広いです。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れていますが、翌日からアイメイクすることができます。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ大きな腫れは引きました。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の腫れが引いた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3ヶ月後
3ヶ月後です。
かなり腫れは引きました。

3ヶ月後の目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

施術体験者の声施術体験者の声

以前、他のクリニックで糸を使った方法で二重にしたのですが、取れてしまいました。今度は、できるだけ広い二重にしたいと相談しました。
手術前にカウンセリングを受けました。その時に、不安に思ってる事や分からない事を聞くことができて、とても安心しました。実際の手術は思ったより早く終わりました。術後の痛みも少なかったです。手術中もさして痛みもなく、先生の腕が良かったと思います。スタッフさんも皆さん優しくして下さり、大変受けやすかったです。術後の仕上がりは、まだ完全には出来上がってなさそうですが良い感じになりそうで満足です。

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
過去に埋没法をしていたのですが、かなり幅の広い平行型二重を作っていたので、埋没糸が緩み、希望よりかなり幅の狭い二重になっていました。
患者様は、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、十分に二重だと分かるくらいの幅の広い二重希望されており、尚且つ、永久的に元に戻ったり、幅が狭くならない手術を希望されていたため、二重の手術はミニ切開法で行うことになりました。
また、なるべく目頭側の二重の幅が狭くならないようにしてほしいという御要望でした。
この患者様は、蒙古襞が斜め下方向に突っ張っており、幅の広い二重を作るだけだと、平行型になっても、目頭側の二重の幅が狭くなってしまうため、目頭切開も同時にすることになりました。
二重まぶたミニ切開法は、皮膚の切除は行わず、最小限の眼窩内脂肪を切除し、ROOFの切除は行いませんでした。
目頭切開はZ法に準じて行い、蒙古襞の突っ張りを解除して、目頭側の二重の幅が広くなるようにし、目が内側に1.5mmずつ大きくなるようにしました。
術後は、目を開けた状態で、十分に二重の幅が見え、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、奥二重のようにならず、十分に二重の幅が見えるようになり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で末広型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
目を閉じると、糸がついているのが見えます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
狭い二重を作ったので、大きな腫れは目立ちません。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
かなり腫れは引いています。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ傷跡が食い込んでいますが、目立たなくなっていきます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡も目立たなくなりました。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目が小さいうえに、加齢によって、上まぶたの皮膚が被さっていることを気にされていました。
診察させていただいたところ、眼球自体がやや小さく、目の横幅、縦幅がともに小さめでした。
眼球がついている位置自体が外側気味な上に、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔がかなり広く離れていました。
また、元々一重まぶたの上に、加齢によって上まぶたの皮膚が被さり、三角形の目になっていました。
患者様は、「自然で若々しい目にして、尚且つ、目を大きくしてほしい」というご要望だったので、目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法に準じて、目が内側に2mmずつ広がるようにしました。
二重まぶたミニ切開法は、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見える程度の自然な二重を作りました。
術後は自然な若々しい末広型二重になり、患者様には大変喜んでいただきました。
元々、かなり目と目の間隔が広いため、目頭切開をしても、まだ目と目が離れている印象がありますが、これ以上目頭を切ってしまうと、涙丘(目頭の赤色の粘膜の部分)が丸見えになって、キツい印象になってしまう上に、ロンパリ(外斜視)気味の目になってしまうので、目頭切開はこの程度で良かったと思います。

ページトップへ戻る

二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真の腫れが引いていく経過画像

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法で、幅の狭い自然な末広型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響でまぶたが腫れぼったくなっています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
少しだけ内出血がありますが、あと1週間くらいでほとんど消えるので心配ありません。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。
自然な末広型二重になりました。
ビフォー・アフター


