二重や瞼手術のお悩みに

目元の手術に失敗したら

二重まぶたの整形や目もとの手術に失敗したら修正手術でやり直しをします。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

二重整形の修正・やり直し

症例のご紹介

他院で二重まぶた切開法を受けた後、眼瞼下垂手術に準じて修正し、同時に目頭切開も行った症例
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
当院来院時
当院来院時です。
6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けています。
二重まぶた全切開法に準じて眼瞼下垂手術で修正し、同時に目頭切開もすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響もあり、強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血が見られますが、翌日からアイメイクすることができるので、アイメイクをすれば内出血を隠すことができます。
内出血は、あと1週間もすれば、ほぼ完全に消えます。
3週間後
3週間後です。
内出血は完全に消えていますが、まだ腫れはあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(修正手術後6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたを開ける力に左右差があり、それによって、目を開けた状態での二重の幅に左右差がありました。
この眼瞼下垂の原因が、先天性のものなのか、通常の腱膜性のものなのか、前回の他院での手術からの医原性のものなのかははっきりとしませんでしたが、これを治さなければ非対称は治らない状態でした。
手術は、二重まぶた全切開法に準じ、前回の他院での切開線を切除し、アプローチしました。
また患者様は、目頭切開もしたいというご要望だったので、同時に行うことになりました。
二重のラインから内部を展開し、瞼板の上端を露出し、挙筋腱膜の断端と縫合したところ、開瞼が改善したため、左右均等に開瞼するように調節しました。
瞼板と挙筋腱膜を縫合した部位を拾って皮膚縫合し、新たに二重のラインを作り直しました。
目頭切開はキツい寄り目にならない程度に約1.5mmずつZ法で内側に目を広げました。
術後は二重の幅の左右差が改善し、全体的に目が大きくなり、修正前よりはっきりとした印象の目になりました。

ページトップへ戻る

他院で切られ過ぎた目頭切開を蒙古襞形成で修正した症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
修正手術前
修正手術前です。
6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けています。
蒙古襞形成手術で修正することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れと突っ張りがあります。
縫合してある糸は1週間後に抜糸します。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ腫れと突っ張りが残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れと突っ張りは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、他院で受けた目頭切開の修正手術希望で来院されました。

診察させていただいたところ、恐らく、W法(内田法)で目頭切開を受けており、うっすらとWの字型の傷跡が見られました。

かなり皮膚を切除されてしまったようで、蒙古襞が完全になくなっている状態になっており、目頭の形がパンチで穴を開けたような状態で、ぱっくり丸く開いていました。

そのため、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっており、異様な目になっていました。

また、この患者様は、元々、骨格的に眼球の位置が外側についているタイプなのに、目頭切開で、左右の目の横幅と、目と目の間隔を、黄金比率の1:1:1にしたため、両目の黒目が外側に向いている外斜視(いわゆるロンパリ)の状態になっていました。

蒙古襞形成を行い、涙丘を襞で隠し、バランスを整えることになりました。

通常の下向きの蒙古襞を望んではいなかったので、逆Z法ではなく、V-Y法で行いました。

目頭側の上下の皮膚を裏側と表側で縫い合わせ、約1.5mmずつくらい涙丘を隠すようにしました。

術後は程よく涙丘が隠れ、修正手術前のような異様な感じはだいぶ解消されました。

黄金比率にある、「左右の目の横幅と、目と目の間隔が1:1:1が理想」というのは、あくまで、そのようなバランスの人は美しいというものであり、何でもかんでも美容整形手術で1:1:1にすれば良いのではありません。

