美容整形で確実に美しい目元へ

目頭切開でバランス良く

離れている目を近づけたい方や切れ長の目を望む方にはっきりとした切れ長の目になります。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目頭・目尻の施術
目頭切開

症例のご紹介

目頭切開でかなり目を内側に大きく広げた男性の症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや目の横幅が小さく、目と目がやや離れ気味です。
目頭切開をすることになりました。
患者様はガッツリ広げてほしいというご要望でした。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れています。
6日後
6日後です。
抜糸直後の状態です。
抜糸直後なので傷跡が赤いですが、赤みは必ず引いていきます。
2年11ヶ月後
2年11ヶ月後です。
本来は1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に写真を撮りに来ていただく必要があるのですが、いらっしゃらなかったので写真がありません。
傷跡の赤みは完全に引いています。
ビフォー・アフター
Before After(2年11ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、目の横幅はそれほど大きくなく、目と目の間隔もやや広めでした。
蒙古襞は適度に発達して張っていましたが、蒙古襞を乗り越えてやや幅広めの二重を切開法で作っていたため、平行型と末広型の中間のような微妙な平行型二重になっていました。
患者様は、ガッツリ目頭を切って、しっかりと目を内側に大きく広げてほしいというご要望でした。
そのため、手術は目頭切開Z法に準じて行い、大きめのZをデザインして、極端な不自然な目にならない範囲内で、できる限り目を内側に広げることになりました。
手術の結果、約3.0mmずつ目が内側に広がり、蒙古襞の突っ張りも目立たなくなりました。
また、目頭側の二重の幅が広がり、平行型の二重が強調されるようにもなりました。
この患者様のように、元々目と目の間隔が広い人は、ある程度しっかりめに目頭切開することもあります。
ただし、目と目の間隔がそこまで広くない人がこれくらい目頭を切ってしまうと、寄り目になったり、キツい印象の目になってしまうこともあります。

ページトップへ戻る

目頭切開で蒙古襞を広げて目を大きくした30代後半女性の症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開Z法で目を内側に2mm弱ずつ広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸直後は傷跡の赤みや盛り上がりがありますが、翌日からアイメイクすることができます。
3週間後
3週間後です。
だいぶ傷跡の赤みと盛り上がりは引いています。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
さらに赤みと盛り上がりは引いています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代後半の女性患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、蒙古襞がそれなりに発達しており、目頭の形がやや丸く、尚且つ、目と目の間隔がやや広い状態でした。
患者様は、キツくなったり寄り目にならないように目を内側に大きくして、華やかな印象になりたいというご要望だったので、目頭切開Z法に準じて、2mm弱ずつ目を内側に広げることになりました。
手術後は、寄り目になったりキツい印象になることなく、自然に目が内側に大きくなって、バランスが良くなりました。
Z法のデザインで行ったため、目頭の形が不自然に丸くなったり、パンチで穴を空けたようにはならず、自然に尖った形になり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開、眼瞼下垂手術、タレ目形成を同時に行った症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開、眼瞼下垂手術、タレ目形成を同時に行うことになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
3つの手術を同時に行ったので、腫れが強く出ています。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
眼瞼下垂手術は小切開法(ミニ切開法、部分切開法)に準じての皮膚切開で行っています。
6日後
目を開けた状態
6日後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ていませんが、まだまだ腫れています。

目を閉じた状態
6日後の目を閉じた状態です。
小切開法に準じて切開した眼瞼下垂手術の二重のラインの傷跡は食い込みが強いのですが、腫れが引くともっと平らになります。
3週間後
目を開けた状態
3週間後です。
まだ腫れは残っています。

目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
まだ二重のラインの傷跡の食い込みと赤みがあります。
3ヶ月後
目を開けた状態
3ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだわずかに残っています。

目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。
二重のラインの傷跡の食い込みと赤みはだいぶ改善しました。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡の食い込みと赤みは目立ちません。

メイクあり
6ヶ月後のメイクありの状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
 
  After(6ヶ月後の目を閉じた状態)
 
  After(6ヶ月後メイクあり)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小さい目がコンプレックスで、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、確かに目が小さく、眼球自体が小さい上に、骨格的に眼球の付いている位置が離れている状態でした。
まぶたの開きが良くないため、眼瞼下垂手術を行い、程よくまぶたの開きを改善することになりました。
患者様のご希望もあり、眼瞼下垂手術をする際に平行型二重を作ることになりました。
更に目を大きくするために、目頭切開とタレ目形成手術(グラマラスライン形成)も同時に行うことになりました。
目尻切開も同時に行うと更に目が大きくなるのですが、諸事情により、今回は目尻切開は行わないことになりました。
眼瞼下垂手術の際は、必要最小限の眼窩内脂肪は除去し、皮膚切除やROOF切除は必要がないので行いませんでした。
目頭切開はZ法に準じて行い、目頭の形が程よく尖ったまま2mm弱ずつ目を内側に広げました。
タレ目形成は、下まぶたの黒目の外側を約2mm下方向に下げ、余った下まぶたの皮膚を切除して縫合しました。
術後は一回り目が大きくなり、患者様には満足していただきました。
眼瞼下垂手術も目頭切開もタレ目形成も、物理的にはもっと目を大きくすることができるのですが、これ以上行ってしまうと不自然さが強くなって、かえってバランスが悪くなってしまうので、この程度が最善だと思います。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開で、平行型二重のまま目を内側に広げた症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや目と目が離れていて間隔が広いです。
目頭切開をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
Z法に準じて行い、内側に約1.5mmずつ広げました。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
赤みや盛り上がりはだいぶ引きました。
6ヶ月後
メイクなし
6ヶ月後です。
赤みや盛り上がりはほぼ引いています。

メイクあり
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
 
  After(6ヶ月後メイクあり)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、二重は平行型のラインがあるのですが、目と目の間隔がやや広めでした。
適度に蒙古襞が張っていますが、特別強く張っているほうでもありませんでした。
そのため、寄り目になってキツい印象になったり、異様な顔貌ならないように、Z法に準じて目頭切開を行い、内側に約1.5mmずつ目を広げることになりました。
手術後は、程よく目が大きくなって、華やかな印象になり、目のバランスも良くなりました。
また、平行型二重のまま目が大きくなり、患者様には大変満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開でキツくなったり寄り目にならないように自然に目を大きくした症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開Z法で、目頭の形を適度に尖らせたまま約2mm弱ずつ目を内側に広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
傷跡は赤いですが、赤みは時間の経過と共に必ず引いていきます。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ多少傷跡の赤みがあります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
傷跡の赤みはだいぶ引きましたが、まだわずかに残っています。
あと3~4ヶ月程度で更に引きます。
ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、特別目が小さいわけではなかったのですが、若干目と目の間隔が広めでした。
コンピューターシミュレーションで、目頭切開で約2mm弱ずつ広げた画像をお見せしたところ、患者様に納得していただき、目頭切開をすることになりました。
Z法に準じて行い、目頭の形が適度に尖ったまま内側方向に約2mmずつ広げました。
術後は、印象がキツくなることはなく、寄り目になることもなく、目が大きくなって、華やかな印象になりました。

ページトップへ戻る

目頭切開Z法で、形を尖らせたまま2mm弱ずつ内側に広げた症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや目と目の間隔が広いです。
目頭切開Z法で目を内側に2mm弱ずつ広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
皮膚が白くなっているのは局所麻酔注射液に含まれる血管収縮剤によるものなので、2~3時間で元に戻ります。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
抜糸した翌日からアイメイクしていただいて大丈夫です。
3週間後
3週間後です。
まだ傷跡の赤みがわずかにあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
傷跡の赤みはほぼ消えています。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、眼球自体がやや小さめであり、眼球がついている眼窩(眼球を入れている骨の枠組みの部分)がやや外側気味にあるタイプの骨格でした。
そのため、目の横幅が小さく、目と目の間隔も広めでした。
目頭切開Z法で、目頭を軽く尖らせたまま、2mm弱程度ずつ内側に広げました。
手術後は程よく自然な範囲内で目が内側に大きくなり、手術前に比べて華やかでバランスの良い目元になりました。
この患者様のように、眼球のついている位置自体が外側気味の場合、目頭切開で、目の横幅と、目と目の間隔の比率を1:1:1にしてしまうと、涙丘丸見えで外斜視気味の異様な願望になってしまうことがあります。
この患者様はこのデザインで手術するのがベストだと思われました。

