二重やまぶた手術の情報サイト

老けてみえる目袋

化粧では隠せない“目袋”。膨らみの原因である脂肪をすっきりと取り除きます。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

たるみの施術
まぶたの脂肪(目袋)

このようなお悩みの方に

  • ・まぶたがたるんで見え、老けて見られる。
  • ・目の下のふくらみがくまのように見られる

まぶたの脂肪取りの特徴

加齢とともに現れる目の下の膨らみは“目袋”と呼ばれます。
さらにこれがたるみ、下がってくると、いつも疲れているように見られ、老け込んで見られてしまいます。

上まぶたの脂肪取りは、二重のラインに添って少し切開し、脂肪を丁寧に除去します。
下まぶたの脂肪取 りは、メスを使わずにまぶたの裏側から脂肪を取り除きます。
上下合わせて30分程度の施術時間で、膨らみの原因である脂肪を取り除き、すっきりと若々しい 表情を取り戻せます。
ダウンタイムが取れない方には、片目の施術後にもう片方の目の施術をすることもできます。

また、このような場合は、下まぶたたるみ取りなどの治療があります。

上まぶた脂肪取り
下まぶた脂肪取り

症例写真

まぶたの脂肪取り 下まぶた

(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目の下のクマが気になるとのことでした。
目の下が窪んでおり、その上、目の下に脂肪の膨らみがあるため、膨らみの下に影ができて、クマを強調させていました。
このタイプのクマには目の下の脂肪取り+目の下の窪みへのヒアルロン酸注射が有効ですが、まずは目の下の脂肪取りのみを行いました。
術後は脂肪の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。
この後、ヒアルロン酸注射をすると更に目立たなくなります。

術後、アフターケア

手術の後は、5~10分ほど手術部分をアイスノンで冷やし腫れを最小限に抑えます。アイシング後も腫れが気になる方はサングラスをかければ外から腫れはまったくわかりません。まぶた以外の洗顔は当日から可能です。
手術日から約1週間後に再び通院し、手術で縫合した部分の抜糸を行います。

施術について

  • ・施術時間 :約30分
  • ・術後の通院 :1回
  • ・術後の腫れ :強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
  • ・カウンセリング当日の治療 :可能
  • ・入院の必要性 :なし
  • ・麻酔 :点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
  • ・シャワー :当日より可能
  • ・洗髪 :当日より可能
  • ・メイク :抜糸後より可能