目元や二重手術のことなら

目の下のくまをとる

化粧品で改善されない目元のくまは原因に合わせて、最適な美容医療による施術を選択できます。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目のくまの施術
目の下のくま

症例のご紹介

目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行った症例
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行うことになりました。

顎を引いて睨んだ状態
手術前の顎を引いて睨んだ状態です。
手術直後
手術直後です。
4つの手術を同時に行ったので、強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
内出血がありますが、抜糸した翌日からアイメイクすることが可能です。

目を閉じた状態
6日後の目を閉じた状態です。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかな腫れはあります。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
9ヶ月後
9ヶ月後です。
完全に腫れは引いています。

顎を引いて睨んだ状態
9ヶ月後(顎を引いて睨んだ状態)です。
目の下の脂肪の膨らみがなくなっているのがよく分かります。

目を閉じた状態
9ヶ月後(目を閉じた状態)です。
ビフォー・アフター
Before After(9ヶ月後)
 
  After(9ヶ月後)
(目を閉じた状態)
Before After(9ヶ月後)
(顎を引いて睨んだ状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目元をもっと良くしたいというご要望で来院されました。
ある程度幅のある平行型の二重にして、もっと目を大きくして、目の下のクマも改善させたいというご希望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは良いのですが、目の横幅はそれほど大きいわけではありませんでした。
また、二重の幅、形に左右差があり、目の下には眼窩内脂肪の膨らみがあり、クマを強調させていました。
眼瞼下垂手術をする必要はないので、二重まぶた全切開法で二重の幅を広げて平行型二重を作り、目頭切開と目尻切開で目の横幅を広げることになりました。
目の下のクマに対しては、下まぶたの内側から余分な眼窩内脂肪を除去することになりました。
二重まぶた全切開法は、適度に二重の幅が見えるようにデザインし、皮膚切除は行わず、眼窩内脂肪やROOFの切除も行いませんでした。
目頭切開は、寄り目になったりキツい目にならない程度に、Z法で1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開は、できる限り最大限広げ、1.5mmずつ外側に広げました。
術後はご希望通りの平行型二重になり、目の横幅も広がって、目の下のクマも改善し、患者様には大変満足していただきました。
目元の手術を複数行う場合、全て同時に行うこともできるし、日にちを空けて別々に行うこともできます。
同時に行っても別々に行っても、最終的な仕上がりに差が出ることはほとんどありませんが、同時に行うほうが、通院回数が最小限で済むし、ダウンタイムも1回で済むのでおすすめではあります。

ページトップへ戻る

目の下の脂肪の膨らみを取らず、ヒアルロン酸注射でクマを改善させた症例写真
Before After(ヒアルロン酸注射後1週間)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目の下のクマを気にされていました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、クマが目立っていました。
また、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になっており、余計にクマが強調されていました。
このようなクマには、通常、下まぶたの裏側の粘膜から余分な脂肪を除去し(経結膜脂肪切除)、1ヶ月くらいおいてから、下まぶたの窪みにヒアルロン酸を注入するのが最も効果的です。
余分に膨らんでいるところは膨らみを取って平らにし、窪んでいるところはボリュームを入れて平らにするのが、最も全体的に平らに近づくからです。
私が患者に、まずは脂肪の膨らみを取り、1ヶ月程度おいてからヒアルロン酸を注射することをお勧めしたところ、「まずはヒアルロン酸注射だけでやってみたい」とおっしゃったので、ヒアルロン酸注射をすることになりました。
目の下専用の軟らかくて綺麗に馴染むタイプの長期持続型ヒアルロン酸を1本(1cc)を0.5ccずつ目の下の窪んでいる部位に注入しました。
注入後は、目の下の脂肪の膨らみは多少見えるものの、窪みが埋まって目立たなくなったことにより、脂肪の膨らみも目立たなくなり、全体的に目の下のくまが改善し、患者様には大変満足していただきました。
この場合、後日、目の下の脂肪を除去し、更にクマを改善させることも可能です(ヒアルロン酸注射後1週間も経てば可能であることが多いです)。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸注入