ページトップへ戻る

まぶたの開きに左右差がある症例に、目頭切開+二重まぶた全切開法で平行型二重を作った症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
まぶたの開きに左右差があります。
目頭切開+二重まぶた全切開法で平行型二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血がありますが、この程度の内出血はあと数日で引きます。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ腫れています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開と二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ一重まぶたでしたが、アイプチやアイテープの癖が中途半端についており、普段作っていると思われる二重のラインがありました。
また、左に比べて右のまぶたの開きが少し悪い状態でした。
蒙古襞は適度に発達して張っていました。
まぶたの開きの左右差に関しては、眼瞼下垂の手術をすることも考慮しましたが、左右同じデザインで二重まぶた全切開法である程度改善できることが見込めたので、二重まぶた全切開法をすることになりました。
同時に目頭切開をして、目を内側に広げることになりました。
二重まぶた全切開法は、患者様の希望で、普段アイプチやアイテープをしているラインで切開して、平行型二重を作りました。
皮膚切除、眼窩内脂肪の除去、ROOFの除去はしていません。
目頭切開はZ法に準じて行い、適度に尖るデザインで1.5mmずつ内側に広げました。
術後は、まぶたの開きの左右差はわずかに残っていますが、術前に比べるとかなり改善しました。
また、患者様の希望通りの平行型二重にもなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開で蒙古襞の突っ張りをとり、目を内側に広げた30代女性の腫れが引いていく症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
蒙古襞が張っており、それによって目の横幅が若干小さめです。
目と目の間隔もやや広めです。
目頭切開をして蒙古襞の突っ張りを解除し、目を内側に広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
Z法で約2mmずつ広げました。
手術直後は局所麻酔注射の影響もあり、腫れていて、突っ張った感じにもなっています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸した翌日からアイメイクしても大丈夫です。
3週間後
3週間後です。
傷跡はだいぶ目立たなくなっています。
8ヶ月後
8ヶ月後です。
傷跡の赤みや腫れはほぼ引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(8ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、目頭切開を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、適度に蒙古襞が張っており、それにより涙丘(目頭側のピンク色の粘膜が盛り上がっている部分)が隠れ、目の横幅が小さくなっていました。
蒙古襞があることにより、目と目の間隔がやや広めでした。
また、狭い二重のラインがあるのですが、蒙古襞が張っているため、目頭側では狭い二重のラインが蒙古襞の中に入り込み、末広型の二重になっていました。
患者様は、特別平行型の二重は望んでいなかったため、目頭切開Z法で約2mmずつ目を内側に広げることになりました。
術後は適度に蒙古襞が残った状態で、自然な範囲内で目が大きくなりました。
この患者様の場合、もっと大きなZで目頭を行い、もっと目を内側に広げると、目頭切開を行うだけで平行型二重を作ることができます。
しかし、その場合、黒目の位置は変わらないため、外斜視が強調された異様な目になってしまうため、この患者様はこのデザインがベストだと思います。

ページトップへ戻る

他院で二重まぶた切開法を受けた後、眼瞼下垂手術に準じて修正し、同時に目頭切開も行った症例
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
当院来院時
当院来院時です。
6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けています。
二重まぶた全切開法に準じて眼瞼下垂手術で修正し、同時に目頭切開もすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響もあり、強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血が見られますが、翌日からアイメイクすることができるので、アイメイクをすれば内出血を隠すことができます。
内出血は、あと1週間もすれば、ほぼ完全に消えます。
3週間後
3週間後です。
内出血は完全に消えていますが、まだ腫れはあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(修正手術後6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたを開ける力に左右差があり、それによって、目を開けた状態での二重の幅に左右差がありました。
この眼瞼下垂の原因が、先天性のものなのか、通常の腱膜性のものなのか、前回の他院での手術からの医原性のものなのかははっきりとしませんでしたが、これを治さなければ非対称は治らない状態でした。
手術は、二重まぶた全切開法に準じ、前回の他院での切開線を切除し、アプローチしました。
また患者様は、目頭切開もしたいというご要望だったので、同時に行うことになりました。
二重のラインから内部を展開し、瞼板の上端を露出し、挙筋腱膜の断端と縫合したところ、開瞼が改善したため、左右均等に開瞼するように調節しました。
瞼板と挙筋腱膜を縫合した部位を拾って皮膚縫合し、新たに二重のラインを作り直しました。
目頭切開はキツい寄り目にならない程度に約1.5mmずつZ法で内側に目を広げました。
術後は二重の幅の左右差が改善し、全体的に目が大きくなり、修正前よりはっきりとした印象の目になりました。

ページトップへ戻る

眼球自体が小さく開きも悪い目に対して、目頭切開+眼瞼下垂手術で目を一回り大きくした症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開+眼瞼下垂手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血がありますが、あと1週間くらいでほとんど引くので心配ありません。
3週間後
3週間後です。
内出血は引いています。
まだ多少の浮腫が残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目が小さいのが悩みで来院されました。

診察させていただいたところ、眼球自体が小さく、目の縦幅も横幅も小さい目をしてらっしゃいました。

眼球そのものが小さいため、黒目も小さい状態でした。

また、まぶたの開きも悪いため、余計に目が小さいのが強調されていました。

手術は、目頭切開で目を内側に広げ、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くし、自然な範囲内で可能な限り目を大きくすることになりました。

目頭切開はZ法に準じて行い、目頭の形が自然に尖るように、丸く張っている蒙古襞を内側に約3.0mmずつ広げました。

眼瞼下垂手術は、黒目が見えすぎたり、上三白眼になって、キツい目やビックリ目にならない範囲内でまぶたの開きを良くし、合わせて、自然な範囲内の二重幅で末広型二重を作りました。

手術後は目が一回り大きくなり、だいぶ印象が変わりました。

術後でもまだ目が小さい印象がありますが、これ以上目頭切開で目を内側に広げたり、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くしてしまうと、キツい目になったり、不自然な目になってしまいます。

これ以上目を大きくする場合は、目尻切開で目を外側に広げ、タレ目形成(グラマラスライン)で黒目の外側の下まぶたを下げるのがよいです。

今回は、諸事情により、目尻切開やタレ目形成よりも大きな効果が見込める(この患者様の場合です)目頭切開と眼瞼下垂手術をしました。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶた全切開法で平行型と末広型の中間くらいのラインになった症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法を同時にすることになりました。
手術直後
手術直後です。
強い腫れがありますが、局所麻酔注射によるものが大きいです。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血は出ていません。
3週間後
3週間後です。
まだ腫れはありますが、比較的腫れが引くのが遅いです。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶたにしたいというご要望でした。

診察させていただいたところ、すでに二重まぶただったのですが、二重の幅が見えているのは目尻側のわずかな部分だけであり、そこから内側は奥二重の状態でした。

奥二重の部分は、二重のラインが被さっている皮膚のかなり奥のほうにあるため、目が細く見えていました。

患者様は、「ちゃんと内側まではっきり二重の幅が見える二重で、目がぱっちり大きく見えるようになりたい」というご希望でしたので、目頭切開で張っている蒙古襞を少し解除し、二重まぶた全切開法で二重の幅を広げることになりました。