骨格的な眼球の位置、眼球の大きさ、蒙古襞の張り方などによって、その人の一番良いバランスというのがあるので、数字にとらわれず、1:1:1に拘らないことが重要です。

ページトップへ戻る

他院で目頭切開をした後、片目だけ逆Z法で蒙古襞形成し、左右対称に近づけた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
他院で両目の目頭切開を受けています。
左右差があるので、右目だけ逆Z法で蒙古襞形成をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響で皮膚が白くなっていますが、これは2時間くらいで戻ります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸直後は傷跡が赤いですが、赤みは必ず引くので心配ありません。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きました。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
さらに赤みが引きました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、目頭切開の修正手術希望で、来院されました。
6ヶ月以上前に、他院で両目の目頭切開を受けたとのことでした。
診察させていただいたところ、左目よりも右目のほうが切り込まれており、涙丘(目頭の赤い粘膜の膨らんだ部分)も多く露出しており、左右差が目立っていました。
前医での目頭切開の術式は、傷跡だけを見てもよく分かりませんでした。
Z法なのか、内田法でWの字に切開したつもりなのか、三日月型に皮膚を切除して縫合しただけなのか、不明でした。
ただ、左目に比べ、右目のほうが傷跡が目立っていました。
患者様は、「左目はいいので、右目だけを修正し、左目と同じような下向きの蒙古襞を作って、なるべく左右対称にしてほしい」というご要望だったので、右目のみ蒙古襞形成手術をすることになりました。
手術は逆Z法で行い、前医での目頭切開の傷跡を含めてフラップ(皮弁)にし、下向きの蒙古襞になるように回転させ、固定しました。
フラップのあった部位は中縫いはせず、丁寧に皮膚の表面を縫合しました。
術後は、綺麗に下向きの蒙古襞ができ、ほぼ左右対称の涙丘の見え具合、目の横幅になりました。
また、結果的に、前医での目頭切開の傷跡が目立たなくもなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

他院で全切開法をした後、二重の幅と食い込みの左右差を修正手術した症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術前
手術前です。
他院で両目の二重まぶた全切開法を受けて6ヶ月以上経過しております。
左目の二重の幅を狭くする修正手術と、右目のラインの食い込みの修正手術をし、可能な限り左右差を治し、左右対称に近づけることになりました。

手術前(目を閉じた状態)
手術前の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後(目を開けた状態)
3週間後です。
まだ多少腫れが残っています。
腫れが残っていると左右差が目立ちますが、腫れが引くと、もう少し左右差は目立たなくなります。

3週間後(目を閉じた状態)
3週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
まだ左右差はありますが、修正手術前と比べるとだいぶ左右差は目立たなくなりました。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡も目立たなくなりました。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で受けた二重まぶた全切開法の修正希望で来院されました。
診察させていただいたところ、6ヶ月以上前に手術を受けており、二重の幅、二重のラインの食い込み具合に大きな左右差がありました。
二重のラインになる切開線の高さに大きな左右差がある上に、二重のラインを固定する位置、固定の仕方にも左右差がありました。
患者様は、「目を開けたときの二重の幅の左右差を治して、尚且つ、食い込みの左右差も治して綺麗にしてほしい」というご要望でした。
二重の幅の左右差を治すためには、広すぎるために不自然で似合っていない左目の二重の幅を狭くし、右目の二重の幅に近づけるのが良いということになりました。
しかし、前回の他院での手術は、左目の二重のラインの切開線がかなり上のほうで切られていました。
この患者様の二重の幅を狭くする場合、前回の手術の切開線を含めて睫毛側の皮膚を切除して、開きを良くすることにより狭くする必要があります。
右目に合わせて大量の皮膚を切除してしまうと、まぶたの皮膚が足りなくなり、目を閉じることができなくなってしまいます。
そのため、患者様には、「二重の幅を完全に左右対称にすることはできないが、安全な範囲内で可能な限り左右対称にします」ということを説明し、修正手術をすることになりました。
左目は、前回の手術の切開線を含め、睫毛側の皮膚を安全な範囲内で切除し、二重のラインを新たに再固定して作りました。
右目は基本的に二重の幅は変えないという前提で、食い込んでいる切開を含めて皮膚の表層だけ最小限切除し、皮膚の表面を細かく丁寧に縫合しました。
術後は、まだ左目のほうがやや二重の幅が広いですが、修正手術前よりは左右差が少なくなり、だいぶ見映えのいい目になりました。

