二重まぶたや目もとの悩みに

つり上がった目の方に

たれ目(パンダ目)にするには下まぶたの目尻側のラインを下げます。

  1. PCサイトを見る
  2. 施術をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)

目頭・目尻の施術
たれ目・ぱんだ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

症例のご紹介

下三白眼にタレ目形成(グラマラスライン)を行った症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
元々下三白眼であり、黒目の下の白目が見えています。
患者様のご希望で、タレ目形成(グラマラスライン)を行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
余分な皮膚を切除したので、傷を縫合しています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出てません。
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。
9ヶ月後
9ヶ月後です。
傷跡はほとんどわかりません。
下三白眼が悪化することなく、黒目の外側だけが下がっています。
ビフォー・アフター
Before After(9ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、タレ目形成(グラマラスライン)手術を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、下まぶたのラインのカーブの外側への上がり方がやや急な、つり目が強調された目をしていました。
また、黒目の下の白目が見えている下三白眼でした。
下三白眼は、「犯罪者の目」とも呼ばれ、一般的に陰気で、あまりよくない印象の目です。
稀に女優さんなどで、下三白眼でエキゾチックな魅力な人もいますが、そのような人は、それ以外のパーツやスタイルなどを含め、全体的に奇跡的なバランスで魅力がある場合がほとんどです。
そのため、これ以上下三白眼が悪化しないように、黒目の真下は下げず、黒目の外側のみを下げるように手術することになりました。
手術後は、下三白眼が悪化することなく、黒目の外側が程よく下がり、綺麗なグラマラスラインになりました。
また、つり目が適度に解消し、目が大きくなって、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

二重まぶた全切開で幅広平行型二重を作り、同時に目尻切開+タレ目形成も行った症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法で幅広平行型二重を作ることになりました。
同時に目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)も行うことになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
幅広い二重を切開法で作ったこと、3つの手術を同時にしたことにより、強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
1週間後
目を開けた状態
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血や強膜血腫(白目の部分が血で赤くなっている状態)がありますが、これはあと1週間程度でほとんど引きます。

目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。
まだ傷跡が食い込んでいます。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ腫れは残っています。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ傷跡の赤み、食い込みがあります。
3ヶ月後
目を開けた状態
3ヶ月後です。
まだわずかな腫れは残っています。

目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。
赤みは大分引きました。
7ヶ月後
目を開けた状態
7ヶ月後です。
本来ならほとんど腫れは引いている頃なのですが、幅広平行型二重を作ったため、まだわずかな浮腫みが残っています。

目を閉じた状態
7ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はかなり綺麗になっています。
1年4ヶ月後
目を開けた状態
1年4ヶ月後です。
完全に腫れは引いています。
アトピー性皮膚炎のせいが、肌が荒れています。
これはたまたまアトピーが悪化しているときに来院されて経過写真を撮っただけであって、手術とアトピーの因果関係はありません。

目を閉じた状態
1年4ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はほとんどわからなくなっています。
ビフォー・アフター
Before After(1年4ヶ月後)
 
  After(1年4ヶ月後の目を閉じた状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目元のご相談で来院されました。
幅広い二重にしたいということと、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、わずかな幅の非対称はあるものの、綺麗な二重まぶたをしてらっしゃいました。
蒙古襞の張りが少なく、それなりに幅のある二重だったので、平行型二重をしてらっしゃいました。
患者様はもっと幅の広い二重にしたいというご要望だったので、二重まぶたを全切開法で幅を広げることになりました。
目を大きくする目的で、目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)も同時に行うことになりました。
二重まぶた全切開法は、皮膚切除は行わず、平行型のまま二重の幅を広げるのみにし、眼窩内脂肪やROOFの切除も行いませんでした。
目尻切開は約2ずつ外側に広げることができ、タレ目形成は下まぶたの黒目の外側の部分を約2mm下げることができました。
術後は希望通りの幅広平行型二重になり、目が大きくもなり、患者様には満足していただきました。