目頭切開はZ法で行い、蒙古襞を皮弁にして内側の皮膚の切り込んだ部分にはめ込み、内側に約1.5mmずつ目が広がるようにしました。

二重まぶた全切開法は、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える程度の広さで二重のラインを作り、わずかに眼窩内脂肪は除去しましたが、皮膚やROOFの切除は行いませんでした。

術後は、目を開けた状態で、目頭側から目尻側までわずかに二重の幅が見える、平行型と末広型の中間のような二重になりました。

適度に二重の幅のある二重をつくると、蒙古襞の張り具合により、このような平行型と末広型の中間のような二重のラインになることがあります。

そのような二重は、蒙古襞の張り具合と二重の幅により、結果的に平行型と末広型の中間のような二重になることが多く、蒙古襞の張りと設定する二重の幅の広さ、元の目の状態によっては、平行型と末広型の中間のような二重を作ることが物理的に不可能な場合もあります。

ページトップへ戻る

目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行った症例
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行うことになりました。

顎を引いて睨んだ状態
手術前の顎を引いて睨んだ状態です。
手術直後
手術直後です。
4つの手術を同時に行ったので、強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
内出血がありますが、抜糸した翌日からアイメイクすることが可能です。

目を閉じた状態
6日後の目を閉じた状態です。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかな腫れはあります。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
9ヶ月後
9ヶ月後です。
完全に腫れは引いています。

顎を引いて睨んだ状態
9ヶ月後(顎を引いて睨んだ状態)です。
目の下の脂肪の膨らみがなくなっているのがよく分かります。

目を閉じた状態
9ヶ月後(目を閉じた状態)です。
ビフォー・アフター
Before After(9ヶ月後)
 
  After(9ヶ月後)
(目を閉じた状態)
Before After(9ヶ月後)
(顎を引いて睨んだ状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目元をもっと良くしたいというご要望で来院されました。
ある程度幅のある平行型の二重にして、もっと目を大きくして、目の下のクマも改善させたいというご希望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは良いのですが、目の横幅はそれほど大きいわけではありませんでした。
また、二重の幅、形に左右差があり、目の下には眼窩内脂肪の膨らみがあり、クマを強調させていました。
眼瞼下垂手術をする必要はないので、二重まぶた全切開法で二重の幅を広げて平行型二重を作り、目頭切開と目尻切開で目の横幅を広げることになりました。
目の下のクマに対しては、下まぶたの内側から余分な眼窩内脂肪を除去することになりました。
二重まぶた全切開法は、適度に二重の幅が見えるようにデザインし、皮膚切除は行わず、眼窩内脂肪やROOFの切除も行いませんでした。
目頭切開は、寄り目になったりキツい目にならない程度に、Z法で1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開は、できる限り最大限広げ、1.5mmずつ外側に広げました。
術後はご希望通りの平行型二重になり、目の横幅も広がって、目の下のクマも改善し、患者様には大変満足していただきました。
目元の手術を複数行う場合、全て同時に行うこともできるし、日にちを空けて別々に行うこともできます。
同時に行っても別々に行っても、最終的な仕上がりに差が出ることはほとんどありませんが、同時に行うほうが、通院回数が最小限で済むし、ダウンタイムも1回で済むのでおすすめではあります。

ページトップへ戻る

目頭切開+眼瞼下垂手術で、アイラインを引いても奥二重のようにならない幅のある平行型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+眼瞼下垂手術をして、平行型二重を作り、アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと幅が見える二重になるようにデザインしました。

手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ませんでした。
抜糸した次の日からアイメイクすることができます。

1ヶ月後(目を開けた状態)
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れは残っています。

3ヶ月後(目を開けた状態)
3ヶ月後です。
かなり腫れは引きましたが、まだわずかに腫れは残っています。

▼上 メイクなし /中 カラコンあり / 下 メイクあり

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

6ヶ月後(カラコンあり)
6ヶ月後のカラコンありの状態です。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のメイクありの状態です。
メイクは普段しているメイクをご自分でしていただきました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術を希望されていました。
診察させていただいたところ、目尻側にわずかに幅が見える程度の奥二重でした。
また、目の横幅が小さく、適度に蒙古襞があり、目と目の間隔も広めでした。
患者様は、「アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重の幅が見えるくらいの平行型二重にしたい」というご要望でした。
この患者様のまぶたの開きで、アイラインを引いても奥二重のようにならないくらいの幅で二重を作ると、二重のラインの下の皮膚が睫毛の生え際に被さり、その分、黒目の出る割合が少なくなってしまいます。
そのため、二重まぶた全切開法に準じて幅広の平行型二重を作り、同時に眼瞼下垂手術を行い、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜の前転をすることになりました。
また、目を内側に広げ、目の横幅を広げるためと、綺麗な平行型二重を作る目的で、目頭切開もすることになりました。
眼瞼下垂手術をする際、適度に眼窩内脂肪を切除しました。
皮膚切除、ROOF切除は行っていません。
目頭切開はZ法に準じて行い、約1.5mmずつ内側に広げ、内田法(W法)のようにパンチでくりぬいたような丸い目頭ではなく、綺麗に斜め下気味に尖った感じの目頭になるようにしました。
術後は、患者様のご希望通りの、アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重の幅が見えて、二重だとわかる目になり、大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶた全切開法で、幅が広すぎなく適度な狭さの平行型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後の目を開けた状態です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸翌日からアイメイクすることができます。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)
1ヶ月後です。
大きな腫れは引きましたが、まだわずかに腫れています。

1ヶ月後(目を閉じた状態)
1ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 メイクなし /中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり

6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のメイクありの状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、目の上のほうが少し窪んでいる状態でした。
また、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔がやや広く、離れていました。
患者様は、「幅の狭い平行型二重で、目頭側から目尻側まで同じ幅になるように、綺麗で、可愛らしくて、丸い感じのぱっちり目にしてほしい」というご要望でした。
この状態の目に対して、患者様の希望する二重を作る場合は非常に難しいです。
平行型二重を作ろうとすると、発達している蒙古襞を乗り越えないといけないため、二重の中央~外側の幅が広くなってしまいます。
そのため、突っ張っている蒙古襞を、目頭切開Z法で少し解除し、残存する蒙古襞を乗り越えるように、幅の広すぎない二重を全切開法で作るようにしました。
この方は、元々目が窪んでいるため、眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)は切除しませんでした。
また、皮膚の切除も必要ないため、行いませんでした。
術後は、術前に患者様が希望した、目頭側から目尻側までほぼ同じ幅の、幅が広すぎない平行型二重になりました。
また、蒙古襞の突っ張りが解除されて平行型二重になったため、つり目っぽくてキツい印象が和らぎました。
目頭切開で約1.5mmずつ目が内側に大きく広がったため、離れていた目と目の間隔が程よく近づき、バランスの良い目になったため、患者様には大変喜んでいただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶた全切開法で、大きく印象を変えずに目をぱっちりさせた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
以前に埋没法で二重を作っています。
今回、目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ傷跡の赤みや浮腫みがありますが、これも必ず引くので心配ありません。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
2ヶ月後
2ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。
まだわずかに傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。

2ヶ月後のメイクあり
2ヶ月後のメイクありです。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目頭切開と二重まぶた切開法を希望されていました。
診察させていただいたところ、以前に二重まぶた埋没法をしており、目を開けた状態で少し二重の幅が見える末広型二重になっていました。
また、やや蒙古襞が張っているためか、目の横幅が小さく、目と目の間隔が広がっていました。
患者様のご要望は、
「あまり顔の印象を変えずに目をぱっちりさせたい」
「埋没法をやった当初に比べ、糸が緩んで幅が狭くなってきたので、幅が狭くなったり元に戻ったりしないようにしてほしい」
ということだったので、目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法に準じて行い、術前の目頭が
斜め下に尖った状態のまま、真横に約1.5mmずつ広がるようにしました。
二重まぶた全切開法は、目の印象があまり変わらないように、わずかに二重幅が広がる程度に切開し、ぱっちりとした二重になるように内部処理を行い、二重のラインを作りました。
皮膚切除、ROOF切除はしませんでしたが、わずかに眼窩内脂肪を切除しました。
術後は、ご要望通り、目の印象を大きく変えないように、はっきりとした印象の大きい目になり、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開+目尻切開で目の横幅を内側と外側に広げた20代女性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開と目尻切開をして、目の横幅を内側と外側に広げることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響などで腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
右目のしたの黒子をCO2レーザーで除去したので赤くなっています。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
4ヶ月後(メイクなし)
4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