(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代男性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
初対面の人が見て、整形したことが分からないような、自然な二重にしたいというご要望でした。
また、永久に戻らない二重を希望されていたので、二重まぶたミニ切開法で、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える自然な二重を作ることになりました。
やや蒙古襞が発達しているため、狭い二重を作ったことにより、目頭側の二重は蒙古襞の中に入り、必然的に末広型の二重になりました。
ミニ切開法であるため、皮膚の切除はしていません。
眼窩内脂肪は適度に除去しましたが、ROOFは切除していません。
術後は、患者様の希望通り、整形したことが分からない、自然で、この患者様に合った二重になりました。
男性は、女性と異なり、ほとんどの人は化粧をしないので、幅の広い二重を作ると、整形っぽくなってしまうことがあります。
まだ、蒙古襞が発達している人や、まぶたの厚い人に、無理して平行型二重を作った場合も、整形っぽくなってしまうことが多いです。
整形していることがバレたくない人は、変な欲は出さず、自分の顔に合った、幅の狭い二重の作るほうが良いことが多いです。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広い平行型を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
縫合した糸が見えます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術後2週間
手術後2週間です。
大きな腫れは引き、内出血もありません。

手術後2週間の目を閉じた状態
手術後2週間の目を閉じた状態です。
まだ傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。

▼上 メイクなし /中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり

6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡の赤みも引きました。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のメイクありです。
幅広い平行型二重なので、派手なアイメイクが似合います。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、派手な化粧が似合う、幅の広い平行型二重になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや蒙古襞が張っており、目を開けた状態で適度に二重の幅が見える末広型二重をしていました。
目と目の間隔は、若干広めでした。
手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開は、Z法に準じて行い、少し蒙古襞の突っ張りを解除するように、内側に約1.5mmずつ広がるようにしました。
二重まぶたミニ切開法は、目頭切開後に残存している蒙古襞を乗り越えるように幅の広い平行型二重を作り、目を開けた状態で十分に幅の広い二重が見えるようにしました。
この患者様は、元々それほどまぶたの脂肪は多いほうではありませんが、幅の広い二重を作ったため、二重のラインに被さる分の眼窩内脂肪を適量切除しました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はしていません。
ROOFの切除は必要がないのでしていません。
術後は、アイラインをしっかり引いても、十分に二重の幅が見える、派手なアイメイクが似合う幅の広い平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開、目尻切開、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法+目頭切開+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行うことになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後抜糸直後の目を閉じた状態
1週間後抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。

3週間後の目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡の赤みがあります。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はほとんど分かりません。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、小さな目がコンプレックスで、目を一回り大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは悪くないのですが、眼球が小さいため、目の縦幅、横幅共に小さいという状態でした。
また、二重まぶたでしたが、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見えている程度の二重でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行い、二重の幅を広げ、目を一回り大きくすることになりました。
二重の幅は、あまり広げすぎると、まつ毛の生え際に皮膚が被さり、まぶたの開きが悪くなり、かえって眠たそうな目になるため、二重まぶたミニ切開法は、末広型のまま、少し二重の幅を広げる程度のデザインで行いました。
目頭切開はZ法で行い、目がキツくなったり寄り目にならない程度に、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW法に準じて行い、最大限1.5mmずつ外側に広げ、同時に上下にも広げました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下三白眼にならないように、下まぶたの黒目の真下は下がらないように、黒目の外側を約2mmずつ下げるようにしました。
術後は目が自然な範囲内で二重の幅が広がって、目の横幅、縦幅が大きくなったため、目が一回り大きくなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後(目を開けた状態)
3週間後です。
まだ腫れがあります。

3週間後(目を閉じた状態)
3週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、幅が広めの平行型二重を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、過去に二重まぶた埋没をしていますが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしておらず、左右非対称の目になっていました。
蒙古襞が張っており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広がっていました。
また、アイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚が被れて分厚くなっており、シワが何本もできていました。
手術は、目頭側に幅がある綺麗な平行型二重を作るために目頭切開を行い、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。
目頭切開は蒙古襞の形に合わせてZ法で行い、内側に約1.5mmずつ広げました。
二重まぶたミニ切開法は、蒙古襞を乗り越えるように幅が広めの二重を作り、平行型二重になるようにしました。
皮膚切除、眼窩内脂肪、ROOF切除はしていません。
術後は患者様の希望通りの幅が広めの平行型二重になり、満足していただきました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
眼球が小さいため、黒目が小さく、目の横幅も小さいタイプの方です。
埋没法やアイプチを繰り返しているため、二重のラインが安定せず、左右非対称の二重になっています。
ご本人の希望により、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
幅の広い二重を作ったため、手術後の腫れが強く出ています。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ腫れが残っています。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
4ヶ月後(メイクなし)
4ヶ月後です。
だいぶ腫れはひきました。