ページトップへ戻る

他院で涙袋にヒアルロン酸注射をし、不自然に広がってしまったので、ヒアルロニダーゼで分解吸収させた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

注射前
注射前です。
他院で涙袋にヒアルロン酸をいれていますが、涙袋に適していない柔らかいヒアルロン酸を入れているせいか、技術的な問題なのか、縦に広がって不自然になっており、左右差もあります。
ヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を分解し、溶解、吸収させて、元に戻すことになりました。

注射直後
注射直後です。
液を注入した分だけ腫れていますが、この腫れは数時間でほとんど引きます。

1週間後
1週間後です。
ヒアルロン酸はほぼ全てなくなり、不自然さはなくなりました。



ビフォー・アフター


(1週間後)


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で涙袋にヒアルロン酸を注射しており、それが気に入らなくて来院されました。
診察させていただいたところ、涙袋に適していない柔らかいヒアルロン酸を注射されているためか、注入した医者の技量によるものなのか、あるいはその両方なのか、ヒアルロン酸が縦に広がって不自然になっていました。
特に左側の涙袋に注入されたヒアルロン酸が広がっており、左右差も酷い状態でした。
ヒアルロニダーゼを注射し、ヒアルロン酸を分解、溶解、吸収させることになりました。
下まぶたの皮膚に麻酔クリームを塗った後、左右の涙袋に注入されているヒアルロン酸に、ヒアルロニダーゼを約0.5ccずつ注入しました。
ヒアルロニダーゼ注入した翌日にはほとんどヒアルロン酸は分解、溶解、吸収され、大きな腫れも引いて、自然になりました。
1週間後に検診にいらしたときにはほぼ完全に元の下まぶたに戻っていました。
涙袋のヒアルロン酸注射は、ある程度の密度と張りのある涙袋専用のヒアルロン酸を用いなければなりません。
涙袋専用ではない柔らかいヒアルロン酸を用いると、この患者様のように、縦に流れて広がってしまい、幅のひろい不自然な目袋のような涙袋になってしまいます。
また、他院で失敗された涙袋のヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで分解、溶解、吸収させた後、涙袋専用のヒアルロン酸を正しく注入すれば、綺麗で自然な涙袋を作ることができますが、その場合、私に関しては、1週間間隔を空けるようにしています。

ページトップへ戻る

他院で二重まぶた全切開法を受けた後、元に戻ってしまったため、再び切開して修正した症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
他院で二重まぶた全切開法を受けているのですが、二重のラインがとれてしまっており、傷跡だけが残っていました。
同じラインで再び切開して、二重を作る修正手術をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響などで強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんどありませんが、まだ腫れているため、二重の幅は予定より広いです。

3週間後
3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたがまだ腫れています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
左右の頬のたるみがだいぶほぼ完全に腫れは引きました。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で二重まぶた全切開法を受けていました。
診察させていただいたところ、まぶたに切開した傷跡はあるのですが、二重まぶたになっていませんでした。
患者様によると、手術直後~1週間後の抜糸のときから二重のラインが浅くてはっきりせず、くい込みがほとんどなかったとのことでした。
数週間~数ヶ月かけてさらに二重のラインが浅くなっていき、このような状態になってしまったということなので、恐らく、稚拙な手術を受けてしまい、内部処理が甘かったため、二重のラインが外れたのだと思われました。
患者様は、「今度こそは絶対に元に戻らない二重にしてほしい」とのことでしたので、前回の他院での手術の切開線で、二重まぶた全切開法に準じて修正手術を行いました。
適度に眼輪筋や瘢痕組織を切除し、皮膚と瞼板上の結合組織を接合させることにより、きっちりと内部処理を行い、とれない二重を作りました。
適度に眼窩内脂肪を切除しましたが、皮膚切除、ROOFの切除は行っていません。
術後ははっきりとした二重になり、患者様には大変喜んでいただきました。
二重まぶた切開法は、埋没法と異なり、二重のラインが緩んだり、元に戻ることはないとされていますが、それはあくまで、手術が上手な医者が正しい手術をした場合の話です。
手術が下手な医者、新米の医者が手術した場合は、切開法でも二重のラインが緩んでなくなってしまうことがあります。
高須クリニックではそのようなことはないのでご安心ください。