4ヶ月後(メイクあり)
4ヶ月後のメイクありです。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目の横幅を広げたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは比較的良く、黒目は8割程度出ているのに対し、目の横幅は弱冠狭めの印象がありました。
また、やや蒙古襞が発達しており、それによって、目と目の間隔が弱冠離れているようにみえました。
目頭切開と目尻切開を行い、目の横幅を内側と外側に広げることになりました。
目頭切開はZ法に準じて行い、目頭の先端が丸くならないように、やや斜め下方向気味に尖る形で約2mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW字型に切開し、約1.5mmずつ(1.5mmずつが最大限でした)外側に広げ、広がった分の目尻は、上下にも広がるようにしました。
術後は、目が内側にも外側にも広がり、全体的に目の横幅が大きくなりました。
また、目頭切開を行った効果で、目と目が離れている印象がなくなって、バランスが良くなり、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作った20代女性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあるので、予定よりだいぶ二重の幅が広いです。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れていますが、翌日からアイメイクすることができます。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ大きな腫れは引きました。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の腫れが引いた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3ヶ月後
3ヶ月後です。
かなり腫れは引きました。

3ヶ月後の目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
過去に埋没法をしていたのですが、かなり幅の広い平行型二重を作っていたので、埋没糸が緩み、希望よりかなり幅の狭い二重になっていました。
患者様は、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、十分に二重だと分かるくらいの幅の広い二重希望されており、尚且つ、永久的に元に戻ったり、幅が狭くならない手術を希望されていたため、二重の手術はミニ切開法で行うことになりました。
また、なるべく目頭側の二重の幅が狭くならないようにしてほしいという御要望でした。
この患者様は、蒙古襞が斜め下方向に突っ張っており、幅の広い二重を作るだけだと、平行型になっても、目頭側の二重の幅が狭くなってしまうため、目頭切開も同時にすることになりました。
二重まぶたミニ切開法は、皮膚の切除は行わず、最小限の眼窩内脂肪を切除し、ROOFの切除は行いませんでした。
目頭切開はZ法に準じて行い、蒙古襞の突っ張りを解除して、目頭側の二重の幅が広くなるようにし、目が内側に1.5mmずつ大きくなるようにしました。
術後は、目を開けた状態で、十分に二重の幅が見え、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、奥二重のようにならず、十分に二重の幅が見えるようになり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開で目を内側に大きくし平行型二重を際立たせた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開Z法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
傷跡に細い青色透明の糸がついています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクしても大丈夫です。

3週間後
3週間後です。
腫れや赤みはだいぶ引いています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
腫れはほぼ引いています。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

施術体験者の声施術体験者の声

幹弥先生なので、ほとんどおまかせしてお願いしました!ナチュラルな、ちょうどいい目頭になれたと満足しています。ありがとうございました。
スタッフさんも皆さん優しくて色々と気づかってくれて安心できました。
本当はもっとがっつり切ろうと思っていたのですが、先生の言うとおりナチュラルにして正解だったと思います。
また何かするときは、必ず幹弥先生でおねがいしたいと思ってます。よろしくおねがいします。

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
この患者様は、以前に二重まぶた全切開法で平行型二重を作っていましたが、やや蒙古襞が発達しており、目と目の間隔が広めでした。
目と目が離れているため、どことなく子供っぽい印象だったので、目頭切開をして、蒙古襞のつっぱりを解除し、目を内側に広げ、平行型二重を際立たせることになりました。
手術はZ法に準じて行い、目頭が斜め下方向に尖った形をキープしつつ、内側に1.5mmずつ目が大きくなるようにしました。
術後は程よく目が内側に大きくなったことにより、子供っぽい印象から大人っぽい印象になりました。
また、目頭切開をしたことにより、蒙古襞のつっぱりが解除され、目頭側の二重の幅が少し広がり、平行型二重がより際立つようになりました。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶた全切開法でわずかに幅が見える末広型二重を作った男性の症例写真の腫れが引いていていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
腫れているため、予定よりかなり二重の幅が広くなっています。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
血がついていて痛々しく見えますが、手術後の痛みはそれほどないのでご安心ください。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
軽い内出血がありますが、1週間くらいで消えるので心配ありません。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡が食い込んでいます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
8ヶ月後
8ヶ月後です。
腫れは完全に引き、完成です。

8ヶ月後の目を閉じた状態
8ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はだいぶ平らになり、目立たなくなりました。
ビフォー・アフター

(8ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代男性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたが分厚い奥二重でした。
また、まぶたを開く力が非常に強く、奥二重であるにも関わらず、普通に目の開けた状態で、黒目が9割近く見えていました。
患者様は、普通に目を開けた状態で、二重の幅が見える二重にしてほしいというご要望でした。
この患者様のように、目を開ける力が強い人に、目を開けた状態で二重の幅が見えるようにするには、目を閉じた状態で、かなり幅の広い位置で二重のラインを作らなければなりません。
そのため、二重まぶた埋没法だと、すぐに糸が緩んで、二重の幅が狭くなったり、二重が取れて元に戻ってしまうため、二重まぶた全切開法で二重を作ることになりました。
また、やや蒙古襞が発達しており、目の横幅が小さく、目と目の間隔も広かったため、目頭切開もすることになりました。
二重まぶた全切開法は、皮膚の切除は行わず、適度に眼窩内脂肪とROOFを切除して二重をつくりました。
目頭切開はZ法に準じて行い、目頭が適度に尚且つ自然に尖るように、約1.5mmずつ内側に広げました。
術後は、患者様の希望通りのわずかに二重の幅が見える自然な末広型二重になりました。
また、適度に目頭切開を行ったことにより、目の横幅が広がって、バランスの良い目元になり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開Z法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
腫れがあり、糸がついています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクが可能です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
傷跡の赤みや腫れはほぼ完全に引いています。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、蒙古ひだが強く張っており、目と目の間隔が広めでした。
目頭切開の適応があったので、患者様の希望通り、目頭切開をすることになりました。
手術は、蒙古ひだを皮弁に含めるZ法に準じて行い、目が内側に1.5mmずつ広がるようにしました。
Z法なので、下手なW法や三日月皮膚切除法のように目頭の形が丸くならず、綺麗に斜め下方向に軽く尖るように広がりました。
術後は傷跡もほとんど目立たず、患者様には大変満足していただきました。
目頭切開Z法は、他のW法や三日月皮膚切除法などに比べると、傷跡が目立たない傾向にあります。
また、目頭切開はたくさん切れば切るだけ傷跡は長くなります。
Z法で軽く1.5mmずつ切るのは傷跡が比較的短めにすむため、傷跡が目立たなくなる傾向にあります。

ページトップへ戻る

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で末広型二重を作った症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
目を閉じると、糸がついているのが見えます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
狭い二重を作ったので、大きな腫れは目立ちません。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
かなり腫れは引いています。