ページトップへ戻る

目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン)を同時に行った20代女性の症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目尻切開とタレ目形成を同時に行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
余分な下まぶたの皮膚を切除したので、縫合した糸がついています。
目尻にも縫合した糸がついています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
やや傷跡の赤みがあります。
抜糸した翌日からアイメイクすることができます。
3週間後
3週間後です。
傷跡の赤みはだいぶ引いています。
2ヶ月後
2ヶ月後です。
だいぶ落ち着きました。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目を大きくしたいというご要望でした。
この患者様は、半年以上前に私が眼瞼下垂手術を行っていました。
眼瞼下垂手術によって、まぶたの開きが良くなり、二重のラインも作ったため、だいぶ目が大きくなったのですが、更に大きくしたいというご要望でした。
これ以上眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして目を上に大きくしてしまうと、ビックリ目になったり、上三白眼になって、キツい目になってしまいます。
また、二重の幅をこれ以上広げると、二重のラインの下の皮膚がまつ毛の生え際に被さり、かえって黒目の見える面積が小さくなってしまう可能性があります。
そのため、自然な範囲内でこれ以上目を大きくするためには、
・目頭切開で目を内側に広げる
・目尻切開で目を外側に広げる
・タレ目形成(グラマラスライン)で下まぶたの黒目の外側の部分を下に広げる
の3つの方法しかありません。
患者様のご要望もあり、目尻切開とタレ目形成をすることになりました。
目尻切開はWの字切開で最大限広げ、約1.5mm外側に広がりました。
タレ目形成は皮膚側からアプローチし、下まぶたの黒目の外側の部分を約2mmずつ下に下げ、余った下まぶたの皮膚を切除して縫合しました。
術後は、目が外側と下側に適度に大きくなり、自然で華やかな目になりました。
目尻切開とタレ目形成を同時に行うと、それぞれの効果がお互いに相乗効果を生み、より大きな効果になります。

ページトップへ戻る

タレ目形成(グラマラスライン)をした30代後半女性の症例写真
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
タレ目形成(グラマラスライン)でつり目を解消して、目を大きくすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血が出てしまいましたが、必ず引くので心配ありません。
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代後半の女性患者様で、「目を大きくしたい」「つり目を改善したい」というご希望でした。

診察させていただいたところ、確かに若干つり目気味であり、細い目をしてらっしゃいました。

日本人は元々ほぼ全員つり目ですが、その中でもキツいつり目をしてらっしゃいました。

タレ目形成(グラマラスライン)でつり目を解消し、目を大きくすることになりました。

手術は、下まぶたの黒目の外側の部分を下に下げ、下げた分、下まぶたの皮膚が余らないように皮膚を切除して、丁寧に縫合しました。

年齢相応に下まぶたの皮膚がたるんで余っていたので、目頭側から目尻側にかけて皮膚を切除しました。

手術後は、黒目の外側の部分が最大で約2mm下に下がり、つり目が解消した上に目が大きくなって、全体的に華やかな印象の目になりました。

この患者様の場合、これ以上下まぶたを下げてしまうと、下三白眼になったり、外反して粘膜が見えてアカンベーの状態になったり、ドライアイなって目が痛くなる可能性があります。

また、これ以上下げて、仮に今は問題なくても、将来年をとって、下まぶたの緊張が緩んだときに弊害が起こる可能性もあります。

タレ目形成(グラマラスライン)は、下げすぎてしまった場合、修正手術が難しいことが多いので、将来のことも見越してやり過ぎないことが重要です。

ページトップへ戻る

目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)で外斜視気味の目を改善させた症例写真の術前術後画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
他院で目頭切開を受けています。
目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン形成)をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響により腫れています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ませんでした。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、目の印象を良くしたいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、過去に他院で目頭切開を受けていました。
元々、眼球がやや外側についていて、やや外斜視気味であったのに、目頭切開をしたことにより、更に外斜視を悪化させていました。
外斜視気味の目を改善させるためには、蒙古襞形成で目と目の距離(間隔)を広げること、目尻切開で目を外側に広げることが必要になります。
患者様は、蒙古襞形成をすると目の横幅が小さくなってしまうのでしたくないというご要望だったので、目尻切開をすることになりました。
また、タレ目形成(グラマラスライン形成)を同時に行い、黒目の外側の白目の面積を増やして、より外斜視を改善させることになりました。
術後は、目尻切開で目が外側に約1.5mm広がり、タレ目形成で黒目の外側の下まぶたが約2mm下がり、外斜視気味の目が少し改善しました。
また、つり目が解消して、優しい印象の大きな目にもなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