4ヶ月後(メイクあり)
4ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、元々眼球が小さいため、目の縦幅、横幅が小さく、目と目の間隔も離れていました。
また、過去に二重まぶた埋没法やアイプチ、アイテープ、メザイクを繰り返しており、まぶたの皮膚が荒れ、二重のラインが一定せず、左右非対称の二重でした。
患者様は幅広い平行型二重を希望されており、元に戻らない手術方法がよいということだったので、二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
手術は皮膚切除は行わず、適度に眼窩内脂肪を除去し、幅広いラインで二重を作りました。
過去に行った埋没法の糸は除去しました。
ROOFは切除しませんでした。
この患者様はそれほど蒙古襞が発達していなかったので、幅広い二重を作るだけで、十分平行型二重になりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
過去に埋没法で二重まぶたを作ったのですが、糸が緩んで元に戻ってしまったため、ミニ切開法で永久に取れない二重まぶたを作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
細かく糸で縫合してあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れています。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡の食い込みがありますが、時間の経過と共に目立たなくなります。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
末広型の自然な二重まぶたになりました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
無理して幅を広げず、その人のまぶたに合ったラインで切開したので、傷跡の食い込みやくぼみはなく、ほとんど分からない切開線になりました。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、以前に当院で埋没法で二重まぶたを作ったのですが、数年経過して糸が緩んで、二重の幅が狭くなってしまい、ほぼ元の目に戻ってしまいました。
もう元に戻ってしまって何度も手術をやり直すのは嫌ということでしたので、ミニ切開法で元に戻らない二重を作ることになりました。
自然ですっぴんでも整形っぽくない二重を希望されていたので、不自然に蒙古襞を乗り越えないように二重幅が広すぎない末広型の二重を作りました。
手術時に前回の埋没法の糸は除去し、適度に眼窩内脂肪を除去しました。
皮膚切除、ROOF切除はしませんでした。
この方は元のまぶたの皮膚が厚いのですが、無理して二重の幅を広げず、下のほうの皮膚の薄いところで二重のラインを作ったため、目を閉じたときの切開線の傷跡が食い込んだり窪んだりすることなく、ほぼ平らになり、ほとんど目立たない傷跡になりました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開せずに、二重まぶたミニ切開法のみで幅の狭い平行型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れが残っており、予定よりも幅が広いです。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだわずかに腫れがあるため、予定の二重幅よりもやや広いです。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
幅の狭い平行型二重になっています。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶたミニ切開法で永久に戻らない二重を希望されていました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようになるのは嫌で、ちゃんと二重の幅がでるようにして欲しいという御要望でした。
重瞼棒で色々シミュレーションして鏡で確認していただいたところ、少し幅が見えているくらいの二重まぶたを希望されたので、その位置でミニ切開法をしました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はしてません。
眼窩内脂肪やROOFなどは切除しておりません。
この方は、蒙古襞がそれほど発達していなかったので、この幅で二重を作ると、まぶたのシワの流れの関係で、作った二重のラインが蒙古襞を乗り越える形になり、必然的に平行型二重になりました。
患者様は目頭切開をすることなく、程よく幅の狭い平行型二重になったので、大変喜んでいただきました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。

1ヶ月後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3ヶ月後
3ヶ月後です。

3ヶ月後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。

6ヶ月後の目を閉じた状態
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)


(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、かなりの幅広い平行型二重にしてほしいという御要望でした。
アイラインを引いても十分に二重の幅が見えるようにしてほしいということでした。
目を閉じた状態で約10mmの位置で切開し、二重を作りました。
皮膚の切除はしていません。
眼窩内脂肪やROOFは切除してません。
術後は目を開けた状態で約5mmの幅が見える平行型二重になりました。
ご希望通りのかなり幅の広い平行型二重になったので、ご本人様には大変満足していただきました。
超幅広二重は、人によって好みが分かれるので、この症例写真を見て、「自分もこんな幅広二重にしたい」と思う人もいれば、「こんな幅広二重にはなりたくない」と思う人もいると思います。
美的感覚や好みというのは、人によって大きく幅が開いているので、私は基本的に患者様の好みに合わせて手術させていただくようにしております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
以前に埋没法で二重を作っていますが、糸が緩んで幅が狭くなってきたので、ミニ切開法で幅を広げることになりました。