ページトップへ戻る

他院で受けた目頭切開を修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
来院時です。

手術直後
手術直後です。

1週間後
1週間後です。

3週間後
3週間後です。

3ヶ月後
3ヶ月後です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けていました。
診察させていただいたところ、かなり大きく目頭を切られており、パンチで穴を空けたような不自然な形になっていました。
また、蒙古襞がほとんどなくなるくらい切られていたので、涙丘(眼球の内側のピンク色の粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになってしまっており、寄り目でキツい印象になっていました。
他院で受けた目頭切開の術式は不明ですが、傷跡の状態を見るとW法(内田法)であると思われます。
W法(内田法)は、適応を見極め、正確に行わないと、パンチで穴を空けたような不自然な目頭の形になってしまう上に、W字の汚い傷跡が残ってしまいます。
患者様は自然で優しい感じの目頭に修正してほしいという御要望だったので、蒙古襞形成手術をすることになりました。
手術は逆Z法のデザインで蒙古襞を作り、約2.5mmずつ切り過ぎた目頭を戻しました。
術後は、パンチで穴を空けたような不自然な目頭が程よく尖った自然な目頭になり、適度に涙丘が隠れ、寄り目が解消し、キツい印象もなくなりました。

ページトップへ戻る

他院で受けた二重まぶた全切開法と目頭切開を修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術前
当院来院時です。
他院で二重まぶた全切開法と目頭切開を受けています。
前回の手術の切開線を含めて、睫毛側の皮膚を切除して幅を狭く修正することになりました。

手術前の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
修正手術直後です。
強く腫れています。

手術直後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
2ヶ月後
2ヶ月後です。

2ヶ月後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で二重まぶた全切開法と目頭切開を受けていました。
二重の幅が思ったより広すぎたので、狭く修正してほしいという御要望でした。
診察させていただくと、幅がかなり広いため、目を開けた状態で二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんで覆い被さり、まつ毛の生え際が完全に隠れ、まぶたの開きが悪くなり、眠たそうな目になっていました。
前回の切開線を含めてまつ毛側の皮膚を切除して、二重のラインを作り直し、二重の幅を狭く修正することになりました。
他院で行われた全切開法は、皮膚を切除したかどうか不明でしたが、あまりまぶたの皮膚にゆとりはなく、皮膚を切除し過ぎると目を閉じることができなくなってしまうので、約5mm切除するのが限界でした。
内部処理をして皮膚を縫合する際、だぶついた皮膚が平らになって傷が綺麗になるように縫合しましたが、内側の目頭切開の窪んで目立つ傷は修正不能でした。
術後は目を開けた状態での二重の幅が半分程度になり、まぶたの開きも良くなりました。
まだ目を開けた状態で二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に被さっていますが、術前に比べればだいぶ改善しました。
これ以上皮膚を切除することができなかったため、二重の幅を狭くして自然に近づけるのはこれが限界でした。

ページトップへ戻る

他院で受けた二重まぶた切開法を二重まぶた・全切開法で修正 同時に目頭切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
修正手術前です。
全切開法で幅を広げ、同時に目頭切開をすることになりました。

手術直後
手術直後です。

1週間後
1週間後です。
抜糸しました。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
まだ少し腫れがあります。