二重まぶた全切開法とタレ目形成(グラマラスライン)を同時に行い、キツい目を優しい感じの印象に変えた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行うことになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。
1週間後に抜糸します。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後(目を開けた状態)
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後(目を閉じた状態)
1週間後の目を閉じた状態です。
傷跡が食い込んでいますが、時間と共にもっと目立たなくなっていきます。
赤みも必ず引いていきます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後(目を開けた状態)
3週間後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ腫れは残っています。

3週間後(目を閉じた状態)
3週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
2ヶ月後(目を開けた状態)
2ヶ月後です。
かなり腫れは引きましたが、まだわずかな腫れは残っています。

2ヶ月後(目を閉じた状態)
2ヶ月後の目を閉じた状態です。
だいぶ赤みは引きました。

▼上 メイクなし /中 目を閉じた状態 / 下 メイクあり

6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
完成です。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
もう傷跡の赤みはありません。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のメイクありの状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、右目は奥二重で、左目はわずかに幅が見える末広型二重で、ご覧のように左右差がありました。
また、患者様は、「キツい印象の目を優しい印象にしたい」「少しでも目を大きくしたい」「アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重だってわかるように二重の幅を広げたい」「平行型の二重にしたい」というご要望もありました。
二重に関しては、蒙古襞を乗り越えて平行型二重になるように、幅広いラインで全切開して二重を作ることになりました。
幅広いラインで平行型二重を作る場合は、ミニ切開法(部分切開法、小切開法)よりも全切開法のほうがはっきりとした綺麗な二重のラインになるからです。
また、ややキツい印象の目を優しい印象にするために、タレ目形成手術(グラマラスライン、下眼瞼下制術)も同時に行うことになりました。
この患者様の目は、下まぶたのラインが外側にいくにつれ、強く上につり上がっているため、下まぶたのラインの外側を下に下げることにより、目を大きくして優しい印象になります。
二重まぶた全切開法は、眼窩内脂肪をわずかに切除しました。
ROOFはそれほど発達していなかったため、切除しませんでした。
皮膚の切除も行いませんでした。
タレ目形成は、下まぶたの外側のラインが約2mm下がるようにし、下がった分は皮膚が余るので、最大で約4mmの幅で、目の端から端まで皮膚を切除しました。
術後は、平行型二重を作ったことにより優しい印象になって、患者様の希望通り、アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重だとわかるようになりました。
また、タレ目形成手術により、目が大きくなって、つり目のキツい印象が解消し、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りで目の印象を変えた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りを同時にすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
2週間後(目を開けた状態)
2週間後です。
だいぶ腫れは引きました。

2週間後(目を閉じた状態)
2週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)
1ヶ月後です。
更に腫れは引きました。

1ヶ月後(目を閉じた状態)
1ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態

6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のアイメイクした状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、全体的に目を大きくして、印象を変えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、二重に関しては、目を開けた状態でそこそこ二重の幅が見える状態でした。
蒙古襞はほとんど発達しておらず、涙丘(目頭側の赤い粘膜の盛り上っている部分)がはっきりと見えており、目と目の間隔は広くありませんでした。
全体的に目が細く、ややつり目気味でした。
また、下まぶたに眼窩内脂肪が張り出しており、目の下のクマを強調させていました。
手術は、二重まぶた全切開法、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン)、目の下脂肪取りの4つをすることになりました。
目と目の間隔は広くなく、蒙古襞も発達していなかったので、目頭切開はする必要はありませんでした。
二重まぶた全切開法で、二重の幅を少し広げ、華やかな目元になるようにしました。
元々蒙古襞が張っていなかったため、必然的に平行型の二重になりました。
アイラインを引いたりつけまつ毛をしても、はっきりと二重だとわかるようになりました。
目尻切開はW字切開の内田法に準じたデザインで行い、最大限広げた結果、約2mm程度広がり、外側に広がった分は上下にも広がるようにしました。
タレ目形成(グラマラスライン)は、下三白眼にならないように黒目の真下の下まぶたは下げず、黒目の外側のみ約2mm下げるようにしました(安全な範囲、自然な範囲内で約2mmが最大限でした)。
タレ目形成の際、余分な下まぶたの皮膚は切除し、ついでに下まぶたの眼窩内脂肪を適量除去しました。
術後は、目が一回り大きくなって、つり目が解消し、全体的に華やかな目元になりました。
また、すっぴんでも化粧をしても悪くなく、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)で目を一回り大きくした男性の症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
目尻と下まぶたのまつ毛の生え際ぎりぎりのラインに縫合した糸がついています。
1週間後に抜糸をします。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代男性の患者様で、以前に私が二重まぶた全切開法と目頭切開させていただいてました。
その後、「もっと目を大きくしたい」というご要望で来院されました。
もっと目頭を切開して目を内側に大きくすることや、眼瞼下垂手術をしてまぶたの開きを良くすることもできなくはありませんが、それらの手術をすると、今よりキツい目になってしまいます。
また、「つり目を改善させたい」というご要望もあったので、目尻切開で目を外側に広げ、同時にタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を行い、下まぶたの外側を下に広げて更に目を大きくすることになりました。
目尻切開はW法に準じて目尻を小さくジグザグに切開し、目尻を約1.5mm広げ(この患者様の目尻は約1.5mm広げるのが最大限でした)、外側に広がった分は上下にも広がって更に目が大きくなるようにしました。
タレ目形成は、下まぶたの外側が約2mm下がるようにし、下がったことによって生じた余分な皮膚を切除して縫合しました(これ以上下げると、黒目の下の白目が見え下三泊眼になる、外反して粘膜が見えアカンベーの状態になる、ドライアイになるなどの合併症、副作用がでるため、自然な範囲内、安全な範囲内で最大限下げました)。
手術後は、自然な範囲内、安全な範囲内でほどよく目が大きくなり、また、ややつり目が解消したためはっきりとした印象の目になり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