ミニ切開法手術直後
ミニ切開法手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸しました。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
4ヶ月後(メイクなし)
4ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きました。

4ヶ月後(メイクあり)
4ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、以前に当院で埋没法で二重を作っていましたが、年月が経ち、糸が緩んで、二重の幅が狭くなってきました。
これ以上狭くなるのは嫌だし、いつか一重に戻ってしまうのも心配なので、元に戻らないように切開してほしいというご要望でした。
まぶたがそれほど厚くないのでミニ切開法をすることになりました。
目を閉じた状態でまつ毛の生え際から約9mmの位置で約15mm切開して二重を作りました。
入っていた埋没法の糸は全て除去しました。
眼窩内脂肪、ROOFは切除せず、皮膚切除もしていません。
術後は目を開けた状態で約2mmの幅が見え、目頭側の二重もわずかに見える微妙な平行型二重になりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後の抜糸直後
1週間後の抜糸直後です。

1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態
1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代の男性患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
幅の狭い平行型二重を希望されており、重瞼棒でシミュレーションしたところ、目を閉じた状態で約8.5mmの位置で二重を作ると平行型になることがわかりました。
この位置で二重を作る場合、埋没法では元に戻りやすいため、ミニ切開法をすることになりました。
眼窩内脂肪やROOFの切除はせず、皮膚切除もしませんでした。
術後は、目を開けた状態で約2mm二重の幅が見える平行型二重になりました。
この方は、蒙古襞がそれほど発達していないため、目頭切開をしなくても、約8.5mmの位置で二重を作るだけで、必然的に平行型二重になりました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。


手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。


1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。
傷の赤みがありますが、時間の経過と共に必ず引いていきます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
4ヶ月後
4ヶ月後です。

4ヶ月後の目を閉じた状態
4ヶ月後の目を閉じた状態です。
だいぶ傷の赤みは引きました。
ビフォー・アフター

(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、蒙古襞が発達しており、目頭の形が丸く、目と目の間隔が広いのが悩みでした。
また、過去に埋没法で二重を作っていましたが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしなくなっていました。
手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法で行い、目頭が斜め下方向に自然に尖るようにしました。
Z法で行えば、目頭を自然に尖らせることができ、不自然に目頭が丸くなったり、パンチで穴を開けたようにはなりません。
また、Z法は他の術式に比べ、傷痕が目立ちません。
二重まぶたミニ切開法は、目を閉じた状態で約7mmの位置で切開して、二重を作りました。
術後は自然な末広型の二重になり、目頭が約2mmずつ内側に広がったため、目と目の間隔のバランスが丁度良くなりました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
一重まぶたです。

手術直後
手術直後です。
腫れていて幅が広いです。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
まだ腫れがあるため、予定よりも幅が広いです。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きました。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後メイクなしです。
ほぼ腫れは引きました。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、元々一重まぶたで細い目だったので、ぱっちり二重にしたいという御要望でした。
やや幅広めが御希望だったので、目を閉じた状態で、約9mmの位置で切開し、二重を作りました。
まぶたの厚みはそれほどなかったので、ROOFは切除せず、眼窩内脂肪はわずかに切除しました。
ミニ切開法なので、皮膚は切除していません。
術後は、目を開けた状態で、黒目の中心の上の二重の幅は約1.5mmになりました。
また、元々蒙古襞の形に微妙な左右差があったため、右目の目頭の二重の形はほぼ平行型に、左目の目頭の二重の形は平行型と末広型の中間くらいになりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(2ヶ月後)