1ヶ月後の目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ傷跡が食い込んでいますが、目立たなくなっていきます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡も目立たなくなりました。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目が小さいうえに、加齢によって、上まぶたの皮膚が被さっていることを気にされていました。
診察させていただいたところ、眼球自体がやや小さく、目の横幅、縦幅がともに小さめでした。
眼球がついている位置自体が外側気味な上に、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔がかなり広く離れていました。
また、元々一重まぶたの上に、加齢によって上まぶたの皮膚が被さり、三角形の目になっていました。
患者様は、「自然で若々しい目にして、尚且つ、目を大きくしてほしい」というご要望だったので、目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法に準じて、目が内側に2mmずつ広がるようにしました。
二重まぶたミニ切開法は、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見える程度の自然な二重を作りました。
術後は自然な若々しい末広型二重になり、患者様には大変喜んでいただきました。
元々、かなり目と目の間隔が広いため、目頭切開をしても、まだ目と目が離れている印象がありますが、これ以上目頭を切ってしまうと、涙丘(目頭の赤色の粘膜の部分)が丸見えになって、キツい印象になってしまう上に、ロンパリ(外斜視)気味の目になってしまうので、目頭切開はこの程度で良かったと思います。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広い平行型を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
縫合した糸が見えます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術後2週間
手術後2週間です。
大きな腫れは引き、内出血もありません。

手術後2週間の目を閉じた状態
手術後2週間の目を閉じた状態です。
まだ傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。

▼上 メイクなし /中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり

6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡の赤みも引きました。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のメイクありです。
幅広い平行型二重なので、派手なアイメイクが似合います。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、派手な化粧が似合う、幅の広い平行型二重になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや蒙古襞が張っており、目を開けた状態で適度に二重の幅が見える末広型二重をしていました。
目と目の間隔は、若干広めでした。
手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開は、Z法に準じて行い、少し蒙古襞の突っ張りを解除するように、内側に約1.5mmずつ広がるようにしました。
二重まぶたミニ切開法は、目頭切開後に残存している蒙古襞を乗り越えるように幅の広い平行型二重を作り、目を開けた状態で十分に幅の広い二重が見えるようにしました。
この患者様は、元々それほどまぶたの脂肪は多いほうではありませんが、幅の広い二重を作ったため、二重のラインに被さる分の眼窩内脂肪を適量切除しました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はしていません。
ROOFの切除は必要がないのでしていません。
術後は、アイラインをしっかり引いても、十分に二重の幅が見える、派手なアイメイクが似合う幅の広い平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引きました。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、小さいつり目が悩みで、目を大きくして、つり目を解消したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや蒙古襞が発達しており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広めでした。
また、元々、下三白眼であり、黒目の真下の白目が少し見えている状態でした。
目頭切開で目を内側に広げ、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)で下まぶたの外側を下に下げることになりました。
目頭切開は、Z法に準じて蒙古の突っ張りを少し解除し、目が内側に約2mmずつ大きくなるようにしました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、これ以上三白眼が酷くならないように、黒目の真下は下がらないように、下まぶたの黒目の外側が約2mm下がるようにしました。
術後は目が一回り大きくなり、つり目も改善し、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開 眼瞼下垂(がんけんかすい)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+眼瞼下垂手術をして、幅広平行型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

▼上 メイクなし / 中 カラコンあり / 下 カラコン、メイクあり

6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後(カラコンあり)
6ヶ月後カラコンありです。

6ヶ月後(カラコン、メイクあり)
6ヶ月後カラコン、メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目が小さいのが悩みで、目を大きくして、派手なデカ目メイクが似合う幅広平行型二重にしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、眼球自体が小さいため、横幅、縦幅ともに小さい目をしてらっしゃいました。
まぶたの開きがあまり良くない上に、一重まぶたで皮膚が被さっており、それによって、目の縦幅が小さいのが強調されていました。
また、蒙古襞が発達していたため、目の横幅が小さいのに拍車をかけ、目と目の間隔が大きく広がっていました。
手術は、目頭切開と眼瞼下垂手術を行い、できるだけ目が大きく見えるようにしました。
目頭切開は、Z法に準じて行い、突っ張っている蒙古襞を解除するように、目が内側に約2mmずつ大きくなるようにしました。
眼瞼下垂手術は、普通に目を開けて、黒目が8~9割程度見えるように調節し、幅広い平行型二重になるように、二重まぶた全切開法に準じて内部処理を行い、二重を作りました。
術後は、目が一回り大きくなって、希望通りの派手なアイメイクが似合う幅広平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)、目尻切開、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法+目頭切開+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行うことになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後抜糸直後の目を閉じた状態
1週間後抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。

3週間後の目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡の赤みがあります。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はほとんど分かりません。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、小さな目がコンプレックスで、目を一回り大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは悪くないのですが、眼球が小さいため、目の縦幅、横幅共に小さいという状態でした。
また、二重まぶたでしたが、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見えている程度の二重でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行い、二重の幅を広げ、目を一回り大きくすることになりました。
二重の幅は、あまり広げすぎると、まつ毛の生え際に皮膚が被さり、まぶたの開きが悪くなり、かえって眠たそうな目になるため、二重まぶたミニ切開法は、末広型のまま、少し二重の幅を広げる程度のデザインで行いました。
目頭切開はZ法で行い、目がキツくなったり寄り目にならない程度に、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW法に準じて行い、最大限1.5mmずつ外側に広げ、同時に上下にも広げました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下三白眼にならないように、下まぶたの黒目の真下は下がらないように、黒目の外側を約2mmずつ下げるようにしました。
術後は目が自然な範囲内で二重の幅が広がって、目の横幅、縦幅が大きくなったため、目が一回り大きくなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作ることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後(目を開けた状態)
3週間後です。
まだ腫れがあります。

3週間後(目を閉じた状態)
3週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、幅が広めの平行型二重を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、過去に二重まぶた埋没をしていますが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしておらず、左右非対称の目になっていました。
蒙古襞が張っており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広がっていました。
また、アイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚が被れて分厚くなっており、シワが何本もできていました。
手術は、目頭側に幅がある綺麗な平行型二重を作るために目頭切開を行い、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。
目頭切開は蒙古襞の形に合わせてZ法で行い、内側に約1.5mmずつ広げました。
二重まぶたミニ切開法は、蒙古襞を乗り越えるように幅が広めの二重を作り、平行型二重になるようにしました。
皮膚切除、眼窩内脂肪、ROOF切除はしていません。
術後は患者様の希望通りの幅が広めの平行型二重になり、満足していただきました。

ページトップへ戻る

目頭切開
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開Z法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
目頭の部分は腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
少し傷跡の赤みがあります。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
傷跡の赤みは引いています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
赤みや腫れは引き、ほぼ完成の状態です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代男性の患者様で、目の横幅が小さいのが悩みで来院されました。
診察させていただいたところ、やや蒙古襞が発達しており、目の横幅が小さく、目と目の間隔も広い状態でした。
切れ長の目になりたいという御要望だったので、目頭切開を行い、目を内側に広げることになりました。
手術はZ法のデザインで行い、目頭が内側に2mm弱ずつ広がるようにしました。
術後は程よく目の横幅が広がったことによって、涼しい感じの切れ長の目になり、寄り目になってキツくなることはありませんでした。
また、Z法で行ったため、程よく内側に尖った綺麗な目頭の形になり、傷跡もほとんど目立たなくなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
蒙古襞が強く張っている一重まぶたです。
目が細くてキツい印象が強いです。
目頭切開+二重まぶた全切開法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸した翌日からアイメイクすることが可能です。