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目の下のクマを消したいという御要望で来院されました。
診察させていただいたところ、目の下の皮膚の色素沈着、血行不良により、やや黒ずんだクマができていました。
また、目の下が少し窪んで、窪みによって陰(かげ)ができて、クマが強調されていました。
目の下の皮膚の色素沈着や血行不良によるクマには凄く有効な治療がないため、目の下の窪みにヒアルロン酸注射をして、窪みを埋めることになりました。
目の下は皮膚が非常に薄くデリケートな部位であるため、目の下専用の非常に柔らかくてなじみやすいヒアルロン酸を1本(1cc)を半分ずつ左右に注入しました。
注射後は、目の下の窪みがかなり平らになり、窪みによる陰が目立たなくなり、クマがも目立たなくなりました。
目の下の窪みに対するヒアルロン酸注射は、やり過ぎると不自然になりやすいので、この症例のように控えめ気味にやるのが良いです。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
下まぶたの裏側から脂肪を取ることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響で腫れています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引きました。
クマが目立たなくなりました。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、目の下のクマを気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になって、クマが目立っていました。
目の下の脂肪を除去して、窪んでいるところにヒアルロン酸を注射するのが良いのですが、同時に行うよりは、まず脂肪を除去して、腫れがおさまってからヒアルロン酸を注射するのが良いので、まず脂肪除去をすることになりました。
手術は局所麻酔下に下まぶたの裏側にCO2レーザーで小さな穴を開けた、適度な量の脂肪を除去しました。
術後は脂肪の膨らみの部分がほぼ平らになり、クマが目立たなくなりました。
このあとヒアルロン酸を注射すると、張りが出てさらにクマが目立たなくなります。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下に脂肪の膨らみがあり、膨らみの下に影ができるため、クマが目立ちます。
下まぶたの裏側から脂肪を取ることになりました。

施術直後
手術直後です。
麻酔の影響で少し腫れています。
内出血はほとんど出ませんでした。

1週間後
術後1週間です。
腫れはほとんど引いています。
目の下の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。


ビフォー・アフター


(1週間後)


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目の下のクマが気になるとのことでした。
目の下が窪んでおり、その上、目の下に脂肪の膨らみがあるため、膨らみの下に影ができて、クマを強調させていました。
このタイプのクマには目の下の脂肪取り+目の下の窪みへのヒアルロン酸注射が有効ですが、まずは目の下の脂肪取りのみを行いました。
術後は脂肪の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。
この後、ヒアルロン酸注射をすると更に目立たなくなります。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下に小さな脂肪の膨らみがあり、膨らみの下にくっきりと溝ができて影になっていたため、クマが強調されていました。

施術直後
術直後です。
麻酔によって腫れています。
個人差はありますが、大きな腫れは2~3日で引き、1週間も経てば大部分の腫れは引きます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
1ヶ月後(メイクなし)
1ヶ月後メイクなしです。
脂肪の膨らみが平らになり、膨らみの下の影が薄くなったため、クマ自体も目立たなくなりました。

1ヶ月後(メイクあり)
1ヶ月後メイクありです。
クマが目立たないほうがメイクばえします。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。


▼上 メイクなし / 下 メイクあり
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(1ヶ月後)

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様です。
目の下に小さな脂肪の膨らみがあり、膨らみの下にくっきりと溝ができて影になっていたため、クマが強調されていました。
この方のクマの原因は、この脂肪の膨らみと、膨らみの下が窪んでいることと、血行が悪いためか下まぶた全体がやや黒ずんでいることです。
その中でも一番の原因は脂肪の膨らみであったため、まず脂肪をとることになりました。
局所麻酔をして、下まぶたの裏側にCO2レーザーで小さな穴を空け、余分な脂肪を除去しました。
術後は脂肪の膨らみが平らになったため、膨らみの下の影が目立たなくなり、全体的にクマが改善しました。
この後にヒアルロン酸注射やポラリス、ゴールデンリフトなどをすると、クマは更に改善します。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下のクマが目立ちます。
目の下の脂肪の膨らみを、下まぶたの裏側から取ることになりました。

施術直後
術直後です。
麻酔の影響でやや腫れています。
下まぶたの裏から行うので、表面に傷はありません。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
腫れはほとんど引きました。
脂肪の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。



ビフォー・アフター


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代の女性の方で、目の下のクマが気になるとのことで来院されました。
この方は、目の下に脂肪の膨らみがあり、膨らみの下に影ができ、それがクマを強調していました。
皮膚のたるみはほとんどなく、膨らみだけなので、皮膚は切除せず、下まぶたの裏側から脂肪を取るだけにしました。
手術は局所麻酔をして、下まぶたの裏側にレーザーで小さな穴を開け、脂肪を抜くだけなので、15分程度で比較的簡単に終わります。
術後は脂肪の膨らみはなくなり、クマが目立たなくなったのがわかっていただけると思います。
目の下のクマには色々な原因があり、脂肪の膨らみが原因の場合は、脂肪を取ることによって、劇的に改善することが多いです。
目の下の脂肪は、一度取ってしまえば、再び膨らんでくることは稀なので(膨らんできたとしてもごくわずかです)、効果は半永久に続きます。
逆に取らないで放置していると、老化によってどんどん膨らんでしまい、そうなると、脂肪を取るのと同時に皮膚を切除しなければならないため、早い段階で脂肪を取るのが予防的にもお勧めです。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸注入