(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、元々両目が一重まぶたで皮膚が被さっていたため、まぶたの開きが悪く見えていました。
あまり派手なメイクをしない方で、すっぴんやナチュラルメイクでも自分の顔に合った自然な二重を望んでいたため、目を閉じた状態で約6mmの位置でミニ切開法を行い、狭めの末広型二重を作りました。
蒙古襞がそれなりにある方なので、狭い二重を作ると必然的に末広型二重になります。
また、元々まぶたの厚みはそれほどなかったため、眼窩内脂肪やROOFは切除せず、二重を作るライン上の皮膚を薄くするために瞼板上の脂肪をわずかに切除したのみです。
この方は元々まぶたの開き自体それほど良くないため、眼瞼下垂手術を行わずに二重の手術だけで幅の広い二重を作ると、すっぴんやナチュラルメイクになるとかなり眠たそうな目になってしまうので、これくらいの幅の二重が最も自然で似合う二重になります。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、元々目を閉じた状態で約5mmの位置に二重のラインがあり、目を開けると狭い末広型の二重でした。
幅の広い平行型二重を希望されていたため、目を閉じた状態で約12mmの位置でミニ切開法で二重を作りました。
この方は元々蒙古襞があまり発達しておらず、まぶたの皮膚が薄くて目ヂカラが強いので、ミニ切開法だけで自然な幅広の平行型二重になりました。
目を開けた状態で二重の幅が約3mmあるので、アイラインを引いてもアイラインの上に肌色の二重の幅がはっきりとあるため、派手なアイメイクがとても映えます。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
完全な一重まぶたです。
ミニ切開法で自然な末広型二重を作ることになりました。

手術直後
術直後です。
腫れているので、二重の幅が広くなっています。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
まだ腫れているので目の開きが悪く、二重の幅が広いため、やや眠たそうな感じです。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
3ヶ月後(メイクなし)
3ヶ月後のメイクなしです。
だいぶ腫れは引きました。
狭い二重を作ったときのほうが腫れが引くのが早いです。

3ヶ月後(メイクあり)
3ヶ月後のメイクありです。
狭い末広型の二重はナチュラルメイクが似合います。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(3ヶ月後)

(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で完全な一重まぶたでした。
自分の顔に合った自然な二重を希望されていました。
この方は、まぶたの皮膚がやや厚めで、目の開きがそれほど良くないため、幅の広い二重や平行型二重にすると眠たそうな厚ぼったい二重になったり、少し整形っぽさがでるため、狭い末広型の二重を作ることにしました。
目を閉じた状態で7mmの位置で切開し、目を開けた状態で2mmくらい二重の幅が見えるようにしました。
術後は誰が見ても自然で可愛い二重になったと思います。
普段、派手なギャルメイクをせず、ナチュラルメイクやすっぴんが多い人は、このような狭い末広型二重がお勧めです。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開、隆鼻術(シリコンプロテーゼ)、鼻翼縮小(小鼻縮小)、鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)も施行

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、必要最小限の手術で可愛くなりたいというご要望でした。
元々顔の輪郭はそこそこ綺麗で、それぞれのパーツ同士のバランスも悪くないのですが、狭い末広型二重で目が小さく見え、蒙古襞が発達して目と目が離れて見えることと、鼻が低く鼻筋が通っておらず、団子鼻で小鼻が広がっているのが玉に傷でした。
ミニ切開法と目頭切開で今流行りの平行型二重を作り、全体的に目が大きく見えるようにしました。
二重は目を閉じた状態で約10㎜の位置で切開し、目を開けた状態で約2.5㎜の幅があります。
目頭切開はZ法で行い、約1.5㎜づつ内側に広げました。
目頭切開はもっと内側に広げることはできるのですが、これ以上広げると、大人っぽくなったり、キツい感じになり、可愛さがなくなってしまうので、控えめに1.5㎜にしました。
鼻筋には約3.5㎜の厚みのI型プロテーゼを入れ、鼻尖形成で鼻先の軟骨と脂肪を切除して団子鼻を細くし、鼻翼縮小で小鼻を小さくしました。
鼻に関しても、もっと高くしたり、鼻先を伸ばしたりすることはできるのですが、自然な可愛らしさを出すために、この程度に抑えました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行