3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ完成ではありません。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
目尻側だけ少し幅が見えるほぼ奥二重の末弘型っぽい二重になりました。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶたに希望で来院されました。
診察させていただいたところ、一重まぶたで、まぶたの皮膚が大きくかぶり、非常に細い目をしていました。
また、蒙古襞が下方向に強く張っており、キツい印象をしていました。
患者様は、「自分の目に合った自然な二重まぶたにしたく、整形っぽくなるのは嫌」という御要望でした。
手術は目頭切開Z法と二重まぶた全切開法をすることになりました。
目頭切開Z法で蒙古襞の突っ張りを解除し、内側に1.5mmづつ目が大きくなるようにしました。
二重まぶた全切開法は末弘型っぽい奥二重になるようにデザインし、この患者様の目に合った自然な二重になるようにしました。
二重まぶた全切開法では、適度に眼窩内脂肪を切除し、皮膚切除、ROOF切除は行っておりません。
術後は細くてキツい印象の目が丸く大きな目になり、優しい印象になりました。
この患者様のようなまぶたの開きが良い目には、このような末弘型っぽい奥二重が最も自然に仕上がります。
もし、目を開けた状態で二重の幅が見えるようにデザインすると、二重のラインの下の皮膚がぷっくりとふくらみ、まつ毛の生え際に被さり、やや不自然な目になります。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法をして、やや幅の広い平行型二重を作ることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
眼窩内脂肪とROOFを大量に切除したので、まだ内出血があり、腫れています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が厚く、蒙古襞が適度に発達して目と目の間隔がやや離れており、アイプチやメザイクなどの影響で、まぶたにシワがたくさんできていました。
平行型二重を希望されていたので、寄り目になってきつくならない程度に目頭切開をして、蒙古襞の張りを少し解除し、その解除された蒙古襞を乗り越える幅の広めの二重を全切開法で作ることになりました。
目頭切開は、Z法で約1.5mmずつ内側に広げるようにしました。
二重まぶた全切開法は、目を閉じた状態で約11mmの位置で切開し、適度な量の眼窩内脂肪とROOFを切除しました。
皮膚の切除はしませんでした。
術後は、離れていた目と目の間隔のバランスが良くなって、蒙古襞の張りが適度になくなり、目頭側にわずかに幅のある平行型二重になりました。
皮膚が厚いまぶたに、やや幅の広い二重を作ったので、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がややぷっくりして、まつ毛の生え際の上に被さり、ややまつ毛の生え際が隠れていますが、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 目尻切開、眼瞼下垂(がんけんかすい)、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

手術直後
手術直後です。
全体的に腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸しました。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
一周り目が大きくなりました。
ビフォー・アフター


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
目が小さいのが悩みで、全体的に目を大きくしたいというご希望でした。
診察したところ、一重まぶたで、まぶたの開きが悪く、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔が広く、ややつり目で、目の横幅が狭いという状態でした。
目頭切開、目尻切開、タレ目形成、眼瞼下垂手術を同時に行い、目を一周り大きくすることになりました。
目頭切開はZ法で約2mmずつ内側に広げ、目頭の形が綺麗に尖るようにしました。
目尻切開は内田法に準じたデザインで行い、目尻を最大限外側に広げたところ、約1.5mmずつ広がり、尚且つ、目尻が上下にも広がるようにもしました。
タレ目形成は内部処理を行い、約2mm下まぶたの外側を下げ、皮膚の切除(一番幅のあるところで約3mm)も行いました。
眼瞼下垂手術は平行型二重になるようにデザインして行い、黒目が8割程度出るように、挙筋腱膜を瞼板に前転固定しました。
眼窩内脂肪は少量切除しましたが、ROOFは切除していません。
上まぶたの皮膚は切除していません。
術後は目が内側、外側、上方、下方に広がり、一周り大きくなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 同時に他院で受けた二重まぶた切開法を二重まぶた・全切開法で修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
修正手術前です。
全切開法で幅を広げ、同時に目頭切開をすることになりました。

手術直後
手術直後です。

1週間後
1週間後です。
抜糸しました。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
まだ少し腫れがあります。

▼1枚目 メイクなし / 2枚目 目を閉じた状態 / 3枚目 カラコンあり / 4枚目 カラコン・メイクあり


6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後(カラコンあり)
6ヶ月後のカラコンありです。

6ヶ月後(カラコン・メイクあり)
6ヶ月後のカラコン、メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で二重まぶた切開法を受けていました。
幅広いラインで切開されていたのですが、内部処理が甘いため、二重のくい込みが弱く、はっきりしない二重になっていました。
患者様のご希望は、もう少し幅を広げて、はっきりとした二重にし、一緒に目頭切開もしたいということでした。
手術は、前回の手術の切開線の約2mm上で切開し(目を閉じた状態で約10mmの位置になります)、しっかりと内部処理をして二重を作りました。
皮膚切除は行っておりません。
眼窩内脂肪はわずかに切除しましたが、ROOFは切除しておりません。
目頭切開はZ法で約1.5mmずつ内側に広げました。
術後は程よい強さのくい込みの幅広平行型二重になって、目の横幅も広がりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

手術直後
手術直後です。

1週間後の抜糸直後
1週間後の抜糸直後です。

1ヶ月後
1ヶ月後です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目を一回り大きくして、つり目気味なのを治したいというご要望でした。
目頭切開とタレ目形成をすることになりました。
目頭切開はZ法で内側に約1.5mmずつ尖るように広げました。
タレ目形成は下まぶたの外側を約2mm下がるようにしました。
術後は完全なタレ目にはなっていませんが、つり目気味だったのが少し和らぎ、目が一回り大きくなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 目尻切開、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開+目尻切開+タレ目形成を行い、目を一回り大きくすることになりました。

手術直後
手術直後です。
下まぶたが外反してアカンベーの状態になっていますが、これは腫れが引けば治ります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

5ヶ月後
5ヶ月後です。
ほぼ腫れはひきました。
ビフォー・アフター


(5ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、全体的に目が小さいのが悩みで来院されました。
特に目の横幅が小さいことを気にされていたので、目頭切開と目尻切開をすることになり、また、つり目であることも気にされていたので、タレ目形成もすることになりました。
目頭切開はZ法で目頭の形が斜め下方向に尖るように約2mmずつ内側に広げました。
目尻切開は限界まで外側に広がるように行い、結果約1.5mm広がりました。
タレ目形成は、外反(アカンベーの状態)しない程度に下まぶたの外側を約2mm下げました。
目尻切開とタレ目形成を同時に行うと、下まぶたの外側は、外側にも下にも広がるため、タレ目効果が大きくなります。
術後は、小さかった目が、内側、外側、下側に広がり、一回り大きくなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。


手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。


1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。
傷の赤みがありますが、時間の経過と共に必ず引いていきます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
4ヶ月後
4ヶ月後です。

4ヶ月後の目を閉じた状態
4ヶ月後の目を閉じた状態です。
だいぶ傷の赤みは引きました。
ビフォー・アフター

(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、蒙古襞が発達しており、目頭の形が丸く、目と目の間隔が広いのが悩みでした。
また、過去に埋没法で二重を作っていましたが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしなくなっていました。
手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法で行い、目頭が斜め下方向に自然に尖るようにしました。
Z法で行えば、目頭を自然に尖らせることができ、不自然に目頭が丸くなったり、パンチで穴を開けたようにはなりません。
また、Z法は他の術式に比べ、傷痕が目立ちません。
二重まぶたミニ切開法は、目を閉じた状態で約7mmの位置で切開して、二重を作りました。
術後は自然な末広型の二重になり、目頭が約2mmずつ内側に広がったため、目と目の間隔のバランスが丁度良くなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 眼瞼下垂(がんけんかすい)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

手術直後
手術直後です。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。

2ヶ月後
2ヶ月後です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、全体的に目が小さいのが悩みで、目を一回り大きくしたいという御要望でした。
一重まぶたでまぶたの開きが悪い上に、蒙古襞が発達して、目と目が離れていたので、眼瞼下垂手術と目頭切開をすることになりました。
眼瞼下垂手術は、目を閉じた状態で約6mmの位置で切開し、挙筋腱膜を前転し、瞼板に固定しました。
眼窩内脂肪はわずかに切除しましたが、ROOFは切除していません。
皮膚切除もしていません。
目頭切開は完全に蒙古襞がなくならないように、Z法で内側に約2mmずつ広がるようにしました。
術後は狭い末広型の二重になって、まぶたの開きが大きくなり、広かった目と目の間隔のバランスが良くなりました。
まぶたの開きを良くして、自然に目を大きく見せたい場合は、この症例のように狭い二重にするほうが良いです。
無理して幅広い二重を作って眼瞼下垂手術をすると、まぶたの開きは良くなっても、まつ毛の生え際に皮膚が被さってしまい、あまり目が大きく見えなくなることがあります。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強く腫れています。