高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
目の下がくぼんでいて影ができているため、クマが強調されていました。
目の下専用の一番柔らかいヒアルロン酸1本(1cc)を半分ずつ(0.5ccずつ)注入しました。
目の下の深いくぼみが少し浅くなり、クマが目立たなくなりました。
また、この方はもともと涙袋があったのですが、目の下のくぼみのため、はっきりとしていませんでしたが、ヒアルロン酸注射で目の下のくぼみが目立たなくなったことによって涙袋が強調されるようになりました。
目の下のクマは、ストレス、睡眠不足、急激に痩せる、栄養バランスが悪いなどの原因によって悪化するので、注意しましょうね。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸注入
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。目の下が窪んでおり、クマが目立っていました。
目の下専用の非常に柔らかいヒアルロン酸1本(1.0ml)を半分ずつ(0.5ml)ずつ注入しました。

施術直後
注射直後です。
少しむくんでいますが、それほど目立ちません。

1週間後
注射して1週間です。
きれいになじんで、窪みが目立たなくなっています。
ビフォー・アフター


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
30代の男性で、目の下のクマが気になるという主訴でした。
クマの原因は、目の下の皮膚の血行が悪く、色が黒ずんでいることと、目の下が窪んで影になっているため、余計に黒ずんでいるのが目立っていることでした。
この方は、目の下が窪んでいることが最もクマを目立たせている原因なので、目の下専用の非常に柔らかいヒアルロン酸1本(1.0ml)を半分ずつ(0.5ml)ずつ注入しました。
術後は窪みが浅くなり、クマが目立たなくなったのが分かります。
目の下のヒアルロン酸注射のポイントとしては、目の下は非常に皮膚の薄いところなので、目の下専用でないヒアルロン酸を注射したり、たくさん入れ過ぎたりすると、膨らみ過ぎたり、凸凹になって不自然になることがあるので、必ず目の下専用の柔らかく、よく伸びてきれいになじむヒアルロン酸を使用するということと、たくさん注入し過ぎないことが重要です。
欲を出してたくさん注入するよりも、ちょっと控えめに仕上げるのがコツです。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸注入


高須幹弥医師からのコメント
目の下がくぼんで陰になっているタイプのクマ。くぼみを無くすために、ヒアルロン酸を注入しました。
クマ治療をしてからは「疲れているの?」と聞かれることもなくなり、人目が気にならなくなったそうです。
脂肪でふくらんでいる人は、取る。くぼんでいる人は、加える。できるだけ皮膚を平らにすれば、陰にならないのでクマもできにくくなります。クマのタイプに合わせて、最適な治療を行っていきます。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
脂肪でふくらんでいる部分が陰になってクマを作り、いつも疲れているような印象の20代女性。こうした方は年齢を重ねてたるみが出てくると、老け込んだり疲れた印象がどんどん強くなるので、皮膚がたるんでいなかった下まぶたの脂肪だけを取り除きました。

施術直後
施術直後なので少し腫れていますが、3日~1週間程でおさまってきます。

1週間後
腫れが引くと、ふくらみも陰もなくなって本来の若々しさに。この方は皮膚がたるんでいなかったので、脂肪を取るだけで済みましたが、たるみがあると皮膚を切り取る必要が出てくるので、術後の痛みや腫れが長くなり、仕上がりの美しさにも影響します。また、早いうちに脂肪を取っておくとたるみ予防にもなるので、おススメですよ。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1週間後)

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 ヒアルロン酸注入
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
目の下がくぼんで陰になっているため、クマが目立つ40代女性。くぼみの陰によるクマはヒアルロン酸の注入で肌をふっくらさせることにより解消されます。

施術直後
施術直後はまだ少し陰が残っています。数日時間をかけて肌がヒアルロン酸を吸収し、徐々に肌がふっくらとしてきます。

3日後
施術から3日後、肌がふっくらしてくると陰をつくっていたくぼみがなくなりました。ヒアルロン酸はしわも伸ばしてくれるので若返りにも効果的です。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(3日後)

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過




※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1週間後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
術後の経過
谷奈保紀医師からのコメント

施術前
目の下のたるみが目立つ30代女性。老けて見えるのを気にされていたため、下まぶたの脂肪取りを行いました。

施術直後
施術直後、少し腫れていますが、まぶたの内側より脂肪を取るので手術による傷は全く見えません。目の下の腫れは3日~1週間程度でおさまってきます。

1週間後
1週間後、腫れもすっかりおさまり、すっきりとした下まぶたに。表情も明るく、若々しい目もとになりました。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1週間後)

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
ビフォーアフター

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 脂肪除去
ビフォーアフター

ページトップへ戻る

目の下のクマ治療 コラーゲン注入
ビフォーアフター
ビフォーアフター

ページトップへ戻る