(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、蒙古ヒダが発達しており、目と目が離れ気味でした。
また、元々左右共一重まぶたなのですが、アイプチでまぶたの皮膚が被れており、右目にはアイプチの癖で中途半端な二重のシワのようなものができて左右非対称でした。
狭い平行型二重をご希望されていましたが、この方の目で狭い二重を作ると、発達している蒙古ヒダの中に目頭側の二重のラインが入り込んでしまい、末広型二重になってしまいます。
そのため、二重の手術と合わせて目頭切開(Z法)も行い、突っ張っている蒙古ヒダを解除することにしました。
二重の手術は、やや広めの幅にすることとまぶたを開ける力がそれほど強くないなどの理由で、埋没法ではやや戻り易いため、ミニ切開法で行いましました。
術後はご希望通り、ほぼ左右対称な狭い平行型二重になりました。
術前に比べて目と目が離れているのが目立たなくなり、全体的に目が大きくなって華やかになったのがお分かりいただけると思います。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
元々、奥二重に近いくらいの狭い末広型二重があったのですが、二重の幅を広くして平行型二重にするのがご希望でした。
ご希望の二重を重瞼棒でシミュレーションしてみたら、やや皮膚の厚い部分で二重を作ることになることがわかったので、ミニ切開法で行い、まぶたの脂肪を少し取ることになりました。
術後はご希望通りのやや幅の広い平行型二重になり、まぶたがキレイに丸く開くようになりました。
これくらいの二重の幅があると、アイラインを引いても二重の幅がしっかりと見えるため、お化粧するのが楽しくなったそうです。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 金の糸(ゴールデンリフト)、エラボトックス注射(プチ小顔術)も施行



高須幹弥医師からのコメント
20代女性の方で、二重まぶた、美肌、若返り、小顔がご希望でした。
二重に関しては、術前から、なんとなく二重っぽいシワのようなものはあったのですが、はっきりしない二重であったため、ミニ切開法ではっきりとした二重を作りました。
やや広めの二重を作ったのですが、この方は、元々蒙古襞があまり発達していなかったため、必然的に平行型二重になりました。
美肌、若返りに関しては、顔全体にゴールデンリフトを行ったところ、数ヶ月で、肌の張りが出てきて、毛穴の開きや小じわが目立たなくなってきました。
小顔に関しては、正面から見たときに、ややエラが横に張っていたので、エラボトックス注射をしたところ、エラの張りがなくなり、ゴールデンリフトとの相乗効果で、顔全体が引き締まりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。元々、狭い平行型二重の方です。

手術直後
手術直後です。腫れていて二重の幅が広くなっています。広い二重をつくる方が腫れが目立ちます。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。まだ少し腫れがあり、若干二重の幅が広いです。抜糸した翌日からアイメイクができるようになります。

3ヶ月後
3ヶ月後です。ほとんど腫れは引いています。平行型のまま二重の幅が広くなり、術前より目が大きく見えるようになりました。
ビフォー・アフター


(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント
この方は20代の女性で、元々狭い平行型の二重があり、自然でそれなりによかったのですが、目を開けた状態で見た目の二重の幅が1mm程しかなく、アイラインを書くとほとんど一重のようになってしまうのが不満で、御本人様は幅の広い平行型に憧れており、手術することになりました。
埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択しました。
それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。
術後は見た目の二重の幅が3mm程になり、しっかりとアイラインを書いてもまだ二重の肌色の部分が出るくらいになり、術前と比べても目が大きく見えるようになりました。
術前の狭い平行型と、術後の広い平行型を比べて、どちらが好きかと言われると好みが分かれるところですが、御本人様には御満足いただきました。
最近の若い女の子の間では広い平行型の方が人気がありますね。

ページトップへ戻る

左は先天性眼瞼下垂手術、右はミニ切開二重を施行


高須幹弥医師からのコメント
眼瞼下垂には、生まれつき目の開きが悪い先天性眼瞼下垂と、コンタクトレンズの長期装用や老化などに伴う後天性眼瞼下垂があります。
この方は左目のみが生まれつき開きが悪い先天性眼瞼下垂でした。
先天性眼瞼下垂は、まぶたを開ける筋肉である上眼瞼挙筋の機能が弱いために目の開きが悪いので、ある程度筋肉の機能がある方は挙筋前転術で筋肉を短縮させてまぶたが開くようにしますが、筋肉の機能がほとんどない方は、側頭部や大腿から筋膜を移植して眉毛を上げる力によってまぶたが開くように手術します。
この方はある程度、眼瞼挙筋の機能があったので、左目の挙筋前転術を行い、同時に末広型の二重をつくり、それに合わせて右目はミニ切開法で末広型二重をつくりました。
片目の先天性眼瞼下垂の場合は反対の目と全く同じように開けてあげることは不可能なので、左目を右目と同じように大きく開けてあげることはできなかったのですが、術前に比べてかなり左右対称になったと思います。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 他院で受けた埋没法の修正