1週間後
1週間後です。
まだ腫れと傷の赤みがあります。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
腫れと傷の赤みはほとんど引きました。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、平行型の二重まぶたになりたいという御要望でした。
幅が広すぎて不自然なのは嫌ということだったので、目を閉じた状態で約9mmの位置で全切開して二重を作ることになりました。
蒙古襞が発達していたため、全切開法だけで平行型二重を作るよりも目頭切開を併用したほうが自然で綺麗な平行型になるので、Z法で目頭切開を行い、蒙古襞を解除し、目が内側に1.5mmずつ大きくなるようにしました。
元々目と目の間隔が広かったので、目頭切開をしたことにより、バランスが良くなりました。

ページトップへ戻る

目頭切開 眼瞼下垂(がんけんかすい)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開と眼瞼下垂手術をすることになりました。
同時に鼻先の耳介軟骨移植、鼻翼縮小、長期持続型ヒアルロン酸注射も行いました。

手術直後
手術直後です。
複数の手術を同時に行ったので、その分腫れも強いです。

1週間後
術後1週間です。
抜糸をしました。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
まだ浮腫みがあります。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後メイクなしです。
ほぼ腫れは引きました。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、幅が広めの平行型二重にして、目を大きく見せたいという御要望でした。
蒙古襞が張っていて、目と目の間隔が広く、目を開ける力があまり強くありませんでした。
目を開ける力が強くない人に切開法のみで幅の広い二重を作ると、余計に目を開けることができなくなり、眠たそうな二重になることがあるので、眼瞼下垂手術をすることになりました。
目を閉じた状態で約9mmの位置で切開し、挙筋腱膜を前転し、瞼板に固定しました。
また、蒙古襞が張っていたため、より自然で美しい平行型二重にするために、目頭切開も行いました。
目頭切開はZ法で行い、約1.5mmずつ内側に広げました。
同時に鼻先の耳介軟骨移植、鼻翼縮小、長期持続型ヒアルロン酸注射も行いました。
術後はアイラインを引いても奥二重のように見えないくらいの綺麗な幅の広い二重になりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
やや蒙古襞が突っ張っていたため、目頭が下向きに尖っており、目と目の間隔がやや広めでした。
目頭切開Z法で、目頭を斜め下方向に尖らせるように広げることになりました。

手術直後
手術直後です。
青い透明な糸で縫合しています。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
傷に赤みがありますが、赤みは必ず引きます。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
ほぼ赤みは引いています。
目頭が斜め下方向に尖るように大きくなりました。
ビフォー・アフター


(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代の女性患者様で、目頭が下向きに尖っているのを斜め下方向に尖らせたいのと、目と目の間隔がやや広いので、目を内側に大きくしたいという御要望でした。
目頭切開Z法で、蒙古襞をフラップにし、内側に移動させるようにはめ込み、目頭を斜め下方向に尖らせるようにしました。
その結果、目頭が内側に約2mmずつ広がり、目の横幅が大きくなりました。
元々平行型二重だったので、術後も平行型のままです。
最近の若い女性は、目頭切開で目頭を斜め下方向に尖らせるように大きくしたいと希望される方が多いです。
何故なら、最近の若い女性に人気のあるモデルやタレントは、ほとんどの人が目頭が斜め下方向に尖った感じの大きな目をしているからです。
そのような目頭を希望される方は、パンチで穴を開けたような丸く広がった目頭や、真横に大きく広がってキツい印象の目頭を嫌う傾向があります。
Z法で丁寧に手術すれば、そのような目頭にはならないので御安心ください。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、やや幅が広目の平行型二重を希望されていました。
目を閉じた状態で約10mmの位置で全切開して二重を作りました。
少しまぶたの厚みをすっきりさせるために眼窩内脂肪をわずかに切除しましたが、ROOFは切除しませんでした。
特別皮膚は余っていなかったので、皮膚は切除しませんでした。
やや蒙古襞があり、目と目が若干離れぎみだったので、Z法で目頭切開を行い、約1.5mmずつ目を内側に拡げました。
術後は目を開けた状態で約2.5mmの幅のある平行型二重になりました。
これくらいの二重の幅にすると、目を開けた状態で二重のラインの下の皮膚がややぷっくりと膨らみ、睫毛の生え際の上に少し皮膚が被さるようになります。
そのぷっくり部分の皮膚を切除すると、二重の幅が希望より狭くなってしまうので、これくらいの二重の幅を希望する場合は、ある程度ぷっくりを許容しなければなりません。
このぷっくりは、二重の幅を拡げれば拡げるだけぷっくり度合いが強くなります。
日本人の芸能人やモデルでも、二重の幅が広い人は、必ずこのぷっくりがあります。
どうしてもこのぷっくりが嫌な人は、幅の広い二重を諦めて、幅の狭い二重にしなければなりません。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行

(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、やや幅の広い平行型二重を希望されてました。
アイプチのやりすぎで、まぶたの皮膚が被れて硬くなっていたうえに厚ぼったくなっていました。
このように腫れている状態の方に埋没法をしてもすぐに戻ってしまうことが多いので、全切開法で二重を作りました。
目を閉じた状態で10mmの位置で二重を作り、目を開けた状態で二重の幅が約2.5mm見えるようになりました。
まぶたの脂肪はそれほど多くはないので、眼窩内脂肪やROOFは切除していません。
また、蒙古襞が発達してやや目と目が離れぎみだったので、目頭切開をZ法で行い、約2mmずつ内側に広げました。
蒙古襞が発達している人が平行型二重を作る場合は、二重の手術と一緒に目頭切開もしたほうがより自然で綺麗な二重になることが多いです。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 同時に他院で受けた切開二重を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
以前に他所の美容外科クリニックにて全切開法で幅広平行の二重を作ったのですが、気に入らず、修正希望で来院されました。
目を閉じた状態で約11mmの位置で切開してありました。
この方は元々まぶたの開きが良くなく、軽い眼瞼下垂だったため、そのような方に幅広の二重を作ると、綺麗にまぶたが開かず、このように眠たそうな目になってしまいます。
また、内部処理が十分にされていなかったため、二重のラインがはっきりせず、それによって左右差もありました。
この方の御希望は、二重の幅は少し狭くなっても良いので、まぶたの開きを良くして、綺麗な平行型二重を作り直して欲しいということでした。
手術は前回の切開線を含めて切開線より下の皮膚を1mm切除し、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、目を閉じた状態で10mmの位置で二重を作り直しました。
また、蒙古ヒダが発達していたため、目頭切開のZ法を行い、蒙古ヒダを解除しつつ、目を内側に1.5mmずつ広げました。
術後は目を開けた状態での二重の幅はやや狭くなりましたが(2.0mmくらいになりました)、目ヂカラがついてまぶたが大きく開くようになり、目頭切開もしたため、より綺麗な平行型二重になって、ハーフっぽい印象になりました。
また、目の手術以外にも眉間から鼻根部にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻筋が通り、よりハーフっぽくなりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)、隆鼻術(シリコンプロテーゼ)、鼻翼縮小(小鼻縮小)、鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)も施行