▼1枚目 メイクなし / 2枚目 目を閉じた状態 / 3枚目 カラコンあり / 4枚目 カラコン・メイクあり


6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後(カラコンあり)
6ヶ月後のカラコンありです。

6ヶ月後(カラコン・メイクあり)
6ヶ月後のカラコン、メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で二重まぶた切開法を受けていました。
幅広いラインで切開されていたのですが、内部処理が甘いため、二重のくい込みが弱く、はっきりしない二重になっていました。
患者様のご希望は、もう少し幅を広げて、はっきりとした二重にし、一緒に目頭切開もしたいということでした。
手術は、前回の手術の切開線の約2mm上で切開し(目を閉じた状態で約10mmの位置になります)、しっかりと内部処理をして二重を作りました。
皮膚切除は行っておりません。
眼窩内脂肪はわずかに切除しましたが、ROOFは切除しておりません。
目頭切開はZ法で約1.5mmずつ内側に広げました。
術後は程よい強さのくい込みの幅広平行型二重になって、目の横幅も広がりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた全切開二重手術を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術前
術前です。

術前の目を閉じた状態
術前の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

1ヶ月後
1ヶ月後です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
4ヶ月後
4ヶ月後です。

4ヶ月後の目を閉じた状態
4ヶ月後の目を閉じた状態です。
ビフォー・アフター


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、半年以上前に他院で二重まぶた全切開法を受けていました。
目を閉じた状態で、約14mmの位置で切開されており、大量の脂肪を除去されたためか、目の上が窪んで、目を開けた状態で二重の幅が約6mmあり、すっぴんの状態での見た目は明らかに不自然でした。
皮膚を切除されているかどうかは、診察だけでははっきりわかりませんでした。
御本人様が望んでこのような超幅広の二重を作ったのか、もっと狭い二重を望んでいたのに超幅広にされてしまったのかは、カウンセリングでははっきりわかりませんでした。
いずれにせよ、家族や友人から、「明らかに変な目だよ」「これって失敗じゃないの?」と言われるため、ノイローゼ状態になり、自然な二重に修正したいという御要望でした。
手術は、前回の手術の切開線を含め、睫毛側の皮膚を約4mmの幅で切除し(目が閉じれなくならない限界の幅です)、元々眼瞼下垂気味で二重の幅が広かったのもあるので、眼瞼下垂手術に準じて挙筋腱膜を前転して、まぶたの開きをよくし、目を開けた状態で二重の幅が狭くなるようにしました。
結果的には目を閉じた状態で約11mmの位置に切開線がきて、目を開けた状態で約3.5mmの二重になりました。
前回の手術が、かなり上のほうで切開されており、合わせて大量の脂肪を除去されていたので、自然に幅狭く修正するのはこれが限界でした。

ページトップへ戻る

他院で受けた二重まぶた全切開法を修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
来院時(術前)です。
他院で二重まぶた全切開法と目頭切開を受けています。
二重の幅を狭くする修正手術をしました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがありますが、麻酔によるものが大きいです。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
腫れていますが、すでに幅が狭くなっています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
腫れはほぼ完全に引いています。
だいぶ幅が狭くなりました。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
メイクすればそれほど違和感はないと思います。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

術前の目を閉じた状態
術前の目を閉じた状態です。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
目が閉じていませんが、これは麻酔の影響なので、問題ありません。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷も綺麗になりました。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で目頭切開+二重まぶた全切開法を受けていました。
目頭切開は、三日月型皮膚切除法のようなやり方でされており、非常に傷が汚いです。
二重まぶた全切開法は、かなり皮膚を切除されており、二重の幅が異常なほど広い状態でした。
また、上まぶたの脂肪がかなりの量切除されており、大きく目がくぼんでいました。
「二重の幅を狭くして、自然に見えるようにしてほしい」という御要望だったのですが、皮膚や脂肪をたくさん切除されている例は、修正が非常に難しいです。
手術は、皮膚を切除しすぎて、目が閉じれなくならない程度に、前回の切開線を含めて、前回の切開線の睫毛側約3mm皮膚を切除し、眼瞼下垂手術に準じて、挙筋腱膜を前転し、眼窩内脂肪を引き出し、固定しました。
傷はなるべく綺麗になるように、細かく丁寧に縫合しました。
目頭切開の部分は、今回はノータッチです。
術後は、まだ二重の幅は広いですが、術後に比べ、だいぶましになりました。
前回の手術で皮膚を切除しすぎていなければ、もう少し綺麗に修正できたのですが、今回はこれが限界です。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた二重まぶた全切開法を修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント


手術前
術前です。
ラインがガタガタして左右非対称です。全切開して修正することになりました。

手術前の目を閉じた状態
術前の目を閉じた状態です。
やや傷が汚いです。


手術直後
手術直後です。
麻酔の影響で強く腫れています。

手術直後の目を閉じた状態

▼上 メイクなし / 中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり

6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後です。
腫れはほぼ引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
なるべく傷が綺麗になるようにはしました。


6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、半年前に他院で二重まぶた全切開法を受けていました。
しかし、希望していた幅よりも狭く、内部処理が不十分なため、二重ラインの癒着が不整で、ラインがガタガタしているうえに、左右非対称でした。
もう少し幅を広げて、左右対称の綺麗なラインにしたいという御要望だったので、全切開法をして修正することになりました。
手術は、目を閉じた状態で約8.5mmの位置(前回の手術の切開線より上)で全切開し、前回の手術の癒着を外した後、内部処理をして二重を作り治しました。
皮膚切除、脂肪除去はしていません。
術後は目を開けた状態で約2mm幅が見えるほぼ左右対称の平行型二重になりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた二重まぶた切開法を眼瞼下垂(がんけんかすい)で修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
修正手術前です。
約1年前に他院にて全切開二重手術と目頭切開を受けており、広すぎる二重の幅を狭くしたいという御要望でした。
右は約10mm、左は約11mmの位置で切開されており、左右差がありました。
右は約4mm、左は約5mmの幅で皮膚を切除し、尚且つ眼瞼下垂手術を行ってまぶたの開きを良くし、二重の幅を狭くすることになりました。

手術直後
修正手術直後です。
腫れていますが、まぶたの開きが良くなり、既に手術前よりも二重の幅は狭くなっています。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ腫れています。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
大きな腫れは引きました。
目を開けた状態での二重の幅は右が約1.5mm、左が約2.0mmになりました。




ビフォー・アフター


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、約6ヶ月前に他院で全切開二重手術と目頭切開を受けており、二重の幅が広すぎて不自然であるため、幅を狭くして自然にしたいという御要望でした。
右目は約10mm、左は約11mmの位置で切開されており、二重の幅に左右差がありました。
元々まぶたを開く力が弱いのに、幅の広い二重を作ったため、眠たそうな目になっており、目を開けた状態での二重の幅は4.5mm程度ありました。
目頭切開は術式は不明ですが、デザインに左右差があるため、仕上がりも左右差がありました。
手術は、右は約4mm、左は約5mmの幅で、前回の二重まぶた全切開法手術の傷跡を含め皮膚を切除し、合わせて眼瞼下垂手術を行い、二重の幅が狭くなるように修正しました。
術後は皮膚を切除して二重の幅を狭くしたことと、まぶたを開ける力が強くなったことにより、目を開けた状態での二重の幅は右が約1.5mm、左が約2.0mmになり、かなり自然になりました。
前回の手術が、二重まぶた全切開法、目頭切開共に左右差があったため、修正手術後も左右差が生じてしまいましたが、患者様には御満足いただきました。

ページトップへ戻る

他院で受けた全切開法を修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
修正手術前です。
他院にて全切開法で二重を作っています。
再び全切開法をして、二重の幅を広げ、左右差を修正することになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響で腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