高須幹弥医師からのコメント
この方は、最初に埋没法で幅広平行型二重をつくったらしいです。
最初はほぼ希望通りの二重だったのですが、数か月でだんだんくっきりしていた二重のラインが浅く、狭くなってきたそうです。
少しまぶたの厚みのある方は、幅広平行二重を埋没法でつくると、元に戻ってきてしまいます。
元に戻らない幅広平行二重がご希望でしたので、私がミニ切開二重手術をしました。
少しだけ余分な脂肪を除去し、内部処理を行い、二重のラインをつくるので、埋没法と違ってもう元に戻ることはありません。
希望通りの二重になったと思います。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行


日下志厳医師からのコメント
蒙古ひだが内側に大きく張り出して、目と目の間が広く見えていました。また、幅の狭い末広タイプの二重でしたが、幅の広い平行タイプを希望。目頭切開によって目と目の間隔のバランスがよくなり、ミニ切開法によって目がパッチリとしました。
術前と比べると、違いは一目瞭然。とても目力のある魅力的な目もとになりました。

ページトップへ戻る

まぶた二重・ミニ切開法(部分切開) あご注射(ヒアルロン酸)も施行


高須幹弥医師からのコメント
まぶたに脂肪が多く、厚みがあった方です。まぶたの皮膚が目にかぶさっている奥二重でした。
埋没法ではまぶたの厚みまで変えることはできませんが、ミニ切開法なら余分な脂肪を取り除いてスッキリと。ご希望だった幅の狭い末広タイプ、正統派美少女風のくっきりはっきりとした目に仕上がりました。
以前は目を大きく見せるために眉を引き上げて見開いていましたが、目が大きくなったことで眉を引き上げることもなくなりました。このため眉毛から目にかけてのバランスも美しく整い、より美しい目もとになりました。
いつも眠たそうに見られていた表情がはっきりし、明るく可愛らしく。ミニ切開法なら元に戻る心配もなく、半永久的にこの美しい目でいられます。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)、エラボトックス注射も施行

高須幹弥医師からのコメント
目は右が一重で左が奥二重です。目が細く、眠たそうではっきりしない印象があります。鼻の根元が低く、目鼻立ちがはっきりしません。斜めから見ると、鼻の根元がくぼんでいるのがよく分かります。エラの筋肉が発達しており、正面から見ると、顔の横幅が大きく見えます。
術後1ヶ月で、目はミニ切開二重手術でそれほど幅の広くない平行型の二重にしました。左右の目が均等に大きくなり、明るくはっきりとした印象になりました。鼻は低かった鼻の根元にヒアルロン酸を1本弱注入し、少し高くしました。斜めから見ると鼻筋が通ってて、上品に見えます。エラにはボトックス注射をして、顔の下半分の横幅を小さくしました。正面の写真をみるとよく分かると思います。顔が小さくなると、顔の表面積が小さくなった分、相対的に目が大きくなるので、エラボトックスをすると、デカ目になった感じになります。
アイラインをこれくらいしっかり引くと、二重の幅が狭くなったように見えるので、これくらい二重の幅があってよかったと思います。もっとデカ目メイクをする方は、もっと二重の幅を広げてもいいと思います。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)