目尻切開+たれ目形成術(グラマラスライン)で目を外側と下方に大きくした症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
目尻切開とたれ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響などで腫れがありますが、必ず引きます。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかな内出血が見られますが、これくらいの内出血ならあと1週間くらいでほとんど引きます。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
つり目が解消し、目が一回り大きくなったように見えます。
ビフォー・アフター


(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、つり目を改善して、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、自然で綺麗な末広型二重で、目の開きも非常によく、軽度のつり目をしていました。
目の横幅は特別狭いほうではなく、目と目の間隔も特別離れてはいませんでした。
目を大きくする手術は、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、たれ目形成(グラマラスライン)などがありますが、この患者様の場合、まぶたの開きは充分に良いため、眼瞼下垂手術は適応にならず、また、目頭切開よりも、目尻切開やたれ目形成のほうが適応になるため、目尻切開とたれ目形成をすることになりました。
目尻切開は目尻をW字型に切開し、外側に最大限拡げたところ、約1.5mmずつ拡がり、拡がった分は上下にも拡がるようにしました。
たれ目形成は、下まぶたの黒目より外側の部分が、自然な範囲内で最大限下がるようにし、約2mmずつ下げました。
術後はつり目が改善し、目が一回り大きくなったように見え、患者様には大変満足していただきました。
たれ目形成に目尻切開を加えると、たれ目効果に相乗作用がでるため、ニーズの多い組み合わせ手術になっています。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 目頭切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引きました。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、小さいつり目が悩みで、目を大きくして、つり目を解消したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや蒙古襞が発達しており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広めでした。
また、元々、下三白眼であり、黒目の真下の白目が少し見えている状態でした。
目頭切開で目を内側に広げ、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)で下まぶたの外側を下に下げることになりました。
目頭切開は、Z法に準じて蒙古の突っ張りを少し解除し、目が内側に約2mmずつ大きくなるようにしました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、これ以上三白眼が酷くならないように、黒目の真下は下がらないように、下まぶたの黒目の外側が約2mm下がるようにしました。
術後は目が一回り大きくなり、つり目も改善し、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)、目頭切開、目尻切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法+目頭切開+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行うことになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。

手術直後の目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後抜糸直後の目を閉じた状態
1週間後抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。

3週間後の目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡の赤みがあります。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

