美容整形で二重まぶたに

目頭切開で寄り目になった方に

“蒙古ひだ”とは、上まぶたの内側から目頭部分にかけて覆いかぶさっている皮膚をいいます。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目頭・目尻の施術
目頭切開後の修正(蒙古襞形成)

症例のご紹介

他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けています。
蒙古襞形成で修正手術することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で多少腫れています。
腫れのせいで突っ張っている感じがありますが、腫れが引くと治るので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
大きな腫れはありません。
アイメイクは抜糸した翌日から可能です。
3週間後
3週間後です。
まだ多少傷跡が目立ちます。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
まだ完成ではありません。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

当院に来院される6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けている患者様です。
今回、修正手術目的で当院に来院されました。
目頭切開を受けたことによって、不自然でバランスが悪くなってしまったので、自然に治したいということと、傷跡が汚くて目立つので綺麗にしてほしいというご要望でした。
診察させていただいたところ、目頭切開のデザイン、術式は不明ですが、恐らく、W法(内田法)に準じたデザインでやっているようで、目頭の形が丸くぱっくり開いて、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっている不自然な状態になっていました。
傷跡はWの字かVの字かはっきりわからない状態でしたが、大きく汚く残っていました。
蒙古襞形成手術を行えば、丸くぱっくり開いた不自然な目頭の形を修正することは可能ですが、傷跡を確実に綺麗にすることは見込めない状態でした。
患者様には、「傷跡を今より綺麗にすることは約束できないが、目頭の形を自然にすることはできる」ということをお話しし、手術することになりました。
手術は、逆Z法で行い、目頭の皮膚でフラップ(皮弁)を作成して、蒙古襞を形成し、約1.5mm程度ずつ涙丘を隠すようにしました。
術後は目頭の先端が適度に尖った丸い形の蒙古襞ができ、自然な印象になり、患者様には満足していただきました。

ページトップへ戻る

他院で切られ過ぎた目頭切開を蒙古襞形成で修正した症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
修正手術前
修正手術前です。
6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けています。
蒙古襞形成手術で修正することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れと突っ張りがあります。
縫合してある糸は1週間後に抜糸します。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ腫れと突っ張りが残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れと突っ張りは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)

施術体験者の声施術体験者の声

他のクリニックで目頭切開の手術を受けたのですが、不自然に目頭が開いてしまった。丸い目頭になってしまい、尖らせたかったので、高須クリニックさんで手術を受けました。。
修正してもらった後は、不自然な穴を開けたような丸い目頭がとがった自然な感じになったので満足しています。以前よりはだいぶ改善されたと思います。施術していただいて良かったです。ありがとうございました。

高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、他院で受けた目頭切開の修正手術希望で来院されました。

診察させていただいたところ、恐らく、W法(内田法)で目頭切開を受けており、うっすらとWの字型の傷跡が見られました。

かなり皮膚を切除されてしまったようで、蒙古襞が完全になくなっている状態になっており、目頭の形がパンチで穴を開けたような状態で、ぱっくり丸く開いていました。

そのため、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっており、異様な目になっていました。

また、この患者様は、元々、骨格的に眼球の位置が外側についているタイプなのに、目頭切開で、左右の目の横幅と、目と目の間隔を、黄金比率の1:1:1にしたため、両目の黒目が外側に向いている外斜視(いわゆるロンパリ)の状態になっていました。

蒙古襞形成を行い、涙丘を襞で隠し、バランスを整えることになりました。

通常の下向きの蒙古襞を望んではいなかったので、逆Z法ではなく、V-Y法で行いました。

目頭側の上下の皮膚を裏側と表側で縫い合わせ、約1.5mmずつくらい涙丘を隠すようにしました。

術後は程よく涙丘が隠れ、修正手術前のような異様な感じはだいぶ解消されました。

黄金比率にある、「左右の目の横幅と、目と目の間隔が1:1:1が理想」というのは、あくまで、そのようなバランスの人は美しいというものであり、何でもかんでも美容整形手術で1:1:1にすれば良いのではありません。

骨格的な眼球の位置、眼球の大きさ、蒙古襞の張り方などによって、その人の一番良いバランスというのがあるので、数字にとらわれず、1:1:1に拘らないことが重要です。

ページトップへ戻る

他院で受けた目頭切開を蒙古襞形成で修正手術した症例写真の術前術後の画像の解説
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
来院時です。