高須幹弥医師からのコメント
もともと狭い二重はあった方なのですが、加齢のため上まぶたの皮膚が下垂してきて、二重の幅が狭くなってしまい奥二重になってしまっていました。幅の広い平行型二重がご希望だったので、ミニ切開二重手術を行いました。
埋没法で切らずに幅の広い二重をつくることもできるのですが、皮膚のたるみの多い人に埋没法で幅の広い二重をつくると、数年で二重の幅が狭くなったり、ラインが浅くなって取れてしまうことがあるので、1~2週間くらいダウンタイムがとれる人はミニ切開をした方が良いです。
手術後、希望通りの幅の広い平行型二重になりました。切開したところが新たな二重のラインになるわけですが、この方は目を閉じた状態で、まつ毛の付け根から約11mmの位置で二重のラインをつくりました。
目を開けた状態でも約4mm二重の幅があります。
この方はまぶたの厚みはそれほどなかったので、たくさんの脂肪をとることはせず、切開して二重をつくる位置の皮膚の下の脂肪を少量とるのみにしています。これくらい広い二重の幅があると、バッチリアイメイクをしても二重の幅が隠れてしまうことはなく、大きな目を強調することができます。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開も施行


奥田裕章医師からのコメント
一重で眠そうな目の女性。ただ二重にするだけでなく、張っていた蒙古ひだを切開し、目の幅を広げることで、黒目が強調されるように。二重は、末広型にしたことで、目が内側に大きくなり、パッチリした大きな目が実現しました。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) 目頭切開、垂れ目形成、エラボトックス注射も施行

高須幹弥医師からのコメント
目が細く見えてしまうつり目の女性。もともと二重でしたが、左右差がありました。バランスを見ながら平行型の二重、また目頭切開で目を内側に開き、少し目尻を下げ垂れ目にすることで、目を大きく見せることができました。さらにエラボトックス注射も行い、小顔効果でさらに目が強調されるようになりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
右目は一重で左目は奥二重です。毎日アイプチをしていましたが、なかなか癖はつきません。むしろ、アイプチのせいで皮膚が被れて、まぶたがはれぼったくなっていました。

手術直後
手術は20分程度で終わります。
麻酔の痛みはほとんどありません。
手術直後は、手術によって、少しむくんでいます。

1週間後
1週間後に抜糸します。
抜糸に痛みは全くなく、次の日からアイメイクもできます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
2ヶ月後
ほぼ腫れは引いています。
今人気のちょっと広めの平行型二重なりました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(2ヶ月後)
※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
奥田裕章医師からのコメント

手術前
腫れぼったい一重だった20代女性。すっきりとした大きい目に憧れて、ミニ切開法(部分切開)による末広型の二重を希望されました。

手術直後
手術直後は、少し目が腫れているため、二重の幅が広くなっていますが、腫れは時間の経過とともにおさまります。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
1ヶ月後
1ヶ月経過し、くっきりした憧れの目もとに。ナチュラルメイクが映える自然な二重が完成しました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1ヶ月後)
※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
日下志厳医師からのコメント

手術前
元々狭い末広型の二重だった20代女性。もっと幅広い二重にして目を大きく見せたいということで、平行型の二重にしました。

手術直後
ミニ切開法(部分切開)で、二重の幅を広くしました。手術直後は傷跡が目立ち、目も腫れていますが、時間の経過とともに落ち着いてきます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
1ヶ月後
1ヶ月経過し、二重のラインもすっかりなじんでいます。華やかなアイメイクが映える目もとになりましたね。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1ヶ月後)
※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
鵜飼潤医師からのコメント

手術前
目が小さく地味な顔立ちだった20代女性。大きくかわいらしい目もとを希望され、狭い平行型の二重を選択されました。

手術直後
ミニ切開法(部分切開)により、希望の二重を実現しました。手術の直後は少し目が腫れていますが、腫れは1週間程度でおさまります。

2週間後
2週間後、抜糸を行い、アイメイクもできるようになりました。つけまつ毛やアイメイクでより憧れの表情に近づけます。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(2週間後)

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

術後の経過
日下志厳医師からのコメント

手術前
目が小さく見える一重の20代女性。憧れのパッチリとした目もとを目指して、ミニ切開法(部分切開)を行いました。

手術直後
目が大きく見える幅広い平行型の二重を希望されました。手術直後はまだ腫れていて二重のラインが安定していません。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
1週間後
1週間後、抜糸を行い、アイメイクもできるように。つけまつ毛やアイラインが映える幅広い平行型。やりたかった憧れのアイメイクを楽しめるようになりました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1週間後)
※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(4週間後)

ページトップへ戻る