▼上 メイクなし / 中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり
6ヶ月後(メイクなし)
6ヶ月後メイクなしです。
腫れはほぼ完全に引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
右は他院での切開線の3mm上で、左は2mm上で切開したため、傷が2本になっていますが、他院での切開線の癒着は外しているため、それほど傷跡は目立ちません。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後メイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院にて二重まぶた全切開法を受けていました。
右は目を閉じた状態で約6mmの位置に、左は7mmの位置に切開線があり、やや左右差がありました。
ご本人様は、二重の幅に左右差があることと、思ったより目を開けた状態での二重の幅が狭かったため、アイラインを引くと奥二重のようになってしまうのが悩みでした。
手術は、前回の切開線の上で再び全切開法を行い、二重の幅を広げて、尚且つ左右差を治す修正手術をすることになりました。
右は前回の切開線の3mm上で、左は2mm上で切開し、前回の切開線の癒着を外し、新たに内部処理を行い、新しく二重のラインを作成しました。
術後は左右差はほとんどなくなり、目を開けた状態で約2.5mm二重の幅が見えるようになって、アイラインを引いても奥二重のようにならなくなりました。
目を閉じた状態で傷が2本になっていますが、他院での切開線の癒着は外しているため、それほど傷跡は目立ちません。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた目頭切開を蒙古ひだ形成で修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
他院にて目頭切開を行い、本人の希望よりも大きく切られてしまったため、寄り目になってきつい感じになっていました。
蒙古襞形成で蒙古襞を作り、目と目の間隔を広げることになりました。
術式は逆Z法で行いました。

手術直後
術直後です。
青い透明な糸で細かく縫合しています。
抜糸は1週間後になります。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
傷が赤いですが、日にち薬で必ず赤みは引きます。
抜糸の翌日からアイメイク可能です。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
傷の赤みはほぼ引きました。
適度に蒙古襞ができ、目と目の間隔が広がったため、術前のきつい印象が優しくなりました。
ビフォー・アフター


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で目頭切開をしたのですが、希望よりも大きく切られてしまったため、寄り目になってしまい、きつい印象になってしまいました。
どのような術式で手術されたのかは不明でしたが、皮膚を切除されたようでした。
皮膚を切除されている場合は、完全に元に戻すことは難しいですが、ある程度は戻すことはできます。
患者様の希望は、完全に元に戻すのではなく、元の状態と今の状態の中間くらいにしたいとのことだったので、逆Z法で蒙古襞形成をすることになりました。
小さい蒙古襞を作ったことにより、約2mmずつ目頭を戻しました。
その結果、術前に丸見えだった涙丘(目頭の赤い粘膜の盛り上がった部分)が少し隠れ、目と目の間隔が広がり、きつい印象が改善しました。

ページトップへ戻る

他院で左目の下の窪みに入れたヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで除去
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

注射前
来院時です。
他院で左右の目の下の窪みにヒアルロン酸を注射したのですが、左側がボコッと不自然に膨らんでいました。
左側のみヒアルロニダーゼを注射することになりました。

注射直後
ヒアルロニダーゼ注射直後です。
やや浮腫んでいますが、それほど目立ちません。
これくらいのヒアルロン酸の量だと、12時間くらいで分解吸収されてしまうので、腫れの心配はほとんどありません。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
ヒアルロン酸は無くなったため、元通りの目の下に戻り、不自然さはなくなりました。



ビフォー・アフター


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代の女性で、もともと目の下が窪んでクマが目立っていたため、他院で目の下の窪みにヒアルロン酸を注射されました。
しかし、安価なヒアルロン酸だったのと、丁寧に注射されなかったためか、左側は必要以上に膨らんで、不自然になっていました。
目の下の皮膚は非常に薄いので、目の下専用の軟らかいヒアルロン酸を丁寧に注射しないと、このようになってしまいます。
左側だけヒアルロニダーゼを注射して、一旦元に戻すことになりました。
当院のヒアルロニダーゼは、高品質のものを高濃度にして、極細の注射針で注射するため、これくらいの量のヒアルロン酸ならば、12時間程度で、ほとんど腫れることなく分解・吸収されてしまいます。
注射後はヒアルロン酸は完全になくなり、また窪んでしまいましたが、不自然さはなくなりました。
ヒアルロン酸と同様ヒアルロニダーゼもピンからキリまであり、安価な質の悪いヒアルロニダーゼは効果が少なく、注射後に強い腫れがでますが、高品質なヒアルロニダーゼは、1回の注射で大部分のヒアルロン酸を分解吸収させることができ、腫れもほとんどありません。