6ヶ月後の目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡はほとんど分かりません。
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、小さな目がコンプレックスで、目を一回り大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、まぶたの開きは悪くないのですが、眼球が小さいため、目の縦幅、横幅共に小さいという状態でした。
また、二重まぶたでしたが、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見えている程度の二重でした。
手術は、二重まぶたミニ切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を同時に行い、二重の幅を広げ、目を一回り大きくすることになりました。
二重の幅は、あまり広げすぎると、まつ毛の生え際に皮膚が被さり、まぶたの開きが悪くなり、かえって眠たそうな目になるため、二重まぶたミニ切開法は、末広型のまま、少し二重の幅を広げる程度のデザインで行いました。
目頭切開はZ法で行い、目がキツくなったり寄り目にならない程度に、約1.5mmずつ内側に広げました。
目尻切開はW法に準じて行い、最大限1.5mmずつ外側に広げ、同時に上下にも広げました。
タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)は、下三白眼にならないように、下まぶたの黒目の真下は下がらないように、黒目の外側を約2mmずつ下げるようにしました。
術後は目が自然な範囲内で二重の幅が広がって、目の横幅、縦幅が大きくなったため、目が一回り大きくなり、患者様には大変満足していただきました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 二重まぶた・全切開法 も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
二重まぶた全切開法+タレ目整形(グラマラスライン)をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
強く腫れています。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ少し腫れがあります。

1ヶ月後の目を閉じた状態

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

6ヶ月後の目を閉じた状態
ビフォー・アフター

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、切開法で永久に取れない二重を作ることと、つり目でキツい印象を治したいということでした。
過去に二重まぶた埋没法やアイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚がシワシワになって、二重のラインらしき線が何本もでき、不自然になっていました。
二重まぶた全切開法を行い、同時にタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を行いました。
二重まぶた全切開法は、アイプチでできたと思われる一番上のラインで切開し、切開ラインよりしたの皮膚を剥離し、内部処理を行うことにより、作る二重のラインの下のラインが消えるようにしました。
入っていた埋没法の糸は全て抜糸しました。
皮膚の切除や眼窩内脂肪、ROOFの脂肪取りはしていません。
タレ目形成は、下まぶたの外側を約2mm下がるようにしました。
完全なタレ目にはなっていませんが、目が大きくなって、つり目のキツい印象が和らいでいます。
タレ目形成でこれ以上下まぶたを下げると、外反してアカンベーの状態になったり、下三白眼になって不自然になることがあります。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂(がんけんかすい)も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

手術直後
手術直後です。
全体的に腫れています。

1週間後
1週間後です。
抜糸しました。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
一周り目が大きくなりました。
ビフォー・アフター


(2ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様です。
目が小さいのが悩みで、全体的に目を大きくしたいというご希望でした。
診察したところ、一重まぶたで、まぶたの開きが悪く、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔が広く、ややつり目で、目の横幅が狭いという状態でした。
目頭切開、目尻切開、タレ目形成、眼瞼下垂手術を同時に行い、目を一周り大きくすることになりました。
目頭切開はZ法で約2mmずつ内側に広げ、目頭の形が綺麗に尖るようにしました。
目尻切開は内田法に準じたデザインで行い、目尻を最大限外側に広げたところ、約1.5mmずつ広がり、尚且つ、目尻が上下にも広がるようにもしました。
タレ目形成は内部処理を行い、約2mm下まぶたの外側を下げ、皮膚の切除(一番幅のあるところで約3mm)も行いました。
眼瞼下垂手術は平行型二重になるようにデザインして行い、黒目が8割程度出るように、挙筋腱膜を瞼板に前転固定しました。
眼窩内脂肪は少量切除しましたが、ROOFは切除していません。
上まぶたの皮膚は切除していません。
術後は目が内側、外側、上方、下方に広がり、一周り大きくなりました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 目頭切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。

手術直後
手術直後です。

1週間後の抜糸直後
1週間後の抜糸直後です。

1ヶ月後
1ヶ月後です。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ビフォー・アフター


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
目頭切開とタレ目形成をすることになりました。
目頭切開はZ法で内側に約1.5mmずつ尖るように広げました。
タレ目形成は下まぶたの外側を約2mm下がるようにしました。
術後は完全なタレ目にはなっていませんが、つり目気味だったのが少し和らぎ、目が一回り大きくなりました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 目頭切開、目尻切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
目頭切開+目尻切開+タレ目形成を行い、目を一回り大きくすることになりました。

手術直後
手術直後です。
下まぶたが外反してアカンベーの状態になっていますが、これは腫れが引けば治ります。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

