二重や瞼手術のお悩みに

下のまぶたのたるみの悩みに

目の下にふくらみがありクマのように見られたり、疲れているように見られてしまう方に。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

たるみの施術
下まぶたのたるみ

このようなお悩みの方に

  • ・目袋を取りたい
  • ・目の下のふくらみがくまのように見られる
  • ・老けて見られる。
  • ・疲れているように見られる。

下まぶたのたるみ取りの特徴

まぶたの下は、しわ・たるみ、ふくらみ、クマなど、加齢による影響が最も出やすいため、疲れていたり、ふけてみられがちです。まぶたのたるみは伸びてしまった余分な皮膚を取り除くことにより、一気に若返ることができます。

症例写真

下まぶたたるみ取り フルフェイスリフト、額リフト、上まぶたたるみ取りも施行

高須幹弥医師からのコメント
高須クリニック院長の高須克弥です。上まぶたも垂れ下がっていたことで、非常に老けて見えました。
上下のまぶたのたるみ取りを同時に行うことで、一気に目もとが若々しく。高須克弥の場合は額や頬の老化も進んでいたので、フェイスリフトも施術。顔全体が若返り、術前とは見間違うほどハツラツとした顔立ちに仕上がりました。

下まぶたのたるみ取りの手術

下のまつ毛の生え際でたるみを切除して縫い合わせます。目の周りは皮膚が薄い 分、傷口の治りがきれいに仕上がるので安心です。ハリのある目元になり、一気に5歳は若く見える“若返り術”として人気を集めています。 会社や学校などでダウンタイムが取れない方は、片目の手術後に腫れが引いた後にもう片方の目の手術をするという柔軟な対応もできます。

術後、アフターケア

手術の後は、5~10分ほど手術部分をアイスノンで冷やし腫れを最小限に抑えます。アイシング後も腫れが気になる方はサングラスをかければ外から腫れはまったくわかりません。まぶた以外の洗顔は当日から可能です。
手術日から約1週間後に再び通院し、手術で縫合した部分の抜糸を行います。

施術について

  • ・施術時間 :約30分
  • ・術後の通院 :1回
  • ・術後の腫れ :強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
  • ・カウンセリング当日の治療 :可能
  • ・入院の必要性 :なし
  • ・麻酔 :点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
  • ・シャワー :当日より可能
  • ・洗髪 :当日より可能
  • ・メイク :抜糸後より可能