ページトップへ戻る

他院で受けた切開二重を眼瞼下垂(がんけんかすい)手術で修正 同時に目頭切開も施行

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
以前に他所の美容外科クリニックにて全切開法で幅広平行の二重を作ったのですが、気に入らず、修正希望で来院されました。
目を閉じた状態で約11mmの位置で切開してありました。
この方は元々まぶたの開きが良くなく、軽い眼瞼下垂だったため、そのような方に幅広の二重を作ると、綺麗にまぶたが開かず、このように眠たそうな目になってしまいます。
また、内部処理が十分にされていなかったため、二重のラインがはっきりせず、それによって左右差もありました。
この方の御希望は、二重の幅は少し狭くなっても良いので、まぶたの開きを良くして、綺麗な平行型二重を作り直して欲しいということでした。
手術は前回の切開線を含めて切開線より下の皮膚を1mm切除し、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、目を閉じた状態で10mmの位置で二重を作り直しました。
また、蒙古ヒダが発達していたため、目頭切開のZ法を行い、蒙古ヒダを解除しつつ、目を内側に1.5mmずつ広げました。
術後は目を開けた状態での二重の幅はやや狭くなりましたが(2.0mmくらいになりました)、目ヂカラがついてまぶたが大きく開くようになり、目頭切開もしたため、より綺麗な平行型二重になって、ハーフっぽい印象になりました。
また、目の手術以外にも眉間から鼻根部にかけてシリコンプロテーゼを入れ、鼻筋が通り、よりハーフっぽくなりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた埋没法をミニ切開法(部分切開)で修正

高須幹弥医師からのコメント
この方は、最初に埋没法で幅広平行型二重をつくったらしいです。
最初はほぼ希望通りの二重だったのですが、数か月でだんだんくっきりしていた二重のラインが浅く、狭くなってきたそうです。
少しまぶたの厚みのある方は、幅広平行二重を埋没法でつくると、元に戻ってきてしまいます。
元に戻らない幅広平行二重がご希望でしたので、私がミニ切開二重手術をしました。
少しだけ余分な脂肪を除去し、内部処理を行い、二重のラインをつくるので、埋没法と違ってもう元に戻ることはありません。
希望通りの二重になったと思います。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

他院で受けた眼瞼下垂手術の修正

ビフォーアフター

日下志 厳 医師からのコメント
他院で眼瞼下垂の手術を受けたのですが、目の開き具合が不十分なうえに、二重の形や幅も左右差があり、当院にて修正手術を行いました。手術は二重の形の左右差を整えるよう皮膚を全切開し、目の開きを良くするために再び眼瞼挙筋を前転、短縮しました。術後は二重の幅や形もほぼそろい、目の開きも良くなり、黒目が大きく見えるようになりました。

ページトップへ戻る

他院で受けた目頭切開の修正(蒙古ひだ形成)

ビフォーアフター

高須幹弥医師からのコメント
離れていた目を寄せようと、他院で目頭切開をされたのですが、今度は目と目の間が狭くなり過ぎて寄り目になっていました。友人に「目がきつくなった」、「不自然」などと言われ、自分でも不満だったため、当院で修正してほしいというご希望でした。
目の内側にある蒙古ひだと呼ばれる皮膚を作り直して寄り目を解消。やさしい印象になったのでまわりからの反応もよく、とても満足されています。

ページトップへ戻る

二重整形の修正・やり直し

高須クリニック公式サイト

Recommend
最適なバストアップ法
プチ豊胸術ともいわれる「ヒアルロン酸注入」、自分の脂肪を利用する「脂肪注入術」、そして「プロテーゼ挿入」の3つの方法についてまとめました。