5ヶ月後
5ヶ月後です。
ほぼ腫れはひきました。
ビフォー・アフター


(5ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、全体的に目が小さいのが悩みで来院されました。
特に目の横幅が小さいことを気にされていたので、目頭切開と目尻切開をすることになり、また、つり目であることも気にされていたので、タレ目形成もすることになりました。
目頭切開はZ法で目頭の形が斜め下方向に尖るように約2mmずつ内側に広げました。
目尻切開は限界まで外側に広がるように行い、結果約1.5mm広がりました。
タレ目形成は、外反(アカンベーの状態)しない程度に下まぶたの外側を約2mm下げました。
目尻切開とタレ目形成を同時に行うと、下まぶたの外側は、外側にも下にも広がるため、タレ目効果が大きくなります。
術後は、小さかった目が、内側、外側、下側に広がり、一回り大きくなりました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 目尻切開も施行
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
ややつり目気味の目です。
たれ目形成と目尻切開をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
CPFをタッキングした後、皮膚を約2.5mmの幅で切除し、細かく丁寧に縫合しました。

1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
やや内出血がありますが、あと1週間程度で消えます。
翌日からアイメイクができます。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
ほぼ腫れは引いています。
目が一回り大きくなり、優しい目元になりました。
ビフォー・アフター


(3ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、つり目で目がややキツく見られるのが悩みでした。
また、目が小さいのも悩んでいらっしゃいました。
この方は、目と目の間隔がそれほど広くないため、目頭切開をすると、キツい目が強調されてしまうことがあるので、目尻切開で目を外側に広げ、同時にたれ目形成をすることになりました。
目尻切開はだいたい1.5mmくらい広げるのが限界なので、MAXまで広げ、たれ目形成は、外反(あかんべーの状態)しないように、約2mm下まぶたの外側を下げました。
たれ目形成と目尻切開を同時に行うと、たれ目形成を単独で行った場合に比べ、たれ目効果が大きくなります。
術後は目が一回り大きくなり、優しい印象の目になりました。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)
術後の経過
日下志厳医師からのコメント

施術前
つり目できつく見られるのが、ずっとコンプレックスだった方。やさしい印象になりたいというご希望で、垂れ目形成を選択されました。

施術直後
余分な皮膚をカットして目尻を少し下げ、やさしい垂れ目に。術後すぐなので少し腫れていますが、この腫れは1週間程でほとんど引いてしまいます。下まぶたに縫合した糸がついています。この糸は1週間後に抜糸します。

1ヶ月後
腫れが引いて、可愛らしい垂れ目が完成。もうメイクで目尻を下げて見せる必要もありません。この状態で垂れ目メイクをするとさらに癒し系のパンダ目になります。
ビフォー・アフター


(1ヶ月後)

日下志厳医師からのコメント
つり目できつく見られるのが、ずっとコンプレックスでした。少し目尻を下げて垂れ眼にすることで、目もと全体がやさしい印象になりました。
垂れ目の可愛らしさは普遍的なものですが、今は特に人気モデルやタレントに多いタイプ。垂れ目に見えるメイクも流行中です。
垂れ目形成は、若い女性を中心にとても人気の高い施術になっています。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術) 二重まぶた・ミニ切開法、目頭切開、エラボトックス注射も施行

高須幹弥医師からのコメント
目が細く見えてしまうつり目の女性。もともと二重でしたが、左右差がありました。バランスを見ながら平行型の二重、また目頭切開で目を内側に開き、少し目尻を下げ垂れ目にすることで、目を大きく見せることができました。さらにエラボトックス注射も行い、小顔効果でさらに目が強調されるようになりました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)
術後の経過
森本剛医師からのコメント

施術前
少し目がつり上がり気味の20代女性。やさしい目もとに憧れ、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)を希望されました。

施術直後
手術では下まぶたを切開し、余分な皮膚をカットし、縫合しました。手術跡は1週間程度で目立たなくなってきます。

1ヶ月後
1ヶ月後、傷跡も目立たなくなり、すっぴんでもかわいらしい印象のパンダ目が完成。憧れの癒し系の目もとが実現しました。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

施術前
パッチリ大きく、少し垂れたやさしい目もとを希望され、垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)の手術をされた20代女性です。

施術直後
手術直後は傷跡がわかりますが、これは腫れとともに、1週間程度で目立たなくなってきます。

1週間後
1週間後、抜糸を行いました。傷跡も腫れもおさまり、希望された大きい目と目尻の少し垂れたやさしい目もとが完成しました。
ビフォー・アフター

ビフォーアフター

(1週間後)

ページトップへ戻る