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、必要最小限の手術で可愛くなりたいというご要望でした。
元々顔の輪郭はそこそこ綺麗で、それぞれのパーツ同士のバランスも悪くないのですが、狭い末広型二重で目が小さく見え、蒙古襞が発達して目と目が離れて見えることと、鼻が低く鼻筋が通っておらず、団子鼻で小鼻が広がっているのが玉に傷でした。
ミニ切開法と目頭切開で今流行りの平行型二重を作り、全体的に目が大きく見えるようにしました。
二重は目を閉じた状態で約10㎜の位置で切開し、目を開けた状態で約2.5㎜の幅があります。
目頭切開はZ法で行い、約1.5㎜づつ内側に広げました。
目頭切開はもっと内側に広げることはできるのですが、これ以上広げると、大人っぽくなったり、キツい感じになり、可愛さがなくなってしまうので、控えめに1.5㎜にしました。
鼻筋には約3.5㎜の厚みのI型プロテーゼを入れ、鼻尖形成で鼻先の軟骨と脂肪を切除して団子鼻を細くし、鼻翼縮小で小鼻を小さくしました。
鼻に関しても、もっと高くしたり、鼻先を伸ばしたりすることはできるのですが、自然な可愛らしさを出すために、この程度に抑えました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行

(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、蒙古ヒダが発達しており、目と目が離れ気味でした。
また、元々左右共一重まぶたなのですが、アイプチでまぶたの皮膚が被れており、右目にはアイプチの癖で中途半端な二重のシワのようなものができて左右非対称でした。
狭い平行型二重をご希望されていましたが、この方の目で狭い二重を作ると、発達している蒙古ヒダの中に目頭側の二重のラインが入り込んでしまい、末広型二重になってしまいます。
そのため、二重の手術と合わせて目頭切開(Z法)も行い、突っ張っている蒙古ヒダを解除することにしました。
二重の手術は、やや広めの幅にすることとまぶたを開ける力がそれほど強くないなどの理由で、埋没法ではやや戻り易いため、ミニ切開法で行いましました。
術後はご希望通り、ほぼ左右対称な狭い平行型二重になりました。
術前に比べて目と目が離れているのが目立たなくなり、全体的に目が大きくなって華やかになったのがお分かりいただけると思います。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
もともと末広型(右はやや平行気味)の二重があったのですが、蒙古襞が発達しており、目と目が離れていました。

施術直後
術直後です。
Z法で手術しました。
髪の毛よりも細い糸で縫合します。
糸は青色透明です。

1週間後
術後1週間の抜糸直後です。
傷がやや赤いですが、時間と共に引いていきます。
抜糸の翌日からアイメイクもできます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり

1ヶ月後(メイクなし)
術後1ヶ月のメイクなしです。
傷はだいぶ目立たなくなりました。
あと3~6ヶ月経つと、さらに目立たなくなります。

1ヶ月後(メイクあり)
術後1ヶ月のメイクありです。
目が内側に大きくなり、大人っぽい華やかな目になりました。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
もともと末広型(右はやや平行気味)の二重があったのですが、蒙古襞が発達しており、目と目が離れていました。
理想的な、目の横幅:目と目の間の幅:目の横幅の比率は、1:1:1と言われているのですが、この方は、1:1.5:1でした。
目頭切開Z法でつっぱっている蒙古襞を解除し、二重の形は末広型のまま、目を内側に約2mmずつ広げました。
術後は、目の横幅:目と目の間の幅:目の横幅の比率が、1:1.25:1くらいになりました。
もっと大きなZで切開すれば、蒙古襞を完全になくして、さらに目を内側に大きくし、平行型の二重を作ることができるのですが、この方にそれをしてしまうと、涙丘(目頭部分にあるピンク色の粘膜の膨らんでいるところ)丸見えになってしまい、きつい目になってしまうので、やり過ぎない程度に仕上げました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行


日下志厳医師からのコメント
蒙古ひだが内側に大きく張り出して、目と目の間が広く見えていました。また、幅の狭い末広タイプの二重でしたが、幅の広い平行タイプを希望。目頭切開によって目と目の間隔のバランスがよくなり、ミニ切開法によって目がパッチリとしました。
術前と比べると、違いは一目瞭然。とても目力のある魅力的な目もとになりました。

ページトップへ戻る

目頭切開
術後の経過
奥田裕章医師からのコメント

施術前
末広タイプの二重でしたが、蒙古ひだが張っているために目が腫れぼったく見えています。蒙古ひだが強いタイプの方だったので、目頭切開のZ法を選択しました。

施術直後
蒙古ひだを数ミリカットして縫合。
目頭部分が少し腫れ、縫合のための細い糸がついています。この糸は1週間後に抜糸し、その頃には腫れもおさまってきます。

1ヶ月後
目頭の傷は、ほとんどわからなくなっています。目頭切開をすることで目頭側の二重の幅も広がり、華やかな平行タイプに。メイクをすると、さらにパッチリとした大きな目になります。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)

奥田裕章医師からのコメント
目頭切開のZ法で、ひと回り目を大きくしました。蒙古ひだを切開することで末広タイプだった二重の幅が広がり、華やかな平行タイプに。
小さいうえに離れていた目が大きく丸くなり、目もと全体のバランスも美しく整いました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)も施行


奥田裕章医師からのコメント
一重で眠そうな目の女性。ただ二重にするだけでなく、張っていた蒙古ひだを切開し、目の幅を広げることで、黒目が強調されるように。二重は、末広型にしたことで、目が内側に大きくなり、パッチリした大きな目が実現しました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・ミニ切開法、垂れ目形成、エラボトックス注射も施行

高須幹弥医師からのコメント
目が細く見えてしまうつり目の女性。もともと二重でしたが、左右差がありました。バランスを見ながら平行型の二重、また目頭切開で目を内側に開き、少し目尻を下げ垂れ目にすることで、目を大きく見せることができました。さらにエラボトックス注射も行い、小顔効果でさらに目が強調されるようになりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・全切開法も施行

谷奈保紀医師からのコメント
アイプチで二重にしていた20代女性。まぶたもかぶれていたほか、目が離れているように見えていました。全切開法により、平行型の二重にすると同時に、目頭切開も行い、切れ長の大きな目に。目と目のバランスも整い、黒目が強調されたかわいらしい目もとになりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目頭切開 隆鼻術(シリコンプロテーゼ)も施行



奥田裕章医師からのコメント
目が離れた印象の20代女性。目と目の間隔を整えるために目頭切開を行い、切れ長で大きな目を実現。さらに目の間隔をより整えるために、隆鼻術(シリコンプロテーゼ)を併用し、鼻の根元の低さを解消。目頭切開と隆鼻術(シリコンプロテーゼ)を組み合わせることで、より自然に、バランスよく目を大きく見せることに成功しました。

ページトップへ戻る

目頭切開 眼瞼下垂(がんけんかすい)も施行


高須幹弥医師からのコメント
もともと二重でしたが、左右の二重の幅を揃え、さらに目が大きく印象的に見えるように、目頭切開と眼瞼下垂の手術をして、目の横幅を広く、上まぶたを大きく開けられるようにしました。
ぼんやりしていた目もとが、手術により、くっきりし、黒目も強調されるように。アイメイクもバッチリきまるようになりました。黒目も引き立つパッチリとした目もとに。

ページトップへ戻る

目頭切開


日下志厳医師からのコメント
目頭切開を行った20代女性です。目と目の間が離れた印象がありましたが、手術を行うことで、目の幅が広がり、一回り大きな切れ長の目になりました。目が内側に大きくなることで、顔全体のバランスも落ち着きました。

ページトップへ戻る

目頭切開 二重まぶた・埋没法も施行


高須幹弥医師からのコメント
一重まぶたの小さな目を気にされていた20代女性。目と目の間隔も離れていたため、埋没法で末広型の二重にし、同時に目頭切開も行うことで、目と目の間隔も整えました。目頭切開により、切れ長の大きな目に。さらにメイクをすることでよりパッチリとした大きな目を実現します。

ページトップへ戻る

目頭切開
ビフォーアフター

ページトップへ戻る

目頭切開
ビフォーアフター

ページトップへ戻る

目頭切開
ビフォーアフター

ページトップへ戻る