手術直後
手術直後です。

1週間後
1週間後です。

3週間後
3週間後です。

3ヶ月後
3ヶ月後です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けていました。
診察させていただいたところ、かなり大きく目頭を切られており、パンチで穴を空けたような不自然な形になっていました。
また、蒙古襞がほとんどなくなるくらい切られていたので、涙丘(眼球の内側のピンク色の粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになってしまっており、寄り目でキツい印象になっていました。
他院で受けた目頭切開の術式は不明ですが、傷跡の状態を見るとW法(内田法)であると思われます。
W法(内田法)は、適応を見極め、正確に行わないと、パンチで穴を空けたような不自然な目頭の形になってしまう上に、W字の汚い傷跡が残ってしまいます。
患者様は自然で優しい感じの目頭に修正してほしいという御要望だったので、蒙古襞形成手術をすることになりました。
手術は逆Z法のデザインで蒙古襞を作り、約2.5mmずつ切り過ぎた目頭を戻しました。
術後は、パンチで穴を空けたような不自然な目頭が程よく尖った自然な目頭になり、適度に涙丘が隠れ、寄り目が解消し、キツい印象もなくなりました。

ページトップへ戻る

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
他院にて目頭切開を行い、本人の希望よりも大きく切られてしまったため、寄り目になってきつい感じになっていました。
蒙古襞形成で蒙古襞を作り、目と目の間隔を広げることになりました。
術式は逆Z法で行いました。

手術直後
術直後です。
青い透明な糸で細かく縫合しています。
抜糸は1週間後になります。

1週間後
1週間後の抜糸直後です。
傷が赤いですが、日にち薬で必ず赤みは引きます。
抜糸の翌日からアイメイク可能です。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
傷の赤みはほぼ引きました。
適度に蒙古襞ができ、目と目の間隔が広がったため、術前のきつい印象が優しくなりました。
ビフォー・アフター


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、他院で目頭切開をしたのですが、希望よりも大きく切られてしまったため、寄り目になってしまい、きつい印象になってしまいました。
どのような術式で手術されたのかは不明でしたが、皮膚を切除されたようでした。
皮膚を切除されている場合は、完全に元に戻すことは難しいですが、ある程度は戻すことはできます。
患者様の希望は、完全に元に戻すのではなく、元の状態と今の状態の中間くらいにしたいとのことだったので、逆Z法で蒙古襞形成をすることになりました。
小さい蒙古襞を作ったことにより、約2mmずつ目頭を戻しました。
その結果、術前に丸見えだった涙丘(目頭の赤い粘膜の盛り上がった部分)が少し隠れ、目と目の間隔が広がり、きつい印象が改善しました。

ページトップへ戻る

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
他院で目頭切開を受け、目と目の間が狭くなり過ぎて寄り目になってしまった方。不自然さや目のきつさが気になり、修正を希望されました。

施術直後
蒙古ひだをちょうどいいバランスに 作り直して、寄り目を解消。術後すぐなので少し腫れていますが、この腫れは1週間程度でおさまってきます。目頭部分に縫合した糸がついています。この糸は1週間後に抜糸します。

1ヶ月後
腫れがすっかり引いて、やさしい印象の目が完成しました。目もと全体のバランスも美しく整い、とても満足していただきました。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
他院で目頭切開をしたのですが、目と目の間が狭くなり過ぎて寄り目になっていました。友人に「目がきくつなった」、「不自然」などと言われており、自分でも不満だったので、修正してほしいというご希望でした。
蒙古ひだを作り直して寄り目を解消。やさしい印象になったことでまわりからの反応もよく、とても満足されています。

ページトップへ戻る

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正
術後の経過

 

 

 
ビフォー・アフター


(2週間後)

日下志厳医師からのコメント
生まれつき蒙古ひだが少なく、寄り目できつく見られていた方です。蒙古ひだを少し作るだけで、やさしい丸い目に変身。きつく見られることがなくなったおかげで表情も豊かになり、笑顔が増えたそうです。

ページトップへ戻る

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正
術後の経過
日下志厳医師からのコメント

施術前
もともと蒙古ひだが少なく、目が顔の中央に寄りすぎて、目がきつい印象だった20代男性。手術によって目もとのバランスを整えました。

施術直後
手術では目頭から上まぶたにかけて皮膚を切開し、皮膚を広げました。直後はまだ手術跡が残っていますが、1週間程度でおさまってきます。

1ヶ月後
1ヶ月後、傷跡も目立ちません。自然な感じで目もとのバランスが整い、顔全体がやさしい印象になりました。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1ヶ月後)

ページトップへ戻る